【恋愛・女性向け】好意を向けられると気分悪い…「蛙化現象」って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は「好意を向けられると気分悪い…「蛙化現象」って何?」と題してお送りしていきます。

はじめに

女性の中には、「男性から好意を向けられると、それまで好きだったのに気分が悪くなってしまう…」といった悩みを抱えている方がいらっしゃいます。

これを「蛙化現象(かえるかげんしょう)」と呼びます。

今回はこの「蛙化現象」について、記事を執筆していきます。

それではどうぞ!


好意を向けられると気分悪い…「蛙化現象」って何?

蛙化現象って何?

そもそも、「蛙化現象」ってなんでしょうか?

聞きなれない方が多いんではないかなと思います。

蛙化現象とは、「人から好意を向けられると、気分が悪くなってしまう現象」です。

また、気分が悪くなる以外にも、今まで好きだったのに冷めてしまったり、どうでもよくなってしまったりなどがあるそうです。

蛙化現象の由来は?_『グリム童話』が元になっている

蛙化現象の名前の由来、一体どこから来ているのでしょうか?

それは、グリム童話の「かえるの王さま」が元ネタと言われています。

 

かえるの王さまの簡単なストーリーは以下の通り。

ある国の王女が、泉に金の鞠を落としてしまった。

そこへかえるが「自分をあなたのお友達にしてくれて、隣に座り同じ皿から食事を取り、あなたのベッドで寝かせてくれるのならば、池に落としてしまった金の鞠を拾ってきてあげよう」と申し出る。

王女は鞠を取り戻したい想いで、その条件を受け入れる。しかし、王女は鞠を取り戻すと約束を破りかえるを置いて帰る。

王女が家族と夕食中、かえるが城に現れ、王女に約束を守るように要求する。

王は王女から成り行きを聞くと、交わした約束を守るように命じる。

王女が嫌々ながらもカエルと一緒に夕食をとった後、かえるは王女のベッドで寝ることを要求する。王女は恐怖と嫌悪から泣きながら拒むが、王の命令によって寝室へ行くこととなる。

事の成り行きに腹を立てた王女はかえるを掴み、寝室の壁に叩きつける。するとそのおかげでかえるの魔法が解け、立派な王に戻る。

これまでの無礼を詫びた王に求婚され、二人は結婚し、幸福な毎日を送る。

要点をかいつまんで説明すると、「かえるだと思っていたら実はどこかの国の王さまだった。かえるの時は嫌いだったが、王さまにだと知ったとたんに好きになったので、王女は結婚した」

…という感じ。

つまり、

かえる⇒嫌悪、憎悪

王さま⇒好感、愛、幸福

という図式が出来上がります。

この物語では「かえる⇒王さま」というプロセスを辿っています。

しかし、蛙化現象は「王さま⇒かえる」というプロセスを辿ります。好感や愛だったものが、嫌悪や憎悪に変化してしまうのです。

ゆえに、蛙化現象という名称なんですね。


蛙化現象になる女性の2つの心理

蛙化現象に陥ってしまう女性の心理は、大まかにわけると2つです。

  1. 自己に対する評価が低い(自信が無い)
  2. 相手に対する失望

1.自己評価が低い

自己評価が低い女性は蛙化現象に陥りやすいです。

自己評価が低いということは「自分のことが嫌い」という思考になっているということです。

自分のことが嫌いであるため、自分に自信が持てず、結果的に自分への評価が低くなってしまっている状態です。

自己評価が低いと、自分に好意を持ってくれている男性に対し、

「私にそんな価値ないのに…」

とネガティヴな思考で反応してしまうのが特徴です。

2.相手に対する失望

自己評価が低いと、相手に対する失望も兼ね備えてしまっている傾向にあります。

「私のような人間を選ぶなんて、あの人は見る目が無い」

と、相手に失望を覚えてしまいます。

どちらのパターンも、根底にあるのは自己評価が低いという1点に尽きます。

 蛙化現象を克服するためにするべきこと

蛙化現象を克服するために一番重要なことは、「自分を好きになること」です。

「そんな簡単に言わないでよ…」

確かにそうです。そんな一朝一夕で治るようなものじゃないですよね。

でも、蛙化現象に有効なのは結局「自分を好きになること」なんです。

ただ、いきなり自分を好きになれ!と言ってもなかなか難しいと思うので、以下のようなプロセスを辿ってみましょう!

  1. 自分の長所を5個紙に書く
  2. 自分の短所を5個紙に書く
  3. 長所と短所を見比べ自分を客観視し、自信をつける
  4. 自分の悩みを客観的に解決するために、第3者に意見を求める

自分の長所を5個紙に書き、その後短所を5個書きましょう。

書いたものを見比べ、「なるほど、自分はこういうところが長所で、こういうところが短所なのか」と発見しましょう。

ここで、「長所なんて私には無い」と思っている方もいるかもしれません。

ただ、本当に些細なことで良いです。「夜、人より寝るのが遅い」とかでも良いんです。人より遅くまで起きれるって、立派な長所です。

長所と短所を書き出してみることで、自分を客観視できるんです。

普段、自分のことだから何でもわかると思っていても、実際そうでもなかったりします。

私も、自分のここが悪いとこだなぁと思っていたことが人から見れば長所なことあります。

逆に、「これは私の長所中の長所でしょ!」と思っていたことが人から見ればかなりの短所だったりします。あの時はとてもがっかりしました…笑。

自分を好きになるために重要な「第3者の意見」

自分を好きになるうえで重要なことは、実は「第3者の意見」なんですよね。

第3者とは、つまり「当事者以外の人」です。要はあなた以外の人の意見を聞いてみましょうということです。

自分ひとりで悩みを抱え込むって、とてもツラく苦しいです。

そんな時助けになるのが第3者の意見です。親御さんでも良いですし、親友でもいい。なんなら、今や悩み相談のフリーダイヤルまであります。

真剣に悩みを相談すれば、きっと真剣に聞いてくれますよ!

また、女性の中には占いを利用する人も結構多いそうです。

ただ、占いとなると実店舗じゃないと悩みって解決しなさそうです。無料のネット占いはどうにも当たらなさそう…。

そんな女性が利用しているのが電話占いです。実店舗に行かずに、生の人間の意見をもらえるので、とても需要は高いのです。

今のままで本当に大丈夫ですか?

悩み解決はこちら⇒悩みを解決に導く
電話占いピュアリ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「好意を向けられると気分悪い…「蛙化現象」って何?」と題してお送りしてきました。

蛙化現象はなかなか根深い問題です。少しずつ改善していくのが望ましいでしょう。

好意を持ってくれている男性を気持ち悪いと思ってしまうのは致し方ありません。まずはゆっくり、少しずつでも前進してみましょう!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る