【名言】瀬戸内寂聴の名言

スポンサードリンク

概要

瀬戸内寂聴(1922年~)

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年(大正11年)5月15日 – )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。
僧位は大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまでの著作により多くの文学賞を受賞した。(wikipediaより引用:瀬戸内寂聴


瀬戸内寂聴の名言


【孤独】

「自分が孤独だと感じたことのない人は、人を愛せない。」

瀬戸内寂聴


【人間】

「人間は万能の神でも仏でもないのですから、人を完全に理解することもできないし、良かれと思ったことで人を傷つけることもあります。そういう繰り返しの中で、人は何かに許されて生きているのです。」

瀬戸内寂聴


【因果応報】

「私たちの生きているこの世で起きることにはすべて原因がある、これが「因」です。起こった結果が「果」です。因果応報というように、必ず結果は来るのです。」

瀬戸内寂聴


【歳月】

「どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では「日にち薬」と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。」

瀬戸内寂聴


【心の風通し】

「心の風通しを良くしておきましょう。誰にも悩みを聞いてもらえずうつむいていると病気になります。信頼できる人に相談して、心をスッとさせましょう。」

瀬戸内寂聴


【憎しみ】

「人に憎しみを持たないようにすると、必ずキレイになりますよ。やさしい心と奉仕の精神が美しさと若さを保つ何よりの化粧品なのです。」

瀬戸内寂聴


 

スポンサードリンク