【シャドウバース・コラム】2017年10月末のナーフ後環境を予想してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は「2017年10月末のナーフ後環境を予想してみる」と題してお送りしていきます。

はじめに

本日2017年10月28日、もう少しでシャドウバースにおけるお馴染みの月末ナーフが行われる時期になりました。

この記事では2017年ナーフ後における環境予想をしていきたいと思います。

現時点ではまだナーフ情報は公開されていませんので、個人的見解のみで環境予想をしていきます。

それではどうぞ。

2017年10月末のナーフ後環境を予想してみる

ナーフ後は超越が増えるのでは?

今回のナーフは個人的見解として早くも「アグロロイヤル」が少なからず被害を受けると予想しています。

それも総じて恐らく超越が環境にこれまで以上に姿を現す確率が高くなるのではないでしょうか。

現環境で早いデッキがアグロロイヤルぐらいしかいません。どちらかというとミッドレンジ寄りのデッキが多い印象です。

最近の超越ではマーリンを採用せずマジックオウルを採用し、とにかくスペルブーストすることに全精力を注いでいるデッキを散見します。

私も最近、超越にマジックオウルを採用していますが、かなり使い勝手がいいです。2コストですのでミッドレンジの2コスト対策にもなります。

マジックオウルを採用したことで私は最短6ターン目で超越によるリーサルを決めることができました。お相手は確か原初ドラゴンだったかな…。

アグロには正直8割負けますが、それ以外なら高い対応力を見せる最近の超越、かなり注意です。


原初も少なからずナーフがくる?

私の単なる予想ですが、原初ドラゴンにおけるキーパーツが何らかのナーフを受けると思っています。

例えばキーカード中のキーカードである原初だったり、または前々からナーフ候補として名前が挙がっている竜巫女だったり…。

何がナーフされるかはわかりませんが、恐らく原初におけるキーパーツがナーフされる確率は高いと言えるでしょう。

そうなってくると、ここ2週間で登場してきた「ニュートラルエルフ」などがますます猛威を振るうのではと予想しています。

ただでさえ対処が難しい「ビューティ&ビースト」を打ち取ることが困難になります。

今の段階の原初でしたら、いかにビューティ&ビーストを出されようとも、結局疾走リーサル要員で強引に勝つことができます。しかし弱体化してしまうとリーサルまでの盤面づくりが難しくなり、疾走フォロワーを走らせてリーサルを取る前にビューティ&ビーストを出されてしまいます。そうなるとアンリエットでの2回攻撃でこちらがリーサルとなる確率が増しますので、嫌でも対処に回らなければならなくなります。


結局環境は周る

これを言ってしまっては元も子もないのですが、結局環境は周期的に変化します。

例えばアグロが流行っていたら次はミッドレンジが流行りますし、ミッドレンジが流行ったらコントロール、コントロールが流行ったら超越、超越ならアグロ…。

というように、環境は周ります。

誰しも「勝ちたい!」という想いがあるわけですし、そうなってくると環境を考察しないといけないのは必然。今流行っているデッキのパターンを見極め、有利を取れるデッキを使用することになります。

第3弾カードパック、「バハムート降臨」の時にも、ドロシーウィッチメタとして陽光ビショップが流行しました。またドロシーウィッチでドロシーを出される前にカタをつけてしまおうということでアグロヴァンプも流行しました。

そのような感じで結局環境は周りますので、その時その時の環境を見極めることが重要になります。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「2017年10月末のナーフ後環境を予想してみる」と題してお送りしてきました。

あと2~3日もすれば環境が変わります。

ナーフ情報はいち早くまとめていこうと考えていますので、よろしくお願いいたします。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る