【髪の悩み】髪を最短で生やす3つの方法

スポンサードリンク

今回は「髪を最短で生やす3つの方法」と題してお送りしていきます。

はじめに

髪の悩みというのは男女共通であるように思います。

「髪を切りすぎた」

「最近抜け毛がひどい」

「髪が伸びない」

等、髪の悩みは世代の垣根を越えて発生します。

今回はそんな髪の生やし方を3つ、お伝えしていきます。

髪の生やし方その1【朝ご飯を食べる】

 

髪を早く伸ばしたい!髪を生やしたい!と思っている方がいましたら、まずこれをしてみてください。

朝ごはんを食べると血行がよくなります。血行が良くなるということは頭にも血が巡るということになります。

頭に血が巡るということは髪の育成にも役立つ、というわけです。

時間も大切

朝ごはんを摂るのはもちろんなのですが、摂る時間も不規則にならないようにしましょう。

人間には生活リズムというものがあります。生活リズムが乱れるとカラダの調子がわるくなったりします。

生活リズムが乱れると、身体が対応しきれずに、朝食のポテンシャルを存分に活かすことができません。

ですので、毎日決まった時間に朝食を摂るように心がけましょう。

 


髪の生やし方その2【睡眠を十分に】

髪を生やすということにおいて、やはり睡眠は外せません。

「寝る子は育つ」という日本古来から受け継がれている格言がありますが、実は髪も寝ている間に育っています。

睡眠時、人は成長ホルモンを分泌しています。これは髪の成長だけにとどまらず、人間の成長のためにも重要なものなっています。

ですので、よく眠る、ということは、髪の生育にも繋がるのです。

いつ寝るのが良いのか

よく、夜10時から2時までの間に寝るのがいいと言われています。しかし、これは成長ホルモンが多く分泌される時間帯であり、必ずこの時間に寝なくてはいけないわけではありません。

成長ホルモンの分泌時間帯などは個人差がありますので、そこまで不規則かつ遅すぎたりしなければ大丈夫でしょう。

また、成長ホルモンは寝てから3時間程度は分泌されますので、3時間以上は寝ましょう。

よく眠るために

寝付きが悪いとそれだけやはり髪にも影響してきます。

ですので、寝付きをよくするために、以下のことを行ってみてください。

 

  1. 眠る前にスマホやPCなど、ブルーライトを発するものを見ない
  2. ぬるめのお湯にゆっくり浸かる
  3. ホットミルクをのむ

 

良質な睡眠で、髪の毛を生やしましょう。


髪の生やし方その3【頭皮マッサージ】

最後は頭皮マッサージです。これも巷で髪を生やす際はやったほうが良いと言われていますね。

頭皮マッサージをすることで、頭の血流がよくなり、髪に栄養を運びやすくなります。

また、頭皮マッサージを行うことでリラックス効果も期待でき、自律神経を休め、頭皮の緊張による抜け毛も予防しますので、一石二鳥です。

また、育毛トニックも、ただ育毛トニックを頭にかけて終わり、というよりも、頭皮マッサージと併せて行うことで、より育毛効果が期待できるのではないかなと思います。

頭皮マッサージの簡単なやり方

頭皮マッサージは至って簡単です。

  1. まず、左右の手の指を耳の1cmほど上にスタンバイさせます。
  2. そこから、円を描くようにしてグルグルとマッサージしていきます。
  3. この時、強くやりすぎず、自分が気持ちいいと思える範囲でやっていくことが大切です。

以上になります。

これを1日3分から5分ほどやってください。過度にやりすぎますと逆効果になる可能性があります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は髪を生やす方法、として3つ紹介してきました。

まず朝食を食べること

次に睡眠をとること

そして頭皮マッサージをすること

ですね。

以上のことをやっていただければ、早い人で数週間ほどで効果が出るんじゃないかなと思います。

それではここまで見てくださいましてありがとうございました!

PR…男性向け育毛剤GAZON

スポンサードリンク