【シャドウバース・コラム】「星神の伝説」実装11週間目の環境を考察してみる

スポンサードリンク

今回は「【シャドウバース】「星神の伝説」実装11週間目の環境を考察してみる」と題してお送りしていきます。

星神の伝説実装から11週間が経過

本日2017年12月14日、シャドウバース第6弾カードパック「星神の伝説」実装から11週間が経過しました。

今回の記事ではこの11週間目のシャドウバースの環境を考察していきます。

一応前情報として、私の現ランクは「マスターランク」です。

ですので、この記事の環境に当てはまるランクは「AA3~グランドマスター」あたりの方々だと思います。

それではよろしくお願いいたします。

前記事⇒【シャドウバース】「星神の伝説」実装10週間目の環境を考察してみる

星神の伝説11週間の環境考察

アザゼルと昏きを採用したOTKヴァンプが流行?

11週間目初頭で何やら不穏な動きを感じました。

ヴァンプに当たったのですが、一見すると復讐ヴァンプ、コントロールヴァンプっぽい動きをしてくるんですよ。ブラッドムーンを置いたり、ベルフェゴールを置いたり…。

コントロール並みの動きの遅さ、何もしてこなさなので、こっちは油断してしまいます。

しかし油断したが最後、8ターン目に昏きを置いてきます。

やばい!と思ったのもつかの間…次のターンにアザゼルを置かれ、OTK成立…。

そのような怖ろしいデッキが今マスター帯でよく見ます。

基本的に復讐ヴァンプや昆布のような動きなので、警戒が必要です。

恐らくですが、魔海疾走ドラゴンへの対抗策として研究されたデッキのような気がします(外れてたらごめんなさい)。

このOTKへの対抗策はとにかく昏きを破壊できる札を入れるしかありません。または体力高めの守護を2体以上おけるデッキですかね。

とりわけこのデッキに勝ちやすいのがエイラビショップやOTKエルフなどではないでしょうか。

なかなか強いデッキです。


原初ドラゴン復活?

最近魔海疾走ドラゴンか従来のオーソドックスなドラゴンかで別れていましたが、最近また原初を見るようになってきましたね。

とはいっても数はさほど多くありません。全盛期の10分の1以下ですので、流行っているとも思えません。

ですが、なぜかちょくちょく原初を見る機会が増えてきました。

恐らく、後述しますがアグロヴァンプが流行している影響もあるのではないでしょうか。ドラゴンは序盤がどうしても弱くなります。PPが10に近づくにつれ本来の力を出せますが、さすがに4ターン目まではなかなか思うようにいきません。

そこでアグロにも強く出れる原初ドラゴンがまた見直されているのではと思います。

低コスト帯を多く入れているため序盤に強く、終盤はとにかく疾走系で勝ち切るというスタイル。上手くいけば魔海ドラゴンにも勝てるという構築が今の原初ですね。


アグロヴァンプ大流行中!

先ほども名前が出てきましたが、アグロヴァンプがかなり流行していますね。10戦中4~5戦はアグロヴァンプじゃない?ってぐらいアグロアグロしています。たまーに先述のアザゼル昏きOTKを見る感じでしょうか。

カラボスナーフは全く意味ありませんでしたね笑。むしろなぜカラボスがナーフ対象となったのか個人的には不可解極まれりです。

基本的な戦術は従来と変わりません。とにかく早さを求めています。

しかし、最近のアグロにみるのが「緋色の剣士」を採用しているという点でしょうか。

恐らく、従来通りのアグロヴァンプだとどうしても序盤で勝ちきれなかった時に負けてしまいます。

しかし、カラボスを採用することで終盤でも手札切れを起こすことが減りました。そのカラボスへのつなぎカードとして「緋色の剣士」が採用されているのかな~なんて思ってます。

ナーフされたとはいえ、やはり2ダメージ与えて回復必殺持ちは強いんですよ。

早さも求めて安定感も手に入れた欲張りデッキが今のアグロヴァンプではないでしょうか。

疾走ビショップは相変わらず

疾走ビショップは相変わらず多い状況ですね~。

ここ3~4週間、とても良く見ます。

カウントを複数枚のアミュレットで合わせられると返しのターンでかなり困りますよね。バハムートやテミスなどの一斉除去札がないとなかなかキツい盤面が生まれるのも疾走ビショップの強いところです。

最近ではムーンアルミラージを採用している方を多く散見します。やはり疾走を前面におしてアグロっぽく振る舞っているのかな~なんて思ってます。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「「星神の伝説」実装11週間目の環境を考察してみる」と題してお送りしてきました。

あと2週間ほどで最新パックも実装されますし、また新レギュレーションも追加されます。

このまま恐らく環境が変化することは無いと思います…たぶん。

なので残りの第6弾環境、思う存分楽しんでいきましょう!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事



スポンサードリンク