【シャドウバース】2017年10月30日ナーフ後のアグロロイヤルデッキレシピ

スポンサードリンク

今回は「2017年10月30日ナーフ後のアグロロイヤル」と題してお送りしていきます。

2017年10月30日ナーフ後のアグロロイヤルデッキ

さて、今回紹介するデッキはこんな感じ。

2017年10月30日以降、アグロロイヤルにおけるデッキパーツ、「トランプナイト招集」、「エフェメラ」がナーフされることになりました。

ゆえに今までのアグロロイヤルではコスト帯的に重くなり、従来よりも動きにくくなる可能性があります。ですので今回はサンプルとして「2017年10月30日以降のアグロロイヤルデッキ」を紹介していきます。

それではどうぞ


ゴブリン…2枚

メイジーの効果を発動させるために採用。2枚か3枚で迷いましたが、当デッキはパレスフェンサーを採用しているため、ヴァンガードを多めに積みたいなと思ったので2枚にしました。またそれに伴い、後述しますがメイジーも2枚採用です。

クイックブレーダー(or抜刀する執行者タージ)…3枚

1コスト疾走ということでアグロには必須。

ヴァンガード…3枚

ゴブリンとの採用枚数調整枠。お好みでゴブリンを増やしてヴァンガードを減らしたりできます。

一応パレスフェンサーとの兼ね合い、プリンセスヴァンガードとの兼ね合いが強いです。

ペルセウス…3枚

ケンタウロスヴァンガードとのシナジーはとても強いです。また進化時効果も強いのでそれも発動を狙っていきたい。

オースレスナイト…2枚

横展開をすることで相手の除去を拡散させる狙いがあります。ただ今回はエフェメラを採用していないので、横展開におけるメリットが相手の除去拡散という1点しかなくなってしまったことを加味し2枚採用という結果に落ち着きました。

パレスフェンサー…3枚

一応兵士フォロワーならバフをかけられるという点で強い。ただスタッツが脆いので、有利トレードをされる危険が多くあります。

ケンタウロスヴァンガード…3枚

指揮官フォロワーが多めに積まれているので疾走効果を発動させやすいのが魅力です。7コスト時にこのカードとアルベールで進化込み7点ダメージが出るのも強い。ただパレスフェンサーと同じくスタッツの脆さ故に有利トレードをされやすいのが難点。

プリンセスヴァンガード…3枚

1コストカードが多めに積まれているのでこちらも3枚採用。腐ることはあまりないですね。

またスタッツ的にも序盤は相手に取られにくいので場残りしやすく、ケンタウロスヴァンガードなどの効果を発動させやすいのも〇。

刃ネズミ…3枚

相手のフォロワーが破壊されるたび+1ということで、相手のフォロワーを刃ネズミ以外のフォロワーで除去しつつ、刃ネズミを育てることで相手に対処を強引に迫る戦法が取れます。

またプリンセスヴァンガードと同じスタッツですので、序盤に出せれば場残りしやすいのも魅力。


赤ずきん・メイジー…2枚

このカードはゴブリンとの兼ね合いが強いので、ゴブリンをどの程度入れるかでこのカードもどの程度入れるかが変わってきます。

一応見ているカードは原初、スタッツの高いフォロワー(例えば序盤の骸の王等)。

このデッキではトランプナイト招集を2枚採用しているので、中盤以降にメイジーの効果を発動させることもできますが、基本的に進化権はフェイスに使いたいので残っていない場合がほとんどです。

ノーヴィストルーパー…3枚

疾走フォロワー。

相手にとってはかなり嫌らしいフォロワーです。こちらが先攻だったら尚更…。

兵士フォロワーなのでパレスフェンサーの恩恵も受けられ、また終盤のリーサル要員としても使えます。

プリンセスジュリエット…3枚

円卓会議で呼び出す用、そして第4のノーヴィストルーパー枠として3枚採用必須。円卓会議でコイツを2枚展開されたらやる気を失います。

個人的にはこのカードをナーフしてほしかった…とは言えないのです

レヴィオンセイバー・アルベール…3枚

通常時に出しても強く、エンハンスで出しても強いオールラウンダー。3枚必須。

トランプナイト招集…2枚

このカードはアルビダの号令と枠を争います。個人的な意見として、メイジーを採用していること、そして中盤以降のリーサルの時に相手が高スタッツ守護を置いてきた時用にこのカードを採用しました。

人によっては打点重視でアルビダの号令と入れる方がいると思います。その辺はもう好みの問題な気がします。

円卓会議…2枚

プリンセスジュリエットを呼び出す専用カード。1枚だと心もとないということで2枚採用。

デッキの諸々情報

このデッキの動かし方

基本的にはマナカーブ通りで大丈夫です。難しいことを考える必要はあまりないので、とにかく相手の顔面を狙いましょう。ただ、刃ネズミが場にある場合は効果の兼ね合いを見計らって相手フォロワーを破壊し、有利な場を作るなどのプレイングが必要になります。

相性の良いデッキ、リーダー

アグロなので超越には強くでれます。また中盤以降でもリーダーによっては有利な試合展開をすることができます。基本的に遅いデッキには勝てます。

相性の悪いデッキ、リーダー

ミッドレンジには弱いです。またミッドレンジ寄りのコントロールなど…。

例を挙げるなら復讐ヴァンプには弱いですね…こちらのリソースが枯らされて負ける恐れがあります。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は2017年10月30日のナーフ後を見据えたアグロロイヤルを紹介してみました。

一応サンプルデッキという位置づけですので、あとは個人的な趣味嗜好を存分に加えてみてほしいと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

関連記事



スポンサードリンク