【名言】デール・カーネギーの名言

スポンサードリンク

概要

デール・カーネギー(1888年~1955年)

デール・ブレッケンリッジ・カーネギー(Dale Breckenridge Carnegie:1922年頃までは「Carnagey」と表記)(1888年11月24日 – 1955年11月1日)は、アメリカの作家で教師にして、自己啓発、セールス、企業トレーニング、スピーチおよび対人スキルに関する各種コースの開発者。ミズーリ州の貧しい農家に生まれ、今日でも支持の高いベストセラー『人を動かす』(1936年)(原題:How to Win Friends and Influence People)の著者として有名である。また、『道は開ける』(1948年)(原題:How to Stop Worrying and Start Living)、『知られざるリンカーン』(原題:Lincoln the Unknown)(1932年)なども著している。 カーネギーの著書では、他者に対する自己の行動を変えることにより、他者の行動を変えることができる、という考えが柱のひとつとなっている。(wikipediaより引用:デール・カーネギー


デール・カーネギーの名言


【与える】

「人生はブーメランだ。人に与えたモノは手元に返ってくる。」

デール・カーネギー


【素晴らしい世界】

「この世は興味あるもので満ち満ちている。こんな素晴らしい世界で、だらだらと人生を送るのはもったいないことだ。」

デール・カーネギー


【人を動かすには】

「人を熱心に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱心に聞かせなければならない。」

デール・カーネギー


【友の得方】

「友を得るには、相手の関心を引こうとするよりも、相手に純粋な関心を寄せることだ。」

デール・カーネギー


【素晴らしい勇気】

「大抵の者は、自分でも思いがけないほど素晴らしい勇気を持っている。」

デール・カーネギー


【短所と長所】

「他人の短所を見れば憂鬱になり、他人の長所を見れば人生が明るくなる。」

デール・カーネギー


 

スポンサードリンク