【ブログ・サイト運営記】アクセス数は6862PV!サイト運営開始から4か月経過!

スポンサードリンク

今回は「アクセス数は6862PV!サイト運営開始から4か月経過!」と題してお送りしていきます。

独自ドメイン移行後、4か月が経過しました

さて、早いもので当ブログも開設から4か月が経過しました。

前回の記事はこちら⇒アクセス数は5076PV!サイト運営開始から3か月経過!

え~毎度毎度申し上げて「もういいわ!!」って方もいらっしゃるかもしれませんが…言わせていただきますね。当サイトは誕生日が2つあります。16日と30日です。

16日は「はてなブログ」でブログを開設した日。30日ははてなブログから独自ドメインに移行した日。そういう位置づけでやっております。ちょっとわかりにくくてすみません。

それで、今回の記事は16日の「はてなブログでブログを開設してから4か月」ということでやっていきます。つまり独自ドメイン移行日的には3か月半ほど経過しているという事です。

それではいきましょう!

独自ドメインで4か月経過のアクセス数と出来事

この1か月で執筆した記事数はどれぐらい?

前回のサイト運営記(3か月)では、292記事との記載がありました。

当記事合わせると今のところ374記事となっていますので、逆算して1か月で82記事書いているという計算になります。

1日2~3記事ペースと言う事になるでしょうか。


4か月目のアクセス数は6862PV!思ったよりも伸び悩む

さて、今月のアクセス数は6862PVということで、前月より約1800PVほど上昇したものの、2か月目から3か月目のような伸びあがりは得られませんでした。

4か月目終盤ぐらいで急に検索エンジンからの流入が減ったのが伸び悩みのきっかけでしょうか。

ある日を境に急激な変化を見せつけられたので、その影響は強いように感じます。

個人的な感覚ですが、恐らくGoogleの検索エンジンアップデート(俗にパンダアップデートなんて言ったりするそうです)による影響が強いように思いました。

また、それに伴いシャドウバース(ゲームアプリ)の未来予想記事における公式からのルーク情報でライバルサイトが増えたんですね。

当サイトは雑多なジャンルで記事を書いているので、専門的なサイトにはやはりワード的なドメインパワーで負けてしまいます(「ゲーム」というワード一つとっても、やはり大手のサイトには検索表示で負けてしまう)。

このように、様々な要因が重なったことで、4か月目は伸び悩みの時期に差し掛かりました。

今月の最後で見直した点

上記のことを踏まえ、何もしない訳にもいきません。やはりサイトやブログを運営していくのなら、多くの人に見てもらいたいというのが本音。ということは、当サイトにも何らかの弱点があるんじゃないかと考えたわけです。

考えた結果、やはり1記事あたりの情報量が少ないように感じました。特に「恋愛系記事」。当サイト一番の記事量を誇っているカテゴリーですが、この恋愛系記事の内容の薄さが気になりました。

色々なサイトやブログなどで「1記事に最低800~1000字は欲しい」なんて言葉を目にしますが、この4か月で分かったことは、1000字だと少ないということです。

というのも、これには確証と言いますか、「なるほどな」と思うに至った経緯があるんです。

それがこの『「超」文章法』という本。

こちらの本のとある項にて、次のような教えが書いてありました。

それが、

コラムは1500字、論文は15000字、本は15万字が目安となる。

といった内容の文。

ぜひ本を買って読んでみてほしいのですが、この法則を見た時は「なるほど」と感心しました。

と同時に、最低でも1500字はないとコラムとして読み応えがないのではないか?と自問自答することもできました。

1500字って、普通の人なら5分もかからずに読めてしまいます。その気楽さゆえに「コラム」として成立します。

しかし、例えば「他人に対し有意義な情報を提供する」という命題を達成したい場合、コラムでは絶対に達成できないという事です。つまり1500字ではコラムで終わってしまう

だからと言って論文ほどの文字量(15000字相当)を書くのは骨が折れる作業。それを毎日毎日続けるのは精神衛生上よくありません。また、論文は専門性の高い学術的な研究結果をまとめるのに用います。研究結果を紹介するには研究課程なども記載する場合があるため、15000字という文章量になるのです。

しかし、ウェブにおける情報価値においてそこまでの専門性は必要ありません(…と勝手に思っています笑)。

検索エンジンで情報を得ようとする人の多くは、「明快簡潔で、かつかゆいところに手が届くような情報」を欲しているのではないでしょうか。これは自分で考えた末にたどり着いた結論です。

かゆいところに手が届いて簡潔な情報ってどういうこと?

例えば、「カフェインの作用」について知りたいと思った検索流入者がいたとしましょう。

「カフェインの作用」について知りたい検索流入者は、「カフェインのバックグラウンド」に興味は無いということです。

「カフェインはアルカロイドの一種で~プリン環をもったキサンチン誘導体で~~」

という情報は必要ありません。彼らが欲しているのは「カフェインが及ぼす効果」だけなのです。

先述の論文なら、カフェインについてのバックグラウンドは必要でしょう。どのような構成をしていて、どのようなカテゴリーとして分類されるのかといった専門性が問われます。

しかし、一般市民にそんなこと興味ありません。興味があるのは「カフェインは眠気を抑える」だとか「覚醒作用がある」とかってことなんです。

それゆえに文字量は論文ほど多くなくていいのです。またコラムほど短くても的確な情報を伝えることができません。

個人的には3000~5000字は欲しいというのが結論です。

これだけあれば、それなりにかゆいところに手が届き、かつ単純明快簡潔な情報を伝えることができると思います。

4か月目で行った大きな施策

4か月目は当サイトにおいて大きな転換期を迎えることになりました。

まず、当サイトにおけるキャラクターを設定し、そのキャラクターが会話形式で記事を進行していくというスタイルにしました。

また、今まで1日3記事書いていたのをここ1週間~2週間ほどは1~2記事にするようにしました。

実は、1日3記事書いていたころは1記事あたりおおよそ1300~1500字だったんです。

それを1~2記事に注力することで、大幅な文字量アップ、そして検索エンジンにおいて上位表示させる狙いがあります。

この2つを新たに始めたのがこの4か月目における最大の変化ではないでしょうか。


ウェブの世界は奥が深い

ウェブの世界を深く知る前は、「なんとなく記事書いていれば上位表示されるでしょ」なんて考えていましたが、4か月たってその深さを知ることができました。

深さがあればそれだけビジネスチャンスも多くあるという事。

深いという事は人を苦しめますが、それだけ多くのチャンスが眠っているということなのではと実感しました。

 

独自ドメインは全ブロガーにおすすめ

さて、毎度のことながらですが…。

独自ドメインで当サイトも運営しています。月額1000円のサーバー代を支払っていますね。

当サイトがサーバーに選んでいるのはエックスサーバーという会社です。

エックスサーバーHP⇒http://www.xserver.ne.jp/

ちなみに独自ドメイン取得はこちらから⇒お名前.com

独自ドメイン移行から3か月半が経過していますが、結果として言いたいのはとても快適です。無料ブログのように「いつ消されるかわからない」という不安に怯えずにのびのびと記事を作成できています。

今、もし無料ブログでサイト運営をしている方がいましたら、私は急いで独自ドメインにしたほうが良いと思います。

独自ドメインがドメインパワーを得るのに最低2~3か月はかかると言われています。ゆえに早く移行した者が勝利をつかみ取る…そんな世界です。

また前述の通り、いつID凍結や削除されるか、といった不安が付きまといます。何百時間もかけて執筆してきた記事が、一瞬で水の泡になってしまう可能性があるのです。

その点、独自ドメインはそんな心配はありません。自分の資産として、月額を払えば運用できるのですから。

また、当サイトが使用しているエックスサーバーは、業界内でもかなり評判の高いサーバー会社です。本当におすすめ。サイトが不安定になることも無いですし、なにより月額1000円で容量200GB のSSDサーバーを使用できるんですよ!こんなにお得なことってあります!?

なので私は口を酸っぱく、エックスサーバーをおすすめします!

エックスサーバーHP⇒http://www.xserver.ne.jp/

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「アクセス数は6862PV!サイト運営開始から4か月経過!」と題してお送りしてきました。

4か月目はなかなか酷な感じで終わってしまいましたね笑。5か月目はよりよい結果が得られるように邁進していきたい所存です。

ウェブの世界、ブログの世界、サイトの世界…。様々ありますが結局は「インターネット」という仮想空間におけるものです。

今回の記事がこれからウェブ事業を始める多くの方のためになることを祈って…。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

【前記事】

6393PV!独自ドメインで3か月経過のアクセス数と出来事

【次記事】

⇒COMING SOON

関連記事



スポンサードリンク