【名言】岡本太郎の名言

スポンサードリンク

概要

岡本太郎(1911年~1996年)

岡本 太郎(おかもと たろう、1911年(明治44年)2月26日 – 1996年(平成8年)1月7日)は、日本の芸術家。血液型はO型。 1930年(昭和5年)から1940年(昭和15年)までフランスで過ごす。抽象美術運動やシュルレアリスム運動とも交流(ただし合流はしていない)した。第二次世界大戦後、日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文土器論や沖縄文化論を発表するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアにも1950年代から積極的に出演した。(wikipediaより引用:岡本太郎


岡本太郎の名言


【運命の出会い】

「たとえ別れていても、相手が死んでしまっても、この人こそ自分の探し求めていた人だ、と強く感じ取っている相手がいれば、それが運命の出会いだ。」

岡本太郎


【世界観】

「男性だけの世界観は本当のものじゃない。女性だけの世界観も本当のものとは言えない。この男と女の世界観がぶつかり合って、そこで初めて本当の世界観が生まれるんだ。」

岡本太郎


【行動】

「口説く必要なんかないんだ。目と目が合えばいい。あとは行動あるのみさ。」

岡本太郎


【岐路】

「人生の岐路に立った時、いつも困難な方の道を選んで歩いてきた。」

岡本太郎


【他人】

「人生は、他人を負かそうなんてけち臭い卑小なものじゃない。」

岡本太郎


 

スポンサードリンク