【恋愛・女性向け】告白しても無駄かも…恋愛を面倒だと思っている男性の3つの特徴!

スポンサードリンク

今回は「告白しても無駄かも…恋愛を面倒だと思っている男性の3つの特徴!」ということでお送りしていきます。

はじめに

恋愛が面倒くさいと思っている男性はいらっしゃるようです。

彼らの心理は様々な要因が重なり、そのような状況になってしまっています。

ゆえに、女性側がいくら熱心に想いを伝えようとしても、上手く相手の心に響かない可能性も…。

今回は「恋愛を面倒だと思っている男性の3つの特徴」を紹介していきます。

もし、気になるあの人がこれだったら…根気よく想いをぶつけていくしかないかもしれません。

それではどうぞ!


告白しても無駄かも…恋愛を面倒だと思っている男性の3つの特徴!

その1:プライドが極端に高い

プライドが極端に高い男性は恋愛を面倒と思っている傾向にあるそうです。

面倒というよりは、「傷つくのを恐れている」と言った方がいいかもしれません。ゆえに恋愛において自発的な行動が少なく、女性からするととても消極的な男性に見えています。

彼らは恋愛が面倒くさいというよりは、先にも述べたように傷つきたくないが故に、女性側からアプローチされるのを待っています。

もし、この人プライド高そうだな~と思う男性がいましたら、女性からアプローチすれば成就するかもしれませんよ!

その2:自分の時間優先タイプ

自分の時間を優先したい男性は恋愛を面倒だと思っている傾向にあるようです。

恋愛をするとどうしても自分の時間を相手に割かなくてはならなくなります。

彼女が「遊びに行こう」と言ったらそれに従わなければ不機嫌になりますし、恋愛関係に至るまでの駆け引きが面倒…という方も中にはいらっしゃるよう。

こういう男性は得てして過去の恋愛に何らかのトラウマがある場合が多く、その上で「恋愛は面倒くさい」という考えになってしまっているのです。

このタイプの男性を好きなってしまい、付き合いたいと考えている女性は、まず彼の気持ちを察してあげましょう。付き合ったとしても、彼に自由時間を適度に与えることが大切です。束縛なんてのはもってのほかです。

恋愛は楽しいもの、素晴らしいもの、という考えを徐々に与えていきましょう。そうすればそのうち彼自身から恋愛に積極的になっていくことでしょう。


その3:お金

「その2」と似ている部分がありますが、「あんまりお金を使いたくない」という男性は恋愛を面倒だなぁと感じている傾向にあります。

恋愛はお金を使います。

2人で遊園地にいったり、旅行に行ったり。夜はディナーをして、たまに誕生日プレゼントや記念日プレゼントをあげたり…。

恋愛にお金はつきものですが、そのお金を使うのが惜しいという男性が少なからずいらっしゃるのも現実。

別にケチなわけではないのです。むしろお金は使いたい…でもその使う場所を自分で決めたい…という思考になっています。

恋愛をすると結局は相手にお金を使わなければいけない。マナー的なところもありますものね。

このタイプの男性を好きになってしまった女性は、お金をあまり使わないデートプランを考えてみてください。そうして彼に提示してみましょう。

「それぐらいだったら…」

と彼が納得すればそれだけで勝利宣告です。あとは恋愛がいかに楽しいのかを彼に刷り込みましょう。

もし男性心理を理解したいなら

「男性心理を理解して素敵な彼氏が欲しい…」

とこの記事を見て思っている女性、いらっしゃいますか?

 

ではその男性心理を理解するにはどうすればいいのでしょうか。残念ながら男性心理は、女性ほど複雑では無いにしろ、それなりに入り乱れているのです。そのため一朝一夕で習得するのは困難ですし、なにより専門性の高い情報は無料のサイトではなかなか出てきません。

ではどうすればいいのでしょうか…。

そんな時にお勧めなのがこちらの「LOVEインフルエンス~大好きなカレを恋に落とす方法」です。専門性の高い情報を、毎日200円をたった3か月ちょっと払うだけの値段で提供しているので、かなりコスパが高いマニュアルになっています。毎日飲む缶入り飲料をちょっとやめるだけなんて…。しかも絶対に得するスペシャル特典3つもついているので、より高度な男性心理を理解することができ、理想の彼氏を手に入れることができるでしょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「告白しても無駄かも…恋愛を面倒だと思っている男性の3つの特徴!」と題してお送りしてきました。

恋愛は素晴らしいものですが、過去のトラウマが原因でつまらないと感じている男性も中にはいらっしゃいます。

まずは彼の心を開いてみましょう。強引にではなく、徐々に。そうすれば、きっと男性はあなたに夢中になりますよ。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク