【恋愛・男性向け】モテる男はLINEも違う?好感度爆上げマル秘テクニック2つ!

スポンサードリンク

今回は「モテる男はLINEも違う?好感度爆上げマル秘テクニック2つ!」ということでお送りしていきます。

はじめに

モテる男は実際に女性とあって話だけではなく、れんあいにおける重要ツールにまで気を遣っています。

昨今で言えばLINEは、男女間においてかなり便利な連絡ツールになりました。

ゆえに、このLINEをいかにうまく使うかで、恋愛における勝率もグッと高くなるもの。

今回は「モテる男が実践しているマル秘テクニック」を厳選して2つ、紹介していきます。

ぜひ、今からでも明日からでも、気になる女性に使ってみてほしいと思います。

それでは参りましょう。


モテる男はLINEも違う?好感度爆上げマル秘テクニック2つ!

その1:スタンプのみはNG

スタンプのみを送って相手からの返信を待っている男性がいますが、もしラリーを続けたいのならNGです。

LINEのスタンプは基本的に文章を送った後にアクセントとして送ったり、話題終了の際にちょっと入れたり…。

わかりやすく言えば、お寿司でいうところの「ガリ」的な立ち位置にあるわけです。

お寿司の合間にガリを食べるならともかく、ガリだけ食べる人ってほぼいませんよね。

LINEも似たような感じで、もし相手とのラリーを続けたいのであれば、スタンプのみ返信ではなく文章を添えてスタンプを送るようにしましょう。

スタンプのみで返されると、人によっては「私に興味ないんだろうな~」なんて考えに至ってしまう人もいるようです。

もし、今までスタンプだけ送っていた方は注意が必要です。

その2:ラリー終了は相手から

LINEでやり取りをしていて、「じゃあ寝ようか」なんて具合にラリー終了をする際、こちらからの返信でトークを終了させていませんか?

例えばこんな感じで…。

男「ごめんね!俺明日早いからそろそろ寝る!」

女「あ、そうなん!じゃあ寝ようか~!おやすみzzz」

男「おやすみ!」

これ、一見すると円満に終わってそうですがそうではありません。こちらの返信で終了しているのです。こういう終わり方をしていると、次回こちらからメッセージを送信する際、あたかも「こちらから」やり取りを始めている感覚に陥ります。

これは女性側も思うことなのです。

「毎回トーク始めるのは向こうからだな~」

なんて、ちょっと余裕ぶったりするかもしれません。

ゆえに、LINEを終了させる際、必ず向こうの返信で終わらせるようにしましょう。先ほどの例で言えばこんな感じ。

男「ごめんね!俺明日早いからそろそろ寝る!おやすみ~!」

女「あ、そうなん!じゃあ寝ようか~!おやすみzzz」

たったこれだけ。これだけの違いで何倍もその後に影響してくるのですから不思議です。

もし、毎回トーク終了はこちらからだなと思われている方がいましたら、次回は向こうから終わらせる形でトークをしてみてはどうでしょう。


気になる女性をゲットする最短ルートとは?

「LINEなんて送っても結局はイケメンしか彼女できないに決まってんじゃん…」

とこの記事を見て思っている方、いらっしゃいますか?

LINEはあくまで恋愛を成功させるツールにすぎません。しかし、このツールを使いこなすには女性の心理を理解するところから始めなければいけません。女性の心理は複雑で、少し間違うと恋愛対象から除外されてしまうからです。世にはイケメンでなくても美人な彼女を手に入れた男性たちがいます。彼らは女性心理をうまく突いたのです。つまり、イケメンでなくても女性心理を理解し、ツボを上手く突ければ、誰だって美人な彼女は手に入れられるのです。

ではその女性心理を理解するにはどうすればいいのでしょうか。残念ながら女性心理は、前述のようにかなり入り乱れているのです。そのため一朝一夕で習得するのは困難ですし、なにより専門性の高い情報は無料のサイトではなかなか出てきません。

ではどうすればいいのでしょうか…。

そんな時にお勧めなのがこちらの「彼女つくりの裏・教科書」です。専門性の高い情報を、日給1万円の仕事を5日するだけの金額で提供しているので、かなりコスパが高いマニュアルになっています。たった5日で理想の彼女ができちゃうんです。しかも1年間の返金保証もついているので、安心感も抜群なマニュアルになっています。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「モテる男はLINEも違う?好感度爆上げマル秘テクニック2つ!」と題してお送りしてきました。

モテる男はやはりLINEの送り方も一線を画します。

ぜひ今回紹介した2つのことを実践し、気になるあの子にアタックしてみてほしいと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク