【名言】ウィリアム・シェイクスピアの名言

スポンサードリンク

概要

ウィリアム・シェイクスピア(1564年~1616年)

ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) – 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼ののこした膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。
出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。「ヴィーナスとアドーニス」のような物語詩もあり、特に「ソネット集」は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。(wikipediaより引用:ウィリアム・シェイクスピア


ウィリアム・シェイクスピアの名言


【逆境】

「逆境が与える教訓以上に麗しいものなどない。」

ウィリアム・シェイクスピア


【航海】

「人生は不安定な航海である。」

ウィリアム・シェイクスピア


【糸】

「我々の人生は織り糸で織られているが、良い糸も悪い糸も混じっているんだ。」

ウィリアム・シェイクスピア


【愚かさ】

「友情は多くは見せかけであり、恋は多くの愚かさにすぎない。」

ウィリアム・シェイクスピア


【志】

「成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によって捨ててはならぬ。」

ウィリアム・シェイクスピア


【愉快】

「人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。」

ウィリアム・シェイクスピア


【最悪の状態】

「今が最悪の状態、と言える間は、まだ最悪の状態ではない。」

ウィリアム・シェイクスピア


【影法師】

「人生はただ歩き回る影法師、哀れな役者だ。出場の時だけ舞台の上で、見栄を切ったりわめいたり、そしてあとは消えてなくなる。」

ウィリアム・シェイクスピア


【早い】

「人より早く成功する奴は、ダメになるのも早い。」

ウィリアム・シェイクスピア


【真摯な沈黙】

「言葉が役に立たないときには、純粋に真摯な沈黙がしばしば人を説得する。」

ウィリアム・シェイクスピア


【心】

「恋は目で見ず、心でみるのだ。」

ウィリアム・シェイクスピア


 

スポンサードリンク