【名言】松下幸之助の名言

スポンサードリンク

概要

松下幸之助(1894年~1989年)

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 – 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家、発明家、著述家。
パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である。異名は経営の神様。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。(wikipediaより引用:松下幸之助


松下幸之助の名言


【危険なこと】

「いくつになっても分からないのが人生というものである。分からない人生を、分かったようなつもりで歩むほど危険なことはない。」

松下幸之助


【誰の為】

「世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。」

松下幸之助


【心構え】

「一度転んで気が付かなければ、七度転んでも同じこと。一度で気の付く人間になりたい。そのためには「転んでもただ起きぬ」心構えが大切。」

松下幸之助


 

スポンサードリンク