【名言】坂本龍馬の名言

スポンサードリンク

概要

坂本龍馬(1836年~1867年)

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日〈新暦・1836年1月3日〉 – 慶応3年11月15日〈新暦・1867年12月10日〉)は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。
諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬[注 1]。 他に才谷 梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。
土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えるなど、重要な働きをした。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。(wikipediaより引用:坂本龍馬


坂本龍馬の名言


【自分しか知らない】

「世の中の人は何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。」

坂本龍馬


【功をなす】

「事は十中八九まで自らこれを行い、残り1,2を他に譲りて功をなさむべし。」

坂本龍馬


【道の数】

「人の世に道は1つということはない。道は百も千も万もある。」

坂本龍馬


【義理】

「義理などは夢にも思ふことなかれ。身をしばらるるものなり。」

坂本龍馬


【既成概念】

「世の既成概念を破るというのが、真の仕事である。」

坂本龍馬


【長いもの】

「わしは長いものに巻かれるような生き方はしとうないき!」

坂本龍馬


 

スポンサードリンク