【シャドウバース】第8弾カードパックについて思う事

スポンサードリンク

今回は「【シャドウバース】第8弾カードパックについて思う事」と題しまして、お送りしていきます。

はじめに

本日2018年1月2日。シャドウバース第7弾カードパックが実装されて5日が経ちました。

第7弾では、シャドウバースにおいて重要な変更が成されました。

  1. 新タイプ「ネメシス」の追加
  2. スタン落ちの追加

この2つが、この先のカードパック追加時にも重要視されると思われます。

第8弾でも恐らく上記の2つを重要視したカードの追加がされるのではと思います。

それでは、私の勝手な想像ですが、第8弾を予想していきたいと思います。

第8弾カードパックについて思う事

ネメシスの比率は大きくなると予想

私の個人的な見解ですが、ネメシスはまだ実装されて間もないタイプなのでカードプールが少ないです。カードプールが少ないという事はデッキ構築の幅も狭いという事。デッキ構築の幅を広げるという意味でも、第8弾におけるネメシスが占める割合は大きくなると予想しています。

他のリーダーは第7弾までの蓄積がちゃんとあるので、これまでと同じか、少し少ないぐらいになるのではないでしょうか。

ローテーションを意識したカード性能になるのでは?

第6弾、第7弾カードパックでは、ローテーションを意識した性能を持つカードが収録されました。

例えば、

「ドラゴンナイト・アイラ」⇒「竜剣の少女アイラ」(第7弾)

「ノーヴィスト・ルーパー」⇒「プリンセス・ジュリエット」(第6弾)

です。

ローテーションによってスタン落ちするカードに似た性能を持つカードを新たに作ることで、ローテーションでも酷似した動きをすることができます。

このように、第8弾でもローテーションを意識したカードが出てくるのではないでしょうか。

第8弾が実装されると、スタン落ちするのは第3弾。

第3弾でよく使われているカードをざっと挙げてみるとこんな感じです。

【エルフ】

  • クリスタリア・リリィ
  • 古き森の白狼

【ロイヤル】

  • レヴィオンヴァンガード・ジェノ
  • レヴィオンセイバー・アルベール
  • ファングスレイヤー

【ウィッチ】

  • ドワーフアルケミスト
  • ルーンの貫き
  • 禁忌の研究者
  • 刃の魔術師
  • 次元の魔女・ドロシー

【ドラゴン】

  • サラマンダーブレス
  • 竜の闘気

【ネクロマンサー】

  • よろめく不死者
  • 闇の従者
  • ネクロアサシン
  • 冥府の戦士・カムラ
  • ネフティス

【ヴァンパイア】

  • レヴィオンデューク・ユリウス
  • 群れなす飢餓
  • 吸血貴・ヴァイト

【ビショップ】

  • 神魔裁判所
  • エンシェントレオスピリット

【ニュートラル】

  • 天弓の天使・リリエル
  • 覇食帝・カイザ
  • 御言葉の天使
  • ミニゴブリンメイジ
  • 歴戦の傭兵・フィーナ
  • サハクィエル
  • バハムート

特にニュートラルが痛手ですね。

リリエルやカイザは汎用性の高さに優れていますし、バハムートやサハクィエルは今でも色々なコントロール系デッキに採用されています。

これらのカードが使えなくなるので、恐らくですが似たような効果のカードが補填されるのではないかな…?なんて予想しています。

毎回のことながら、レジェンドスペルの実装は?

さて、毎度毎度新パック予想記事では言っていることですが、レジェンドスペルの実装はどうなるのでしょうか。

私の予想では、第8弾でも実装は無いように思います。

第7弾がシャドウバースにおいて大きな転換期になったので、それに合わせてくるかな?なんて思っていましたが、何事もなく過ぎ去りました。

なので第8弾でもレジェンドスペルの実装は無いように思います。

(あったらごめんね☆)

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「【シャドウバース】第8弾カードパックについて思う事」と題してお送りしてきました。

第7弾も実装し、第8弾までまだまだ時間があります。

ネメシスもなかなか面白いデッキタイプです。第8弾でカードプールが増えるのも楽しみですねー!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク