アクセス数UP!ブログコンテンツを増やすためにするべき3つの施策!

スポンサードリンク

今回は「アクセス数UP!ブログコンテンツを増やすためにするべき3つの施策!」と題してお送りしていきます。

はじめに

ミラ
うーん…どうすればいいかな…
ナヤさん
あら!ミラちゃんどうしたの!
ミラ
あ!ナヤさん!この前ブログのアクセス数を増やすために沢山教えてもらいましたよね…?
ナヤさん
そうね!あれ以降ブログは順調?
ミラ
それが…ブログ記事の質は上げてるんですけど、やっぱり1日1記事が限界で…
ナヤさん
そうね…確かに、普通の人は平日に仕事なり学校なりがあるから、なかなか記事が書けないものね…

ブログやサイトを作るうえで重要になるのがコンテンツ作りです。コンテンツの無いブログやサイトは存在する価値が無いぐらいの代物だと私は思っています。

コンテンツ作りの上で重要となる事項は以前の記事で詳細をまとめてみました。ぜひご参考ください。

ブログのアクセス数をアップさせるために把握しておくべき最重要事項!
今回は「ブログのアクセス数をアップさせるために把握しておくべき最重要事項!」と題してお送りしていきます。はじめにうーん…あら!ミラちゃん!どうしたの?あ!ナヤ...

質と量を追いかけるには、かなりの労力を必要とする

コンテンツの質を高めようとすると、どうしても量産はできません。

特に、日頃会社員や学生をしている方にとってみれば、良質な記事を1記事書きあげるだけでも大変でしょう。当サイトが提唱している、「1記事3000字~5000字は欲しい」という項目を達成しようとする場合、文章を書くのが得意な人でも1時間30分~2時間はかかります。文章を書くのが苦手な人ならその倍以上はかかってしまうでしょう。

ゆえに、ブログやサイトでお金稼ぎをしようと考えている方がもしいらっしゃるなら、とんでもない骨折り損をしなければいけないということです。

逆に言えば、骨折り損をすれば「くたびれもうけ」で終わることは無いのがウェブの世界。きちんと良質な記事を作っていれば、その成果は認められ、現状の給料では考えられないほどの収入を得られることもあります。

私の知り合いでも、ネット副業だけで2か月分の給料を稼いでいる人がいらっしゃいます。

しかし、やっぱり良質な記事を生み出そうとするとどうしてもコンテンツを充実させるのに時間がかかってしまいます。1日1記事ペースで1か月30記事。3か月で90記事です。

色々なブログやウェブサイトで、「100記事は欲しい」というのを目にします。それぐらいないと、検索エンジンに評価してもらえないのです。

なので、今回はできるだけ労力を使わずに良質な記事を生む方法を3つ、紹介していきます。

アクセス数UP!ブログコンテンツを増やすためにするべき3つの施策!

その1:1つの物事に対し、様々な角度から記事を書いてみる


ナヤさん
1つ目は、「1つの物事に対し、色々な視点から記事を書いてみる」よ!
ミラ
視点を変える…なんだか難しそうです…
ナヤさん
そんなことないわ!実はとっても簡単な方法よ!

視点を変える、とはどういうことでしょうか。

わかりやすい例で「カフェイン」を用います。

これはサイト運営記で使用した例なのですが、また使わせていただきます。

【ブログ・サイト運営記】アクセス数は6862PV!サイト運営開始から4か月経過!
今回は「アクセス数は6862PV!サイト運営開始から4か月経過!」と題してお送りしていきます。独自ドメイン移行後、4か月が経過しましたさて、早いもので当ブログも開設...

カフェインの効能について知りたい人が検索するとき、検索結果として有望なのは「カフェインの効能」について書かれているサイト記事ですよね。カフェインの効能について調べる時、カフェインのバックグラウンド(カフェインが属するアルカロイドについて等)について知りたい人はいません。

しかし、これは逆も考えられます。

カフェインのバックグラウンドについて知りたい人が、カフェインの効能について興味を示さない…ということ。

カフェインのバックグラウンドについて知りたい人は、既にカフェインの効能について熟知している可能性があるからです。

ここで「色々な視点から記事を書いてみる」が発動します。

カフェインのバックグラウンドについて知りたい人に、「カフェインの現代における効能」を伝えたり、「カフェインがどのような素材に含まれているのか」を示すわけです。

何を言っているかわからない方のためにもっと簡単に説明しますと、

カフェインの効能を知りたい人にカフェインのバックグラウンドを伝える

という感じです。

とにかくカフェインについて知っていることを書くのです。しかし、いつも同じアプローチだとつまりません。なので、たまに違う視点から記事を書けばいいのです。例えば「カフェインが脳のどこに作用するのか」といった風に。

このように、1つの話題で実は無限(無限は言い過ぎかもしれませんが)に記事を書けます。

ブログコンテンツを増やしたい方はぜひやってみてほしいと思います。

ミラ
なるほど!1つだけの視点で1記事書けばいいってことですね!そうすれば2つ目の視点なら2つ目の記事が書けると!
ナヤさん
そういうこと!でも、さすがにやりすぎると「同じような内容が多いな」と思われてしまうから、要注意よ!



その2:ニュースに対する自分の意見記事を書く


ナヤさん
2つ目は「ニュースを取りあげて、そのニュースに関する自分の意見を述べる」よ!俗に「ニュースキュレーション」なんて呼び方をするわ!
ミラ
ニュースですか~…これも難しそうな感じがします…
ナヤさん
って思うわよね!でも実はこれ、「その1」で取り上げた方法よりも簡単なのよ!
ミラ
ええ~!そうなんですか!?

ニュースを取り上げ、自分の意見を言う…。

一見するととても難しそうですよね。でもこれ、実はとても簡単にブログコンテンツを充実させることができます。

なぜ簡単なのかというと、「自分の意見を書けばいいだけ」だからです。「その1」で紹介した方法は、ちゃんとした事実を伝えなければいけないため、誤った情報を流さないために情報収集が必要です。そして情報収集したアイテムを自分の言葉で伝わるように書かなければいけません。とても骨が折れる作業です。

その点、こちらは自分の興味のあるニュースをピックアップし、自分の意見を書けばいいだけ。カップヌードル風に言うなら「お湯を注ぐだけ」みたいな感じです。

例えば、「新型スマホ登場!」なんてニュースがあったとしたら、

新型スマホは個人的にはとても好感触だ。なぜならカメラ機能が以前よりも格段に性能アップし、さらに使用できるメモリも大幅強化された。これによりインターネットも快適にすることができる。個人的にはとても素晴らしい商品だと思う。

といったように、自分が思う事を書いていけばいいのです。世を震撼させるような大事件があったとしたら、それをとりあげ、自分の意見を書けばいい…。

ニュースキュレーション記事は、一見するととっつきにくそうに感じますが、実はとても簡単なんです。

ニュースキュレーションにユーザーが求めるものとは?

でも、いくらニュースキュレーション記事を書いたとしても、ユーザーが求めないんならアクセス数アップは見込めないのでは?…と考える方が多いと思います。

では、そんなニュースキュレーション記事にユーザーが求めるモノとは何でしょうか?

それは、「他人の意見」です。

人は、どうしても他人に意見を求めてしまいます。「自分の信じる道を進めばいい」とよく言われますが、やはり多くの人は自分で自分を信じるだけではなんだか不安を感じてしまいます。そこで、ネットに同じ意見を持つ人を求めるのです。

また、それとは逆に反対意見も求めています。「自分はこう思っているけれど、他の人はどう思っているんだろう…」という感じに。

とにかく、ニュースキュレーション記事を欲する人は多くいらっしゃるという事です。ニュースは事実を取り上げているだけで、誰かの考えが入っていることはありません(記事の書き方などで多少の印象操作などは可能ですが)。

意外と需要があるのがニュースキュレーション記事なのです。

ミラ
これは良いことを教えてもらいました!そっか、別に難しいことを書かなくても良いんですもんね!ただ単に自分が思う事を書けばいいんですから!
ナヤさん
そういうこと!



その3:どうしても時間が無い人は記事代行サービスがおすすめ


ナヤさん
3つ目は「記事代行サービス」よ!どうしても記事を書く時間が作れない人にはこれがおすすめかな!
ミラ
記事代行サービスなんてあるんですね!知らなかった…!
社会人やバイトに忙しい学生さんとなると、どうしても記事を書く事に時間を割けなくなってきます。

特に昨今の検索エンジンにおける精度上昇に伴い、価値のある情報をユーザーに提供することのできないブログやサイトは、検索結果で上位表示させないようになっています。

忙しいとどうしてもパパっと書ける記事を量産してしまいます。しかしそれでは残念ながら検索エンジンに評価してもらえず、ウェブからの収入につながることもありません。

ではそんな時どうすればいいのか…。1つの結論としてあるのが「記事代行サービス」です。

Shinobiライティング



多くの記事代行サービス会社が1文字1円ほどで発注でき、1記事からの注文ができます。

例えば、800文字の記事なら800円ですし、1000字なら1000円という具合にわかりやすい料金で発注できます。

記事を委託すれば、自分は何もしなくても記事を納品してくれるので、そのままブログコンテンツとして蓄積させることができます。

このようなメリットがありますので、もし記事を書くのがツラい方は記事代行サービスを使用してみるのも1つの手かもしれません。サービスによってはコラム記事やアンケート記事を書いてくれる業者もありますので、多彩な記事で読者を引き込むことも可能です。

ミラ
時間が無い社会人の方にはとてもおすすめなサービスなんですね…確かに記事書くのって1時間以上かかることありますし…
ナヤさん
そうね…その点、記事代行サービスなら、その道のプロの方が執筆してくださるから、SEO効果もばっちりな記事を期待できるわ!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「アクセス数UP!ブログコンテンツを増やすためにするべき3つの施策!」と題してお送りしてきました。

今回紹介したことを簡単にまとめてみると、こんな感じです。

  • 1つの物事に対し、複数の視点で記事を書く!1視点1記事!
  • ニュースキュレーション記事を書く
  • どうしても記事を書くのに時間を割けない方は記事代行サービスがおすすめ!

基本的に1,2をしていれば1か月もあれば100記事超えることが可能です。しかし、一日3~4記事書くのがツラい…という方も当然いらっしゃるわけで…。そういう方は最後に紹介した記事代行サービスを使用してみるのも1つの手ですね。

1つ言えるのは、まずは記事を書く楽しさを感じてほしいと思います。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、上達の近道は楽しめるかどうかに掛かっていると思います。

なので、文章で人に伝える楽しみ、記事を書いてブログコンテンツを増やしていく楽しみを感じてみてほしいです。

ミラ
今回もタメになりました!まずは記事を書くのを楽しんでみますね!
ナヤさん
何事も楽しまなきゃね!いつかきっと注目を集めるブログになっているわ!
ミラ
はい!ありがとうございました!よーし!がんばろっ!
ナヤさん
フフ…笑
ここまで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク