【洋楽】世界最高のギターの神様!Jimi Hendrixを語る

スポンサードリンク

今回は「世界最高のギターの神様!Jimi Hendrixを語る」と題してお送りしていきます。

はじめに

まずはいつもの如く彼の情報から…。

Jimi Hendrix

ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix、1942年11月27日 – 1970年9月18日)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、シンガーソングライター。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の名で親しまれ、日本では「ジミヘン」の略称で呼ばれる事が定着している。ギタリストとして多くのミュージシャンに多大な影響を与えたロックミュージックのパイオニアの一人。右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルで知られる。ギターを歯や背中で弾いたり、火を放ったり、破壊したりするパフォーマンスでも有名。
「ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第1位、2011年の改訂版でも第1位に選ばれている。2008年5月にブラジルのメタル専門誌『ROADIE CREW』が行った「HR/HM系ミュージシャンが選ぶギタリスト・ランキング」、『ギター・マガジン』2010年12月号の「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」で1位となっている。
また、「ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100組のスター」においては第6位に選ばれている。(wikipediaより引用:ジミ・ヘンドリックス)

ジミヘンはソロというよりは「ジミヘンドリックス・イクスペリエンス」というバンドのフロントマンとして注目を集めていました。


世界最高のギターの神様!Jimi Hendrixを語る

彼の音楽との出会い

私が彼の音楽と出会ったのは高校生の頃。当時「洋楽最高!」と閉鎖的な音楽的価値観に居た私は、「ギターの神様と言われているジミヘンも聴こう」という軽い気持ちで中古の「 Are You Experienced ?(1stアルバム)」を購入しました。

そうなると1曲目にあるのが「Purple haze」ですので、最初に聴いたジミヘンの曲と言う事になりますね。上の動画がソレです。

印象的なイントロのあとにジミヘンコードが使われており、まさにジミヘンを代表する曲です。

Purple hazeはかっこよかったのですが、それ以外の曲が当時の私にはよくわからなかった…。

例えば、ジミヘンの有名な曲として「Fire」と「Foxy Lady」も同アルバムに収録されていますが、当時の私にはPurple hazeほどの衝撃を受けませんでした。

自分なりにそれを解析してみたところ、昨今の音楽は耳触りの良いメロディアスな音楽が多いというのがまず第1に挙げられるかなと思いました。

しかし、ジミヘンはどちらかというと感情任せ、直感任せな音楽をしています。またギターなりドラムなりベースなり、「バンドの基本」を構成する何らかの楽器に触れていない限り、ジミヘンの音楽を理解するのはなかなか難しいのでは…と推察しました。

もちろんジミヘンにもメロディアスな曲はあります。私が大好きな曲「Bold as love」、そして「Little wing」なんかがそれにあたるかな(両曲とも2ndアルバムですが笑)。

ただ、やはりどこか泥臭さがあるので、現代で大衆ウケを狙うのは難しい…かも。

しかし、ひとたびギターをかじればジミヘンの曲の良さに気付くんですよね。

ジミヘンって何がすごいの?自分なりに解説してみる

「ジミヘンってギターの神様って言われてるけど、実際何がすごいの?」

と思ってる方、いらっしゃるかもしれませんので自分なりに解説していきます。

技術だけではないジミヘンの凄さ

まず実際、ジミヘンはギターの神様と言われていますが、技術的な側面で言えばジミヘンより上手いギタリストは山ほどいます。

分かりやすい例で言えばインギーやガスリー・ゴーヴァン、スティーヴ・ヴァイなんて異次元ですよね。うますぎて訳が分からない…といった感じです。

彼らギターヒーローと比べてしまうと、ジミヘンのギター技術は「まぁうまいよね」、ぐらいなんです。

しかし、ジミヘンのギター技術は「速弾き」などに固執していません。もっと根深く、そしてもっと音楽としての本質に忠実なギターを弾きます。

例えば先ほども挙げた「Bold as love」。曲だけ聴けば難しいことしてなさそうなんですけど、実はめちゃくちゃ難しいことしてます。しかもそれがギターの指板上を縦横無尽に走り回るものですから…。

ジョン・メイヤー版のBold as loveを見ていただけるとその難しさがわかります。アレンジが入ってるので原曲とはちょっと違うけどネ。

しかもしかもですよ…こんな難しいのに「歌」まで入れてくるんですから…。さすが天才。

実際、これ弾こうと思えばかなりの練習を積めば弾けるし歌えます。しかし、本当の凄さはそこにはありません。これを「作った」というところがすごい。ギターを隅々まで知っていないとこんな所業は成せません。

どんなことでも言えますが、「0から1を作る人」と「1から10にする人」ならば、明らかに前者がすごいのです。道しるべを作っているわけですからね。



コードに名前がついてる!

また、ジミヘンの凄さはコード名に(俗称ですが)「ジミヘンコード」という名前がついているのがすごい。それだけインパクトのある曲を作っているという事、そしてそれを多用するだけのオリジナリティがあったということ。さすがです(ジミヘンコードの正式名称はdominant 7 # 9)。

ストラトキャスターを生産中止から救った!

ストラトキャスターとはギターの名前です。

こんな形のやつ。

ジミヘンと言えばストラトキャスターのイメージが強いですよね。ジミヘン没後、著名なミュージシャン(エリッククラプトン等)がストラトキャスターを使用したことで、ストラトキャスターはギブソンのレスポールと並び、ギターのスタンダードとしての地位を確立させました。ジミヘン人気の凄さを物語ってます。

また、ジミヘンは右利き用ギターを逆にし、左利き用として使用していました。これもまた、ジミヘンが天才たる所以ですね。普通ならば左利き用のギターを購入するところですが、ジミヘンが存命していた当時は左利き用ギターが主流ではなかった。むしろ右利きしかなかったような時代だったんですね。ならば逆にして使えばいいじゃんという素晴らしい発想。文字通り逆転の発想ですね。

ジミヘンの真骨頂…直感的なギターソロ

wikipediaには次のようにあります・

ヘンドリックスは非凡なインプロヴィゼーション能力によって、「Red House」や「Machine Gun」など、アドリブが曲の大部分を占める曲で、ライブごとに全く違ったアドリブを展開していった。これは、「指癖的な小さなフレーズ(リック)を沢山覚えておき、それらを組み合わせてアドリブを構築する」のではなく、「その瞬間に頭の中で鳴った(聞こえた)フレーズをギターで弾く」というアドリブのとり方を行っていたから、という説がある。(wikipediaより引用:ジミ・ヘンドリックス)

私が思うに、ジミヘンの真骨頂はここにあるような気がしています。ライヴごとに全く違ったソロアプローチをとることで、観客に新鮮な音楽を提供し続けることができる。しかもそれがアドリブで、しかも事前に考えたのではなく、頭の中でなった音をそのままギターで弾くという…凄すぎます。

ギタリストには「手癖」というものがあるんです。ある一定のフレーズを手で覚えていて、それに似たようなフレーズをどこでも使えるようなことを言います。格闘ゲームでいう必殺技コマンド的な感じですかね?

しかし、ジミヘンは手癖よりも(もちろん手癖によるアプローチもあったでしょうが)直感を大事にしていた、むしろ直感こそが音楽なのではないか?とリスナーに問いかけるようなアプローチをしていたんです。

ギターを燃やした

ギター、燃やしました。ジミヘン。

CDのジャケットにもなってます。

wikipediaには次のようにあります。

モンタレーの記録映像で有名なギター燃やしだが、それが初めてではなく、イギリスで既に何度も行っていた。ヘンドリックスが初めてギターに火を放ったのは、ウォーカーブラザーズのツアーに前座として同行した際(1967年3月)。ギター燃やしを発案したのはヘンドリックス本人ではなく、知人の記者だったと言われている。(wikipediaより引用:ジミ・ヘンドリックス)

一節では感情の表現的なことをいっていますが、それをギタリストの相棒であるギターで行うところがまたとてつもないカリスマ性を感じます…。かっちょいい。

よく、「楽器を大切にしろ!」「燃やすなんて言語道断だ!」という声を耳にします。

ロック畑ではなく、クラシック畑やジャズ畑で育った方がそういう発言をする傾向にあるのかなと思っているのですが、やはりロックとクラシックではアプローチも異なりますからね。そういう表現の仕方もあるよね、という寛大な心で見てほしいと思います。美しいモノだけが芸術ではないのと同じです。

後世に与えた影響

後世のミュージシャンやギタリストに与えた影響は大きいです。

当サイトの記事にもしているエリックジョンソンゆらゆら帝国の坂本さんもジミヘンからの影響を大きく受けているという旨の発言をしているようです。ジミヘン的なアプローチ方法は、今やってもかなりかっこよく、それでいて力強くオシャレな雰囲気を出せるので、そういう意味でも影響力は大きいでしょう。

また27歳で没してしまったということで、27クラブというロックスターたちが連ねる魔の組織にも加入していることも影響しているような気がしています。

おすすめCD

私のお勧めするCDをいくつか紹介して終わりにしましょう。

まぁ~まずは1stを聴きましょう。

 

そして2ndを聴いてください。ぜひ。

 

そして3rd…と言いたいところですが、個人的にはライヴアルバム「ライヴ・アット・フィルモア・イースト」をおすすめしたいです。

 

全体的にまとまりが良く、それでいて1曲目の「Stone Free」からめっちゃかっこいいです。しかも「え、そんな展開するの!?」という驚きもあります。

もし、音楽的な幅を広げたいなと思っているミュージシャンのタマゴの方がこの記事を見てくださっているのでしたら、ぜひこのライヴアルバムは聴いてほしいと思います。そんなやり方もあるのか…と度肝を抜くでしょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「世界最高のギターの神様!Jimi Hendrixを語る」と題してお送りしてきました。

この記事で少しでもジミヘンに興味を持ってくださる方が増えたらいいなと思います。

一聴しただけでは結構聴きにくいかもしれません。しかし、何度も聴くことで「ああ、こういうことか!」という驚きと発見があなたを待っていることでしょう。

ぜひ、聴いてみてください。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事



スポンサードリンク