【シャドウバース・コラム】「星神の伝説」実装9週間目の環境を考察してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は「「星神の伝説」実装9週間目の環境を考察してみる」と題してお送りしていきます。

星神の伝説実装から9週間が経過

本日2017年11月30日、シャドウバース第6弾カードパック「星神の伝説」実装から9週間が経過しました。

今回の記事ではこの9週間目のシャドウバースの環境を考察していきます。

一応前情報として、私の現ランクは「マスターランク」です。

ですので、この記事の環境に当てはまるランクは「AA3~グランドマスター」あたりの方々だと思います。

それではよろしくお願いいたします。

前記事⇒「星神の伝説」実装8週間目の環境を考察してみる

星神の伝説9週間の環境考察

ナーフされる影響からか、9週間目終盤は超越が大量発生

さて、9週間目の終盤、ナーフ情報が出てから超越がかなりの数を見せました。

やはり18コストから20コストになるというのは超越使いからするとかなり痛手ですからね…。弔い合戦的な意味合いで超越が一時的に多くなった印象です。

ただ、やはりナーフ以降、その姿はかなり減少しましたね…。


ロイヤルはミッドレンジからまたアグロに

さて、9週間目で私がとても印象深かったのがロイヤルですね。

第6弾環境初期に猛威を振るっていたアグロロイヤルですが、ここにきてまた息を吹き返したかのように旺盛を極めています。

アグロロロイヤルの弱体化以降、ロイヤルといえばミッドレンジ~コントロールが主流になっていました。しかし、どうしても遅いデッキだと超越に勝てないんですよね。しかし、超越以外なら勝てる確率もグンとあがります。そういう意味でコントロール寄りのミッドレンジは流行していました。

…と思っていたら、ここにきてまさかのアグロが主流になってきましたね~。やはり12月末のレギュレーション追加でスタンダード期のカードが使えなくなることも関係しているのでしょうか。私は実態把握が追い付いていません…笑。

ただ超越がナーフされたので、12月以降は結構コントロールやミッドレンジが台頭してくるのではないでしょうかね~。

秘術ウィッチは強すぎる

さて、9週間目以前から超越ウィッチと並んでウィッチを支えていた秘術がここのところ旺盛を極めてます。

やはり幻惑の奇術師が強い。あいつがいるだけで嫌な気持ちになりますよね笑。アルティメットキャロットとは違い、手札に戻らず場に出続けるという点がかなり強いです。土の印さえ切れなければ出続けますから…。

また、オズの大魔女によってなかなか手札切れを起こさない点も強いです。そして望遠鏡…。

一昔前は秘術って環境デッキより少し劣るぐらいの強さでしたが、新カード実装によってますます強くなってますね。特にバーン系カードがボディブローのように後々効いてくるのが…。

「まぁ3点ダメージぐらい余裕だろう」

と思っていたらいつの間にか残り10点とかになってますからね。怖すぎ。


ドラゴンは相変わらず魔海ジェネシスが強い

ドラゴンは結局水竜神の巫女がナーフされたものの、あまり影響はなく…。

9週間目以前から流行していた魔海ジェネシスをよく見ますね。

ドラゴンなのでPPが10になるのとても早いんですよ。上手くいけば5ターン目には10PP になってますから。

10PPから繰り出される魔海ジェネシスの絶望感といったらもう…。そしてジェネシスで攻撃した後のアンリエットやウルズの腹立つ感じ…。

強すぎます。

竜巫女のナーフも、事実上ナーフはしてますけど、ドラゴンデッキにおける影響力はほぼ無いですからね~。

これからも魔海ジェネシスは見るでしょうから、用心しましょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「「星神の伝説」実装9週間目の環境を考察してみる」と題してお送りしてきました。

第6弾環境考察も9記事目を迎えましたね~。なかなか感慨深いです。

第7弾まで残り1か月を切りました。第6弾環境も終盤に差し掛かっています。ぜひ、悔いのないように第6弾環境を楽しんでほしいと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る