【名言】フリードリヒ・ニーチェの名言

スポンサードリンク

概要

フリードリヒ・ニーチェ(1844年~1900年)

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者、古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、哲学教授職を希望しつつも、バーゼル大学古典文献学教授となり、辞職した後は在野の哲学者として一生を過ごした。随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による試みには、文学的価値も認められる。(wikipediaより引用:フリードリヒ・ニーチェ


フリードリヒ・ニーチェの名言


【夫婦関係】

「どちらも相手を通して、自分個人の目標を何か達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。例えば妻が夫によって有名になろうとし、夫が妻を通して愛されようとするような場合である。」

フリードリヒ・ニーチェ


【種】

「樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ。」

フリードリヒ・ニーチェ


【怪物】

「怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。長い間、深淵を覗き込んでいると、深淵もまた、君を覗き込む。」

フリードリヒ・ニーチェ


【誇り】

「汝の敵には軽蔑すべき敵を選ぶな。汝の敵について誇りを感じなければならない。」

フリードリヒ・ニーチェ


【解釈】

「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」

フリードリヒ・ニーチェ


 

スポンサードリンク