【恋愛・女性向け】彼氏の本気度を知るために必要な3つの方法とは?

スポンサードリンク

今回は「彼氏の本気度を知るために必要な3つの方法とは?」ということでお送りしていきます。

はじめに

付き合って数か月、数年経つと、女性としては彼の気持ちが気になるものですよね。

「本当に私のこと好きでいてくれているのかな?」

「付き合って数年経つけど、飽きられてないかな?」

なんて思ってしまいます。

今回はそんな女性の悩みを払しょくするべく、「彼氏の本気度を知るための3つの方法」を紹介していきます。

彼氏が本気なのかどうか、確かめてみましょう!

それではどうぞ!

彼氏の本気度を知るために必要な3つの方法とは?

その1:笑顔が多い

彼の本気度を探りたいのであれば、彼が自分と一緒にいる時に笑顔なのかどうかを見てみましょう。

人間は本当に楽しい時、笑顔になります。しかも作り笑いなどではなく、本当に心から楽しみを表現します。

それを口に出すかどうかは問題ではありません。

例えば、

「楽しいな~!」

と言っている男性の顔がまったく楽しそうでなければ、それはうそと言う事になります。

逆に、「楽しい」という言葉を発しない男性でも、顔がとても楽しそうだったならば、それはちゃんとあなたに「本気」でいるということです。

ですので、言葉ではなく、まずは彼の心理を表情から読み取ることが重要になります。


その2:優先的に行動してくれる

彼氏の本気度を確かめる方法2つ目として、彼が自分に対し優先的に行動しているかを見てほしいと思います。

彼が彼女に対し本気だった場合、彼女が「今度遊ぼう」という提案をした際に、それに素直に応じてくれるはずです。

しかし、本気ではなかった場合、例えば「忙しい」という言葉を使ってはぐらかしたり、「ちょっと厳しい」といったりして会おうとしません。

もし、本当に忙しかった場合、代替え案を出してきたならば「本気」として捉えていいでしょう。しかし、代替え案も無く、ただ「忙しいから今回は無理かな」といった答えが返ってきたら、彼はもう本気ではないのかもしれません…。

その3:キスをしてくれる

彼の本気度を確かめたい最も最善の策は、彼がキスをしてくれるか?と言う事です。

もし、彼氏が彼女に対し本気だった場合、キスをする頻度はかなり多いでしょう。キスは愛の証であり、キスをすることで想いが伝わるのですから。

キスは「愛しているよ」という自己表現にもなるのです。

つまりキスをしてこない場合、彼はもう既にあなたへの想いから冷めているかもしれません。

もし、彼の本気度を確かめたいのならば、彼がキスをしてくれるかを見てみましょう。


かっこよくて優しい彼氏を手に入れるためには?

「意中のアノ人を彼氏にしたい…」

とこの記事を見て思っている女性、いらっしゃいますか?

実は、かっこよくて優しい男性と交際するのはとても簡単。少しの努力でイケメンでかっこいい彼氏を手に入れることができます。ではなぜいつまでたっても理想の彼氏を捕まえられないのか…?

それは恋愛に対するノウハウを知らないからなのです。恋愛経験がそこまでなく、顔もそんなに良くない女性(と言うと失礼ですが…)がイケメン彼氏を捕まえていることがありますが、彼女たちはその恋愛ノウハウをキチンと把握していたからこそ、イケメン彼氏を捕まえることができたのです。

イケメンでかっこいい彼氏は競争率が高いのです。ゆえに男性心理をうまく理解しないと絶対に成功しません。ではその男性心理を理解するにはどうすればいいのでしょうか…?残念ながら男性心理は女性ほど複雑では無いにしろ、それなりに入り乱れているのです。そのため一朝一夕で習得するのは困難ですし、なにより専門性の高い情報は無料のサイトではなかなか出てきません。

ではどうすればいいのでしょうか…。

そんな時にお勧めなのがこちらの「LOVEインフルエンス~大好きなカレを恋に落とす方法」です。専門性の高い情報を、毎日200円をたった3か月ちょっと払うだけの値段で提供しているので、かなりコスパが高いマニュアルになっています。毎日飲む缶入り飲料をちょっとやめるだけなんて…。しかも絶対に得するスペシャル特典3つもついているので、より高度な男性心理を理解することができ、理想の彼氏を手に入れることができるでしょう。恋愛初心者の方には特におすすめです。このマニュアルでライバルに差をつけましょう!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「彼氏の本気度を知るために必要な3つの方法とは?」と題してお送りしてきました。

長年付き合っていると、どうしても浮上してしまうこの問題。巷では倦怠期、なんて言葉がありますが、倦怠期以上に深刻な問題になってしまうかもしれません。

彼氏の気持ちをを確かめて、よりよい恋愛をしてくださればなと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク