アクセス数アップ!効果的な4つの文章リライト術とは!

スポンサードリンク

今回は「アクセス数アップ!効果的な4つの文章リライト術とは!」と題してお送りしていきます。(2018年1月15日再編)

はじめに

皆様こんにちは!

N基地(@_N_kichi)です!

ブログ、書いてますか?

ブログを書いていると、どうしても記事数ばかり追いかけてしまって、過去の記事を疎かにしてしまいがちですよね。

私もそうでした。

以前、こんな記事を書かせていただきました。

ブログの文章を書く上で失敗したことまとめ
今回は「ブログの文章を書く上で失敗したことまとめ」と題してお送りしていきます。はじめにブログ、書いてますか?この前、当サイトではこんな記事を書きました。1日5...

お時間があれば読んでみてほしいのですが、めんどくさいよ!って方の為に大まかな概要だけ話しますと…まぁ私も前まで記事数ばかりを追っかけていたよ!って話です。

Googleにインデックスされたり、アクセス数を稼ぐために、どうしても記事数が必要になりますよね。

でも、一定の記事数に到達したら、そこからはペースダウンした方が良いかもしれません。

というのも、

過去記事をリライトした方が良いから

です。

過去記事のリライトは超重要!アクセス数アップにも影響アリ!

過去記事のリライトは本当に重要です。

アクセス数にも影響してくるぐらい重要です。

Aさん
やばい…全然リライトしてない…

って感じたあなた、正解です。

リライトしてないことを全く悔やんでいない方、もしいたら…ヤバいです

文章をリライトすることで、いくつかのメリットがあります。

それをまずは把握しておきましょう。

リライトすることのメリットとは?

  1. アクセスしてくれた人に読みやすい文章を提供できる
  2. アクセスしてくれた人に「最近リライトした記事だから情報も新鮮だよ!」ということを報告できる
  3. 良質な記事を提供できるので、結果的にアクセス数増加に繋がる
  4. 記事の全体像を把握し、自分の文章の欠点を知ることができる。なので新規記事を書く際にリライトが極力必要無い文章を書ける

基本的に文章リライトはメリットしか無いと言えます。

あえてデメリットを挙げるとすれば「面倒くさい」でしょうか。

リライトは正直めっちゃ面倒くさいです。

でも、リライトすることのメリットの方が大きいのだから、私はリライトを選択してます笑。

あなたもブログの文章をリライト、してみませんか?

アクセス数アップも期待できますよ!

アクセス数に影響する文章リライト術!

リライト術その1:まずは誤字・脱字を把握せよ!

文章リライトの基本中の基本。

まずは「文章の誤字・脱字」をチェックしてみましょう。

誤字の場合は余程な間違えじゃなければアクセスしてくれた人も見過ごします。

ただ、脱字は文章がリズム的に読みにくくなっている場合があります。

どちらも見過ごさないでほしいところではありますが、基本的に脱字を重点的にチェックしてみて欲しいと思います。

タイピングに自信のある方ですと、キーボードを打つ速さゆえに漢字選択をミスっている場合があるので、個人的にはタイピングが速い人ほど「誤字・脱字」に関してはチェックすべきかなーと思います。

リライト術その2:「です・ます」「だ・である」が統一されているかをチェック!

「ですます調」と「である調」は、必ずどちらかに統一しましょう。

文章を読む側にとって、語尾の性格はとても重要になります。

今まで「ですます調」だったのに、語尾だけ「である調」になってたりすると、

「情緒不安定なのかな?」

なんて思われてしまいます。

文章において文章の性格を統一させることは重要なので、基本中の基本ですが、これも見落とさないようにしましょう。

意図的に「ですます調」と「である調」を混合させる高等テクニックが存在します。

あえて混合テクニックを使用されている場合はリライトしなくても良いと思います。

無意識に間違えてやっている場合はリライトしましょう。

リライト術その3:冗長表現はすっぱり切ろう!

冗長表現はリライトしてすっぱり切りましょう。

私も文章を書いているとやってしまいがちなのがこの「冗長表現」。

冗長表現とはどんなものかというと、以下のような文章です。

なぜ彼は10kgも牛肉を買ってきたのであろうか私には皆目見当がつかないのである

マーカーで線を引いた箇所をリライトした文章が以下です。

なぜ彼は10kgも牛肉を買ってきたのか。皆目見当がつかない。

冗長表現をすっぱり切り落とすと、とってもすっきりした文章が出来上がりました。

このように、「付けなくても良い部分」を冗長表現と言います。

上記の例に理由付けしてみましょう。

  • 「であろうか」→文章を長くし過ぎてしまうので余計
  • 「私には」→「皆目見当がつかない」には、「私が」という意味があるから
  • 「のである」→余計な文章

冗長表現の他にも、二重表現や二重否定など、リライトすべき表現はあります。

一気にやろうとしても難しいと思いますので、まずは冗長表現のリライトをしっかりやってみましょう。

リライト術その4:改行を上手く使おう!読みやすさを優先!

改行、上手く使っていますか?

これは個人的な意見ですが、「文章を書くのが上手い人」に限って、実はブログの文章はめちゃくちゃ読みにくい場合があると思います。

私もどちらかというと、おこがましいですが文章は上手い方の部類だと思ってます。

人よりも文章を書くのが好きです。

学校とかで習う、「一字下げ」とか、「改行は話題転換の時だけ」とかをブログでも忠実に守ってきました。

でも、ブログに書いた自分の文章を読んでみて気が付きました。

わたし
うわぁ…文字びっちりで読みにくい…

ブログにアクセスしてくれた人が求めているのは、本のようにびっちり敷き詰められた文章ではありません。

もっとフラットでフレンドリーでラフな文章だと思います。

見てくれる人
面白そうなブログでもさがそーっと

と思いながらあなたのブログにアクセスしてくれた人が、文字で敷き詰められた記事を見てどのような反応をすると思いますか?

見てくれる人
別の記事に行こう

となってしまうと思います。

なので、私の感覚では1文で1改行ぐらいがちょうどいいと思います。

文章リライトをやりやすくするツールまとめ

文章のリライトは、いちいち自分の書いた文章を読まなくてはなりません。

1000字や1500字程度の文章ならまだいいですが、4000字や5000字、中には10000字書いている方もいらっしゃるでしょう。

当サイト記事の平均文字数は、おおよそ「3500~4000字」です。

4000字の文章を読んで、リライトして…ってとても大変なんですよ。

4000字でも大変なのに10000字って…。

読むのだけでもダレちゃいそうです…。

そこで便利になってくるのが「リライトツール」です。

リライトツールを使って、一回読まなければいけない手間を省きませんか?

文章推敲・校閲ツール【文賢】

先ほども言ったように、文章をリライトするには1度自分が書いた文章を読む必要がありますよね。

そして改善点を見つけてリライトしていくわけですが、どうしても人間の目で確認していくので、見落としがあります。

私もかなり見落とししてしまうタイプです。

1か月前にリライトした記事をまたリライトした際、

「うわ、ここ誤字ってるじゃん…」

なんてことが良くあります。

そんな人向けに、機械がアドバイスしてくれるツールがあるんです。

それが「文賢」。

→公式HP文章の完成度を高めるライティングツール【文賢】

これ本当に便利です。

機械なので見落としがありませんし、なによりGoogleChrome拡張機能を使えばすぐに自分のブログの文章を文賢に送信して改善点を教えてもらえます

こういうツールってブラウザとは別にウィンドウを開かなきゃいけないので、その点が非常に便利です…。

私は4000字の記事を1回読むのに10分ほどかかって、その後リライトするべきところを探すのに15分はかかります。

なので計35分、1記事のリライトに使用しています。

だけど、この文賢を使えばその作業がいらなくなるので、計35分を5分程度に抑えることができるんです。

いや~便利な時代になりました…。

人工知能・文章リライトツール

文賢は、機械が改善点をアドバイスしてくれるツールでしたが、この「文章リライトツール 」は違います。

これは人工知能が勝手にリライトしてくれるんです。

いや~これまたすごい時代になったものです…。

文章のリライト作業って、これまで人がやるものでしたよね。

先ほども言ったように、私の例を挙げてみれば1回のリライトに35分以上かかってしまうわけです。

でも、これを使えば人工知能が勝手にやってくれるというんだから…初めて見た時は驚きました。

人工知能が勝手にやってくれるということは、私はコーヒーでも飲んでればいいわけです。というかコーヒーを飲む時間さえ無いかも…。というかありません笑。

なぜなら2000文字を1秒でリライトしてくれるからです。おそるべし。

35分もかけてリライトしてたのがバカみたいですよ…。

こんないいツールがあるんならもっと早くに使っておくべきでした。反省です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「アクセス数アップ!効果的な4つの文章リライト術とは!」と題してお送りしてきました。

今回紹介したことを振り返ってみましょう!

  1. 誤字脱字を把握してリライトしよう!基本中の基本!
  2. ですます調、である調を把握してリライトしよう!
  3. 冗長表現をリライトすることで文がすっきりまとまって見える!

基本的にリライトは読者に読みやすさを提供するためのものです。

読者目線でリライトすれば、そこまで念入りにすることもないかなぁと思います。

多少の誤字脱字ぐらいは許容範囲です。

リライトは自分の欠点を知ることにもつながりますので、まだ文章のリライトをやったことが無い方は、ぜひ1度やってみてください!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク