【名言】マハトマ・ガンディーの名言

スポンサードリンク

概要

マハトマ・ガンディー(1869年~1948年)

モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(グジャラーティー文字表記:મોહનદાસ કરમચંદ ગાંધી、デーヴァナーガリー文字表記: मोहनदास करमचन्द गांधी、ラテン文字表記:Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日 – 1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者。
マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマー(महात्मा)」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされているガンディーの尊称である(自治連盟の創設者、アニー・ベザントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(बापू:「父親」の意味)とも呼ばれている。日本語では「ガンジー」とも表記される。
1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない[3]。ガンディーの誕生日にちなみ、インドで毎年10月2日は「ガンディー記念日」(गांधी जयंती、ガーンディー・ジャヤンティー)という国民の休日となっており、2007年6月の国連総会では、この日を国際非暴力デーという国際デーとすることが決議された。(wikipediaより引用:マハトマ・ガンディー


マハトマ・ガンディーの名言


【速度】

「速度を上げるばかりが、人生ではない。」

マハトマ・ガンディー


【最高の道徳】

「最高の道徳とは、不断に他人への奉仕、人類への愛のために働く事である。」

マハトマ・ガンディー


【固い】

「固く握りしめた拳とは手を繋げない。」

マハトマ・ガンディー


【大海】

「人間性に対する信頼を失ってはならない。人間性とは大海である。仮に大海の一滴が汚れていたとしても、大海そのものが汚くなるわけではない。」

マハトマ・ガンディー


 

スポンサードリンク