【恋愛・女性向け】もしかしてヤキモチ?男性が嫉妬した時に見せる特徴3パターン!

スポンサードリンク

今回は「もしかしてヤキモチ?男性が嫉妬した時に見せる特徴3パターン!」ということでお送りしていきます。

はじめに

「急に彼が不機嫌になった…」

そんな経験ありませんか?

人間は嫉妬をする生き物。女性も男性も嫉妬します。

しかし、それにも男女差はあります。男性の嫉妬は分かりやすいものが多いので、情報さえあればすぐに見抜くことができるでしょう。

今回紹介するのはそんな「男性の嫉妬の特徴3パターン」です。

もし、今回紹介することが意中の男性に当てはまったら…その男性はあなたに夢中だからこそ嫉妬しているのかも!?

もしかしてヤキモチ?男性が嫉妬した時に見せる特徴3パターン!

その1:話さなくなる

嫉妬している男性の1つ目のパターンとして、会話をしなくなります。いわゆる無口というヤツです。

無口になる理由は不機嫌になって拗ねているからです。

「話す」という行為には感情表現も多く含まれます。声の調子やトーンで元気か否かを判断するように、機嫌が良いか悪いか、も相手に判断されます。

男性は見栄っ張りな傾向がありますので、「不機嫌になっている」というのを悟られるのが嫌なのです。ゆえに一番ボロがでず、それでいて恥ずかしさのない「無口」という選択肢をとるのです。

無口になった男性に下手に話しかけると、「無口になれば話しかけに来てくれる」と味を占めてしまいますので禁物です。

まずはそっとしておきましょう。


その2:態度が冷たい

男性が嫉妬すると態度が冷たくなります。

これは「その1」にも通ずるところがありますね。やはり嫉妬していることがバレたくない、という防衛本能と恥ずかしさから、冷たい態度をとって誤魔化そうとしています。

女性からすれば「うわ~怒ってる…」とバレバレなのに、それでも怒っていないように見せてくるのが特徴です。

こちらのパターンも、女性が下手に謝ったりすると味を占めてしまいますので注意しましょう。

彼の心が鎮まるまで、そっとしておくのが無難と言えます。


その3:束縛する

嫉妬している男性のパターン3つ目は束縛です。

嫉妬している男性は束縛をしてきます。

束縛をする、という行為は独占欲が多大に露呈しています。

「この子は俺のモノ」という想いが、行動に表れているということです。

また、独占欲とは別に「不安感」も含まれている可能性もあります。

「もしかすると誰か他の男に取られてしまうんじゃないか?」という不安が、彼に束縛をさせているかもしれません。

もし、束縛をしてくる彼氏がいる女性は注意してください。

その束縛が徐々にひどくなり、最終的にはDVなどの大ごとになってしまうかもしれません。

男性の嫉妬心を煽りすぎず、健全な恋愛をしていくことをお勧めします。

嫉妬してくれる優しい彼氏を手に入れるためには?

「嫉妬してくれる優しい彼氏が欲しい…」

とこの記事を見て思っている女性、いらっしゃいますか?

実は、嫉妬心が適度にある男性と交際するのはとても簡単。少しの努力でイケメンでかっこいい彼氏を手に入れることができます。ではなぜいつまでたっても理想の彼氏を捕まえられないのか…?

それは恋愛に対するノウハウを知らないからなのです。恋愛経験がそこまでなく、顔もそんなに良くない女性(と言うと失礼ですが…)がイケメン彼氏を捕まえていることがありますが、彼女たちはその恋愛ノウハウをキチンと把握していたからこそ、イケメン彼氏を捕まえることができたのです。

イケメンでかっこいい彼氏は競争率が高いのです。ゆえに男性心理をうまく理解しないと絶対に成功しません。ではその男性心理を理解するにはどうすればいいのでしょうか…?残念ながら男性心理は女性ほど複雑では無いにしろ、それなりに入り乱れているのです。そのため一朝一夕で習得するのは困難ですし、なにより専門性の高い情報は無料のサイトではなかなか出てきません。

ではどうすればいいのでしょうか…。

そんな時にお勧めなのがこちらの「LOVEインフルエンス~大好きなカレを恋に落とす方法」です。専門性の高い情報を、毎日200円をたった3か月ちょっと払うだけの値段で提供しているので、かなりコスパが高いマニュアルになっています。毎日飲む缶入り飲料をちょっとやめるだけなんて…。しかも絶対に得するスペシャル特典3つもついているので、より高度な男性心理を理解することができ、理想の彼氏を手に入れることができるでしょう。恋愛初心者の方には特におすすめです。イケメン彼氏をゲットする日は近いかも?

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「もしかしてヤキモチ?男性が嫉妬した時に見せる特徴3パターン!」と題してお送りしてきました。

嫉妬心は愛情の裏返し、とはよく言いますが、それも度が過ぎるとDVに発展してしまいます。

男性の嫉妬心を煽りすぎないことが重要になります。

また、最後の手段ではありますが、大ごとになる前に別れてしまう…というのも一つの手かもしれません。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク