【恋愛・女性向け】モテない女性が知らないたった1つのこと

スポンサードリンク

今回は「モテない女性が知らない3つのこと」と題してお送りしていきます。

はじめに

モテる女性とモテない女性の違いは何だと思いますか?

一概には言えないのですが、やはり男性に対する情報量の違いです。

情報量が多いほど、巧みに戦術を編み出し、操ることができます。

逆に情報量が少ないと、どんな戦術を取ればいいのかわからず、撃沈してしまうことが多々あります。

情報を得るにはお金と時間をかける

情報にはお金と時間をかけましょう。

勿論どちらかでもいいです。しかし、やはりどちらも重要になってきます。

例えば、インターネットで無料で見れる恋愛ページがありますね。もちろんあれらには結構な情報量が詰まっています。当サイト「悩みラボ」でも、恋愛の記事をたくさん書き、たくさんの方々の役に立っていて光栄なことです。

無料で見れるということは、時間をかけている、ということですよね。無料ゆえにやはりいろいろな方のいろいろな意見や情報があるわけで、それらを自分なりに統一して、はじめて情報として機能します。

オススメはお金をかけること

個人的に、やはりお金をかけて情報を得るということをお勧めします。

ではなぜお金をかけて得た情報が良いのかを具体的に説明していきます。

お金をかけると、情報に真摯に向き合う

お金をかけると、「お金払ったんだし、向き合おう」となりますよね。

例えば、駅前でタダでもらった化粧品のサンプルと、自分が何千円も出して購入した「化粧品の数滴」だと、やはり後者の方が大事に使いますよね。駅前でもらった化粧品のサンプルを、お金を出して買った化粧品と同等に考える人はまずいないでしょう。

情報もこれと同じことが言えます。

無料で見れる恋愛ニュースなどよりも、自分で購入した恋愛本や恋愛マニュアルの情報のほうが、「お金を払っている」という意識から、よく読み情報を仕入れようとします。

このように、無料と有料とでは、それに対する意識の差が出てくるのです。

無料の情報は、情報に対して責任を持てない

2つ目として、「無料の情報は、情報に対して責任を持てない」ということです。

これはどういうことかと言いますと、わかりやすいところで「wikipedia」がありますよね。

多くの大学や学校機関では、「wikipedia」にある情報を参考文献として使用することは好ましくない(学校によっては禁止)しているところもあります。

理由は、「どこのだれが書いているかわからないから」という点です。

勿論、他のニュースサイト様やブログ様、このブログのように、ある程度誰が書いているかが保証されていれば少しはマシですが、それでもやはりネットの怖さはそこにあると思われます。

その点、「本」や「教材」などは、誰が書いたかは明記されてますし、やはり有料には有料なだけの安心感があります。

ですので、無料の情報もいいのですが、たまにはお金をかけて有料の情報を取得するのもいいかもしれません。


モテない女性に送るおすすめ教本

さて、情報に対価を支払うことの重要性は述べてきました。

それではここからは私が選ぶ、「これはお金を支払う価値がある!」と言える本や教材を紹介していきます。

教本編

メンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る! ズルい恋愛心理術
→心理的な側面から責めるのが恋愛の鉄則。これはその心理面を徹底的にサポートしているのでまずはこれを買っておけば間違いはありません。

メンタリズム 恋愛の絶対法則
→こちらのメンタリズム本はあのメンタリストのDaigoが監修しているので、評価としては高いです。

教材編

恋愛引き寄せ体質になって年収1000万円の彼氏と結婚する法則
→もしあなたが年収1000万円の男性と付き合いたい、結婚したいと思うならばコレ。

結城隼人の女性専用恋愛相談
→724人もの女性を恋愛の悩みから解放した結城さんの教材。個別メールに対応しているのでいつでも相談できるのが特徴。

最後に

いかがでしたでしょうか?

モテない女性にはやはり理由があります。

今回紹介した教本教材も併せて、皆様のよりより恋愛が実ることを願っております。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク