【シャドウバース・コラム】「星神の伝説」実装から1週間たった環境考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は「「星神の伝説」実装から1週間たった環境考察」と題してお送りしていきます。

星神の伝説実装から1週間が経過

星神の伝説が実装されてから本日で一週間が経過しました。

今回の記事ではこの一週間でのシャドウバースの環境を考察していきます。

一応基本情報を上げさせていただきますと、私のランクは「マスター」です。

ですので、この記事の環境に当てはまるランクは「AA3~グランドマスター」あたりの方々だと思います。

それではよろしくお願いします。

次の記事⇒「星神の伝説」実装2週間目の環境を考察してみる

星神の伝説1週間の環境考察

実装当初はロイヤルが実権を握る

星神の伝説実装されてすぐぐらい、ロイヤルが実権を握っていたのは言うまでもありません。

1コスト指揮官のペルセウスが実装されたことにより、ケンタウロスヴァンガードも疾走でダメージを与えることが可能になったので、より序盤の速さを追求したデッキが構築されました。

また「円卓会議」によるジュリエット2体疾走での高火力ダメージもまた強力で、ロイヤルの実権を覆すデッキが構築され始めます。

ロイヤルと同時期に原初ドラゴンも台頭

ロイヤルと同時期に原初ドラゴンも環境を台頭していました。

ロイヤルと原初ドラゴンの二大勢力だったと言っても過言ではありません。

原初ドラゴンは、これまでの高コスト帯主力のドラゴンデッキがベースになってはおらず、むしろフェイスドラゴンや疾走ドラゴンに原初を組み込み、また原初の効果を発動させやすくするために低コストフォロワーをふんだんに採用したデッキでした。

ロイヤルは序盤さえ凌げれば相手が息切れしてくれるので、その合間に盤面制圧することが可能でしたが、原初ドラゴンは隙を見つけるのが難しく、なかなか対処に困るデッキでした。


1週間の中盤でエルフも姿を見せ始める

ロイヤルと原初の2大勢力か…と思っていた矢先、なんとエルフが頭角を現してきました。

エルフと言っても所謂OTKエルフですね。

これは私の考察ですが、恐らくロイヤルや原初ドラゴンにメタったデッキが増えたことに一因すると思います。

ロイヤルと原初ドラゴン双方をメタろうと思った場合、必然的に持久力のあるデッキにならざるを得ません。尚且つ序盤にそこそこ動けるデッキです。

それらのデッキは基本的に試合自体が長引きます。ターン8以降にまで試合が長引く事なんてざらにあります。

そうなってくると動きやすくなるのがOTKエルフだと私は思いました。

序盤にそこそこ相手フォロワーを森荒らしなどで破壊しつつ、キーカードを手札に溜め込み、終盤に爆発させるという。

また、星神の伝説では「カシオペア」といった森の意志搭載フォロワーも実装されたので、ますます序盤中盤は除去に徹することが可能になったのもあると思いますね。

1週間終盤ではまたロイヤルと原初ドラゴンが台頭

エルフが頭角現してきたなと思ったら、またロイヤルと原初ドラゴンが台頭してきました。

さらに言えば、原初ドラゴンだけではなく普通のドラゴンも見るようになりました。そのかわり序盤にそこそこしのげるような構築ですね。

また、本日朝に私は少しランクマッチに潜ってみましたが、10戦ぐらいやって8戦ドラゴンでした。これはたまたまなのかもしれませんが、やはりドラゴンが今とんでもない勢いを見せていると言っても過言ではないと思います。

今後の環境予想

私の考察ですが、恐らくこの先2~3週間ほどは普通にロイヤルと原初ドラゴンの二大勢力が続くような気がします。

そして環境も1か月たった辺りでそれらを打倒する新デッキが開発されるような予感がします。

これまでも「バハムート環境」において、ドロシー1強で終わるかと思いきや環境終盤でアルベールロイヤルが開発されましたし、そのような展開が今後もあると思われます。


まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回はざっくりとこの1週間の環境を考察してみました。

やはりロイヤルとドラゴンの2大勢力ですが、この先ネクロやヴァンパイア、ビショップなどが台頭してくるのではと予想して、今回のこの記事を終わりにさせていただきます。

それではここまで読んでいただきありがとうございました

関連記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る