分かりやすいブログ記事を書くために重要な3つの文章法

スポンサードリンク

今回は「分かりやすいブログ記事を書くために重要な3つの文章法」と題してお送りしていきます。

はじめに

ミラ
うーん…
ナヤさん
あら!ミラちゃん!どうしたの?また何かお悩み?
ミラ
あ!ナヤさん!実はですね…この前ブログを運営するにあたって重要なことを教えてくれたじゃないですか?
ナヤさん
そうね!あれからどう?ブログは順調?
ミラ
それが…私文章書くの下手だなぁって感じてて…
ナヤさん
あれま…
ミラ
そのせいでブログの集客も出来てないんじゃないかって思い始めてて…
ナヤさん
なるほど!わかったわ!じゃあ今回は「わかりやすい文章を書くために重要なこと」を教えてあげる!
ミラ
え!ほんとですか!わーい!ありがとうございます!

ブログ、書いてますか?

ブログは文章媒体。文章を通じてユーザーに伝達する空間です。

つまり、人に伝わる文章を書かなければ、良いブログ、人に伝わるブログになることはできないのです。

今回は私が実際に心掛けている、「良い文章を書くために重要視しているポイント」を3つほど、紹介していきます。

ぜひ、明日からのブログ記事に応用していただければと思います。

分かりやすいブログ記事を書くために重要な3つの文章法

その1:句読点や語の響きに着目し、リズム感を大事にする


ナヤさん
1つ目は「文章のリズム感を大事にする」よ!
ミラ
文章のリズム感って確かに大事ですよね。句読点とか多すぎるとなんだかイライラしてしまいますし…

文章を書く上で重要なこと1つ目は、「リズム感を大事にする」です。

音楽だけではなく、言葉にもリズム感はあります。

例えば5・7・5の俳句などが良い例ではないでしょうか。

しずけさや いわにしみいる せみのこえ

(松尾芭蕉)

読んでいてスッと入ってきて、とても心地の良いリズム感があります。このように、言葉にもリズム感があります。このリズム感を大事に文章を書くことが、読みやすくてわかりやすいブログを書く上で重要になります。

では、どうすれば文章におけるリズム感を養うことができるのでしょうか。

明確な答えはないですが、私が実践しているのは「文章を頭の中で声に出して読む」という方法です。頭の中で声に出して読むという表現よりは、頭の中で実際に自分がその文章を喋っている想像をしていると言いますか…。

文章を文章だけで完結させず、頭の中で「しゃべる」ことにより、客観的に文章を判断することができます。そして「喋っていて不自然だなぁ」と感じる個所を直していくのです。そうすることで、よりナチュラルで違和感のない文章が出来上がります。

句読点の打ち方も大事

リズムを出す方法はもう1つあります。それは「句読点の打ち方」です。

以下のAとBの文章を見てほしいと思います。

【A】

今日私はカフェに行き500円のコーヒーを注文した。一緒に朝食も注文し軽いモーニングを満喫した。とても良い朝を過ごせた。

続いてB

【B】

今日、私はカフェに行き500円のコーヒーを注文した。一緒に朝食も注文し軽いモーニングを満喫した。とても良い朝を過ごせた。

さて、どちらの方がリズミカルな文章になっていたでしょうか。

個人的な感覚もあるでしょうが、Aの方が読んでいてスッと入ってくる文章ではありませんでしたか?

Bは読点(コレ⇒、)を打つ場所が早すぎて、その先の文章が繋がりすぎています。また、リズム感もちょっと悪い。

Aは文章の途中に読点を打っているため、文章と文章の境目がわかりやすくなっています。このような文章がリズミカルな文章と言えるでしょう。

もちろん、文章の長さによって、文章前半に読点を付けた方が良い場合もあります。その辺の見極めは一朝一夕ではどうにもならないので、たくさん文章を書いて身につけましょう。

ミラ
読点のつけ方、リズム感のつけ方…なるほどです!
ナヤさん
慣れないうちはリズム感の出し方が上手くいかないかもしれないけれど、文章はコツを掴めば誰でも上手に書けるようになるわ!がんばって!



その2:余分な言葉を省く


ナヤさん
2つ目は「余分な言葉を省く」よ!
ミラ
余分な言葉…!ってどういうことですか?
余分な言葉を省くことで、ブログの読みやすさは飛躍的に向上します。

余分な言葉とはどのような言葉のことを指すのでしょうか。

次の文章をご覧ください。

今日、私はとあるゲームを購入した。このゲームはその発売日以前から様々な各メディアに注目されているゲームだ。このゲームの発売日を楽しみにしていたが、ついに今日がそのゲームの発売日だ。やっとできる!1か月弱待ったかいがあったというものだ。

この文章において、私が「余分だなぁ」と感じる個所にマーカーをつけてみました。

今日、私はとあるゲームを購入した。このゲームはその発売日以前から様々な各メディアに注目されているゲームだ。このゲームの発売日を楽しみにしていたが、ついに今日がそのゲームの発売日だ。やっとできる!1か月弱待ったかいがあったというものだ

それぞれ「なぜ余分なのか」を簡単にまとめてみます↓。

  1. 「その」…直前の「このゲーム」で、発売日=このゲーム、というのが既にわかっているため、あえて「その」を加える必要はない
  2. 「様々な」…直後の「各メディア」が「様々なメディア」という意味を孕んでいるため、二重表現になっている
  3. 「この」…ゲームの発売日というのは前の文で周知
  4. 「その」…どのゲームの発売日かというのは既に知らされている
  5. 「というものだ」…直前の「待ったかいがあった」で終わらせた方がさっぱりしている。「というものだ」を加えることでどこか冗長的すぎる

では、これらを踏まえて、文章を改善してみましょう。以下のようになります。

今日、私はとあるゲームを購入した。このゲームは発売日以前から各メディアに注目されているゲームだ。ゲームの発売日を楽しみにしていたが、ついに今日がゲームの発売日だ。やっとできる!1か月弱待ったかいがあった。

どうでしょうか。とてもわかりやすく簡潔になったような気がしませんか?

美容院に行って髪を綺麗に整えてもらったような感覚と言いますか…。

このように、余分な単語、文章を省くことで、簡潔に人に伝えることができます。

「なんだか私の分って伝わりにくいなぁ…」と感じる方は、「いらないな」と思う個所を思い切って省いてみましょう。

ミラ
確かに余分な文がある文章ってよくわからない時ありますもんね…
ナヤさん
そういうこと!だから、思い切ってスッパリ切り捨てることも大事なのよ!

その3:一文を長くし過ぎない


ナヤさん
3つ目は「1文を長くし過ぎない」よ!
ミラ
ああ~…これ私やっちゃってるかもです…
一文を長くし過ぎると、読者に伝わりづらい文章が出来上がってしまいます。

以下の例文をご覧ください。

昔、私は沖縄に行って海で泳いだが、その時見知らぬおじさんに出くわしたと思ったらそのおじさんが実は父親のお兄さんだったので、そのおじさんの家に遊びに行くと、家には美人のお姉さんがいたので、名前を聞いてみると、恥ずかしがり屋なのか2階にある自分の部屋に行ってしまったのでちょっと悲しかった。

どうでしょうか。文章が繋がりすぎてて全く頭に入ってこないのではないでしょうか。

このように、一文が長くなってしまうと意味が伝わりづらいどころか不快にさえ思ってしまいます。

なので、文章は切りの良いところで区切ることが大切です。

例文を良いところで区切った文章が次です。

昔、私は沖縄に行き、海で泳いだ。その時、見知らぬおじさんに出くわした。だが、実はそのおじさんは父親のお兄さんだった。おじさんが家に誘うので行ってみると、そこには美人なお姉さんがいた。名前を聞いてみると、恥ずかしがり屋なのか2階にある自分の部屋に行ってしまった。ちょっと悲しかった。

内容としては「~だった」や「~た」が多く、つまらない印象を与えてしまっていますが、文章として見るととてもわかりやすくなったのではないかなと思います。

やはり、読点だけでは冗長的になりすぎます。切りの良い箇所で句点をつけ、意味をわかりやすくすることが大切です。

一文を短くし、伝えるべきところを強調してみましょう。


文章を書くのが苦手なら、ツールを使用してみるのもアリ


ナヤさん
文章における重要事項は説明し終わったけれど、それでも文章を書くことに苦手意識があるなら、思い切ってツールを使用してみるのもアリよ!
ミラ
今は文章校閲とかのツールもたくさんありますもんね!
上手な文章を書くことは、一朝一夕では身に尽きません。長い期間をかけ、努力していくことが重要になります。

しかし、今すぐにでも文章力をなんとかしたい!と思ってしまうのも人の常。そんな時は文章を書く事、文章を推敲・校閲することなどに特化したツールを使用してみることで、自分の文章の弱点を見抜き、早い成長を見込めます。

良い文章を書く補助だけでなく、自分の弱点を知る、という意味でも、ツールを使用してみるのもアリなのではないでしょうか。

文章推敲・校閲ツールなら「文賢」

自分の文章の弱点を知るためのツールなら、「文賢」がおすすめです。



文章の完成度を高めるライティングツール【文賢】

文賢を使用することで、とにかく推敲や校閲にかかる時間を大幅に短縮できます。

校閲とか推敲って、実はかなり重要…な上に時間もかかります

ブログ記事を書いている方なら特になのですが、やはり文章って「人に見てもらうもの」なので、きちんとした表現、文の使い方をしなければいけません。文章1つで広告売り上げも変わってきます。

分かりにくい文章だと誰も商品を買ってくれません。

しかし、逆を言えば「わかりやすい文章」なら人はおのずと商品を購入してくれます。

わかりやすい文章にするためには、客観的な視点が必要です。その客観的な視点を補い、しかも修正するべきところを教えてくれるのが「文賢」です。

文賢を使用して、売り上げアップを目指してみるのもアリかもしれませんね。

 自動文章生成ツールPSW

そもそも文章を書くのがめんどうくさい!という方は、自動で文章を生成してくれるツールもあります。

それが「PSW」です。

PSWは、1ページ約1300文字の文章を一瞬で10000ページも自動生成してくれるツールです。

10000ページって、手動で作成しようと思うとかなりの時間を要しますよね。ひょっとすると10年はかかるかもしれません。

それを一瞬で作成してしまうのがPSWというツールです。面倒な記事作成業務を一瞬で終わらせたい!という方には持って来いのツールですね。

ミラ
世の中にはいろいろなツールがあるんですね…
ナヤさん
そうね!もちろん使わなくても、時間さえかければ良い文章は書けるわ!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「分かりやすいブログ記事を書くために重要な3つの文章法」と題してお送りしてきました。

今回紹介したことを簡単にまとめてみるとこんな感じです。

  1. リズム感を大事にすることで、読みやすい文章になる
  2. 余分な言葉を省くことで、伝わりやすい文章になる。
  3. 文章を区切ることで、わかりにくさを防げる

これらを日頃から注意しながら書くことで、読者に伝わる文章を書くことができます。

今回紹介したことをぜひ明日から実践してみてほしいと思います!

ミラ
なんか文章に対して力が湧いてきた感じがします!よーし!がんばるぞ!
ナヤさん
とにかく数をこなしてみることが大事よ!もちろん今回教えたことも実践しながらね!
ミラ
はい!がんばります!

ここまで読んでいただきありがとうございました!


スポンサードリンク