【名言】稲盛和夫の名言

スポンサードリンク

概要

稲盛和夫(1932年~)

稲盛 和夫(いなもり かずお、1932年(昭和7年)1月21日- )は、日本の実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。公益財団法人稲盛財団理事長。日本航空名誉会長。(wikipediaより引用:稲盛和夫


稲盛和夫の名言


【ドラマ】

「人生というドラマにおいては、自分を主役にして脚本を書いた人と、目的意識もなく惰性で生きた人とでは、大変な違いができるのです。」

稲盛和夫


【人生】

「今のこの一秒の集積が一日となり、その一日の積み重ねが一週間、一か月、一年となって、気が付いたら、あれほど高く手の届かないように見えた山頂に立っていたというのが、私たちの人生の在り様なのです。」

稲盛和夫


【思う】

「人生は心に描いたとおりになる。事を成そうと思ったら、まずこうありたい、こうあるべきだと思うこと。」

稲盛和夫


【プロセス】

「人生というものを一言でいえば、心を高めるプロセスである。」

稲盛和夫


【最も楽しいこと】

「短い人生の中で、最も楽しいことは、自分の心の波長と合う人との出会いです。」

稲盛和夫


 

スポンサードリンク