【恋愛・女性向け】ちょっと不安?好きな人ができない3つの理由とは?

スポンサードリンク

今回は「ちょっと不安?好きな人ができない3つの理由とは?」ということでお送りしていきます。

はじめに

周囲は恋愛で忙しく動き回っているのに、自分だけそういう感情が湧かない…なんて方、いらっしゃいませんでしょうか。

もしかすると、人を好きになることを深く考えすぎていたり、もっと別のことを大事にしていたり。様々な要因があることでしょう。

決して、人を好きになれないことが悪いことではありません。

「人を好きになれないなんて私はダメな人間だ…」

なんて思わなくてもいいんです。ネガティヴになる必要もありません。それも個性のうちです。

しかし、やはり社会生活を営んでいくうえで人を好きになれないことが悩みになってしまうのも頷けます。人と接する機会が多い人は特にそうですよね。

今回はそんなこんなで「好きな人ができない3つの理由」をお送りしていきます。

それではどうぞ!


ちょっと不安?好きな人ができない3つの理由とは?

その1:ネガティヴ思考が強すぎる

ネガティヴ思考が強すぎる人は「好きな人ができる」ということに対し抵抗を感じる傾向にあるようです。

ネガティヴ思考が強いということは自分への評価も低いという事。

「どうせ自分では振り向いてもらえないだろう」

「どうせ何やっても上手くいかない」

そう考えてしまう事で、恋愛に臆病になりすぎていたり、はたまた日常生活における様々なことへも影響が出ます。

ネガティヴになってしまうのは、過去に色々と辛い経験をしたことに起因する場合が多いでしょう。

ネガティヴをポジティヴに変えるのは実は容易いのです。しかし、ネガティヴ思考が故にポジティヴに変えることさえも否定的に捉えがちです。

まずは楽しいことを考えましょう。自分への評価も高く見積もりましょう。心の中で思ってることにまで口出しする人はいません。


その2:期待が激しい

期待が激しい人はなかなか好きな人ができない傾向にあります。

期待とは何に対しての期待でしょうか?

それはずばり、他人です。

他人に期待しすぎていると、その期待を下回る結果が出てしまった際の落胆具合は凄まじいものになります。

考えてみてください。

好きなアーティストの新曲が出る!という告知を見たとします。

そのアーティストの前作がとてもよかったので新曲にも期待が膨らみます。しかし、いざ新曲を聴いてみると全く想像とは違っていたとしたら…。前作を大幅に下回る作品になっていたとしたら…。

落胆具合も相当なものですよね。

このように、他人に対して期待をし過ぎると、あまり良いことがありません。他人は完璧人間ではありません。

他人もあなたと同じ「人」。良いところもあれば嫌なところもあります。まずはそれを受け入れ、期待を膨らませすぎないようにしてみましょう。

その3:焦り

恋愛をすることに焦っていると、なかなか人を好きになれないようです。

人を好きになるということはそれなりに心の余裕が必要になります。自分の状況をうまく把握している時こそ他人に関心が向くのです。

しかし、何か焦っていたり不安なことがあったりするとなかなか他人に関心を寄せることができません。

それもやはり恋愛においてはその傾向が顕著に表れると言えるでしょう。

人を好きになることに「急がないと」と思っていても好きにはなれません。

恋愛は気持ちのつながりが重要になるため、それを疎かにしてしまうとなにも生まれないまま時間だけが過ぎてしまいます。

まずは焦ることをやめましょう。

本気で恋愛がしたいなら…

「本気で恋愛がしたい!彼氏が欲しい!」

「人を好きになって幸せになりたい…」

「恋愛がよくわからなくなってしまった…」

恐らくこの記事を見てくださっている方の多くは上記のような悩みを持っている方でしょう。

そんな方の為に今回は特別に、恋愛でとんでもなく使えるマニュアルを紹介させていただきます。

それがこちらの「非常識な恋愛成功法則」というマニュアルです。

このマニュアルは「女性が男性をオトす」という常識を覆される画期的な恋愛マニュアルになっています。事実、昨今では「肉食系女子」なんていう言葉が出回るような時代ですし、相対的に「草食系男子」も増殖傾向にあります。

つまりは自分から動かないといけない。時代の流れにとてもマッチしているマニュアルです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「ちょっと不安?好きな人ができない3つの理由とは?」と題してお送りしてきました。

3つの理由を挙げましたが、その理由に行きつく道のりは人それぞれでしょう。

まずは自分の境遇を見つめなおすこと、それが1歩目のスタートです。焦りは禁物、まずはゆっくり進んでいきましょう。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク