【恋愛・男性向け】女性に飽きられる良い人どまりの男性の特徴3選!

スポンサードリンク

今回は「女性に飽きられる良い人どまりの男性の特徴3選!」と題してお送りしていきます。

はじめに

良い人どまりの男性には特徴がある

「彼女はできるけどなんかすぐ飽きられる…」

「そもそも良い感じの関係まではいくんだけどどうにも恋人関係まで発展しない…」

といった男性が少なからずいらっしゃいます。

今この記事をみているあなたも、恐らく「俺女性に結構尽くしてるのに恋人関係になれない…」といった疑問を抱えているのではないかと思います。でなければこの記事を見なくてもいいですもんね。

やはり、女性は「良い人」で終わってしまう男性に気持ちを動かすことはほとんどありません。

関連記事

ダメ男がモテる理由とは?

浮気がバレたくない場合の対処法3選

女性はどこか、恋愛に関して「ハラハラ感」を欲しています。刺激がほしいのです。

良い人で終わってしまう男性は女性に「刺激」を与えていることがほぼありません。女性に関しての認識が誤っているため、女性の気持ちを汲み取っているつもりが汲み取っておらず、結局「良い人止まり」で終わってしまうのです。

今回はそんな良い人どまりで終わってしまう男性の特徴を3つ厳選して紹介しますので、もし自分に当てはまってるなと感じる方がいましたら、女性との付き合い方を見直してみるといいかもしれません。


女性に飽きられる良い人どまりの男性の特徴3選

その1:怒らない

怒らなすぎる男性は「良い人どまり」で終わってしまう傾向にあります。

女性としてはやはり怒られるよりも怒られない方が良いですし、なにより怒られすぎるのも何かと良い気持ちはしません。

しかし、あまりにも怒らなすぎると、「この人本当に大丈夫なのかな?」と女性は不安になり、「良い人」で終わってしまいます。

女性がしてしまったいけないことは「だめだよ」とちゃんと注意してあげることが、女性との関係を均一に保てる道筋になります。

「良い人」で終わってしまう男性は、女性がやらかしてしまっても「大丈夫」で済ませてしまいます。もちろん些細なことで「大丈夫」という分にはいいですが、大きな過ちをしてしまった時などは、きちんとした対応を取ることをお勧めします。

その2:優しすぎる

優しすぎる男性は「良い人」で終わってしまう確率がかなり高いです。

こちらの参考記事(>ダメ男がモテる理由とは?)にもあります通り、基本的に女性に優しくなくても恋人関係にはなれます。

よく、「理想の男性アンケート」のようなもので「優しい男性」という回答があるので「優しければモテるのか」という認識に陥ってしまいますが、それも度を越えると恋愛対象から外されてしまいます。

その1の「怒らない」にも通ずるところがありますが、適度に厳しく接することにより、「この人は肝心な場面ではとても頼りになる」と女性に思われます。

度を超す優しさは逆効果になりますので、ぜひ適度に厳しく接することをお勧めします。


その3:優柔不断

優柔不断な男性は基本的に「良い人どまり」で終わってしまいます。

優柔不断な男性にありがちな傾向として、デートに行った際、女性に「何食べたい?」と聞き、女性が「なんでもいいよ」と言った返しで「え~俺もなんでもいいよ!○○ちゃんが好きなところ行こう!」と、とにかく女性に判断をゆだねる傾向にあります。

やはり女性側の心理として、男性にはズバズバと迷わずになんでも決めてほしい、引っ張っていってほしいという気持ちがあります。

優柔不断な男性を見てるだけで女性はイライラしますし、女性の気持ちを尊重しているかのように見えて、実は優柔不断なだけというパターンもあり、かなり「良い人」で終わってしまう傾向が強いです。

ですので、優柔不断をやめ、とにかく決断をするときはあれこれ悩まずにズバッと決めましょう。

良い人どまりで終わらないために

良い人で終わってしまわないために、やはり女性に対しての正しい認識を持つ必要があります。

悩みラボでも、恋愛に関しての記事を多数公開していますので、ぜひ参照ください。

また、恋愛商材では、専門分野の方がかなり濃密な恋愛術を授けてくれますので、彼女をゲットしたい方は参照してみてください。

キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

良い人どまりで終わってしまう男性には、総合的にみると「優しい」というところが目に付くと思います。

優しいだけでは女性の心をつかむことはできません。何か一癖なければ、「この人といると刺激的だわ」と思わせることはできないのです。

ぜひ、今回紹介したことを念頭に、素晴らしい恋愛をしていただければなと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!


スポンサードリンク