【シャドウバース】「時空転生」実装2週間目の環境考察!

スポンサードリンク

今回は「【シャドウバース】「時空転生」実装2週間目の環境考察!」と題しまして、お送りしていきます。

本日2018年1月11日。第7弾カードパック「時空転生」が実装されてから2週間が経過しました。

第7弾実装この2週間目、どのような環境変化になったのかを、個人的な観点からお送りしていきたいと思います。

一応基本情報を上げさせていただきますと、私のランクは「マスター」です。

ですので、この記事の環境に当てはまるランクは「AA3~グランドマスター」あたりの方々だと思います。

また、基本的に当シリーズは「ローテーション環境」で考察していきます。アンリミテッドでの考察はしませんので、ご了承ください。

それではよろしくお願いします。

前記事⇒【シャドウバース】「時空転生」実装1週間目の環境考察!

「時空転生」実装2週間目の環境考察!

秘術ウィッチ増殖中?

第7弾実装2週間目で私が最初に思ったのは、「秘術ウィッチ多くない?」ということです。

これは私がたまたま秘術ウィッチに当たっているのか、それとも増殖しているのか…。

よくわかりませんが、個人的な体感からすると秘術ウィッチは増えているような気がします。

「連鎖する雷」という、半無限のバーンカードを第7弾で得た秘術ウィッチは、これまで以上にフェイスへの当たりが強くなったように感じます。

場持ちの良い「幻惑の奇術師」等との併用がかなり強い…。先攻を取られて理想ムーブされてしまうと、相性の良いドラゴンでさえも簡単にやられてしまうぐらいの火力を秘めています。秘術だけに。

ネメシスは初週より減少傾向?要因は?

秘術が多いな~と思ったのと同時に、「ネメシスが減ったな~」とも思いました。

初週はあれだけいたネメシスが、今や10回に2~1回程度に落ち込みましたね~。

やはり要因はフィニッシャーが少ないという点と、デッキ枚数を増やしてしまうのでデッキを回すカードが来ないと事故りやすいという点ではないでしょうか。

場の制圧力に関しては、ネメシスはトップクラスなんですけど、いかんせんフィニッシャーがサフィラぐらいしかいないのが…。

あとデッキ枚数を増やしてしまうので、早めにデウスエクスマキナやクロノスを手札に持ってこないと事故って負けます…。

そういう要素があるため、ネメシスは最近数を減らしていると推察しています。

ネクロも以前より減った印象!

ネメシスも減りましたが、ネクロも減っている気がします。ネメシスよりは当たる確率高いですけどね。

ネクロはなんと言っても1枚で複数体フォロワーを展開するカードが多いのが強み…。ネメシスと同じくらい場の制圧力半端ないと個人的に思っています。

「不死の大王」強すぎないですか?1枚で3体のフォロワー展開するんですよ。不死の大王破壊したら次はワイトキング出てくるし…。

まだまだ強さ発揮しますねネクロは…。

ドラゴンは強い!テンポ系ドラゴンデッキが多くなった?

ドラゴンはやっぱり強いですね~。

最近また新しいデッキタイプがドラゴンに考案されたみたいで、それが「竜の峡谷」というアミュレットを入れたテンポドラゴン?のようなデッキです。

ちなみに「竜の峡谷」とはこのカード。

カウントダウン3で、毎ターンドラゴンを出すっていう効果ですね。

これ結構くせものくせものなんですよ。

「連なる咆哮」の代わりになるカードなんですが、連なる咆哮よりもコストが低く出しやすい点が良い。

代わりに出てくるフォロワーは「突風のドラゴン(疾走持ち)」ではなくノーマルのドラゴンですけどね笑。

カウントダウン3だとしても、毎ターン5/5スタッツのフォロワーが出てくるのは脅威ですよ…。

もしかしたら魔海で一気にOTKを決めに来る危険性もあるので放置もできないですし…。

なかなか手ごわいデッキです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「【シャドウバース】「時空転生」実装2週間目の環境考察!」と題してお送りしてきました。

第7弾環境2週間目は、勢いを落としたデッキもあれば、勢いが凄まじくなっているデッキもあったりで、なかなか楽しかったです。

アンリミテッド環境はわかりませんが、ローテーション環境は個人的に良い具合にまとまっている印象を受けました。

3週間目も頑張っていきましょう!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク