【名言】太宰治の名言

スポンサードリンク

概要

太宰治(1909年~1948年)

太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 – 1948年(昭和23年)6月13日)は、日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。(wikipediaより引用:太宰治


太宰治の名言


【チャンス】

「人生はチャンスだ。結婚もチャンスだ。恋愛もチャンスだと、したり顔して教える苦労人が多いけれども、私はそうではないと思う。私は別段、例の唯物論的弁証法に媚びるわけではないが、少なくとも恋愛は、チャンスではないと思う。私はそれを意思だと思う。」

太宰治


【本当の愛】

「人は、本当に愛していれば、かえって愛の言葉ほど、白々しくて言いたくなくなるものでございます。」

太宰治


【恋愛とは】

「恋愛とはなにか。私は言う。それは非常に恥ずかしいものである。」

太宰治


 

スポンサードリンク