【悩み・人との付き合い方】人間関係で悩んでいたらニーチェを読むべき3つの理由

スポンサードリンク

今回は「人間関係で悩んでいたらニーチェを読むべき3つの理由」と題してお送りしていきます。

ニーチェとは

 

ニーチェはドイツの哲学者、古典文献学者です。

もともと古典文献学を専攻していましたが、後に哲学書を著述。晩年は精神的におかしくなってしまい、不運な最期を遂げます。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者、古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、哲学教授職を希望しつつも、バーゼル大学古典文献学教授となり、辞職した後は在野の哲学者として一生を過ごした。随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による試みには、文学的価値も認められる。(wikipediaより引用:フリードリヒ・ニーチェ

ニーチェと言えば「神は死んだ」という言葉が有名ですよね。神は死んだという言葉には、ニヒリズム批判の精神が含まれています。

ニヒリズムとは虚無主義のこと。「生きること、全てのモノに価値はない」という考え方です。

しかし、ニーチェはそのニヒリズムを批判しました。生きることは辛いことなんだと説いたのです。


人間関係に疲れた人がニーチェを読むべき理由


その1:人間を超越せよ(超人)

ニーチェは、ニーチェ著書本の中で最も有名であると思われる「ツァラトゥストラはかく語り(ツァラトゥストラはこう語った)」という本の中で、超人思想というものを説きました。ツァラトゥストラとは人の名前です。この人が主人公で、恐らくニーチェの分身だと思われます。このツァラトゥストラが、民衆や高貴な者、最も醜い人間などと話を繰り広げていくというスタイルの本です。

超人とはどういうものかというと、一般的にいう「スーパーマン」ではなく、「常に新しいものを創造でき、ニヒリズムを克服できた者」となります。

常に新しいものってどういうこと?とお思いの方に説明します。

まず、ツァラトゥストラは超人こそが人間の目指すべき存在だ!と言います。

超人になるには精神に3つの変化を起こし、その3つ目が超人となる、と言います。

1つ目はラクダです。ラクダは重荷を背負ってますね。これは今の伝統的慣習や既存の物の考え方を表しているとされています。まずはこれらを捨て去らなければいけません。

2つ目は獅子です。ラクダの時にすべてを捨て去ったので、そこに残るのは虚無(ニヒリズム)だけになりました。獅子はこのニヒリズムを受け入れ、肯定していかなければなりません。

3つ目は子どもです。この子どもこそが超人なのです。子どもはまだ何の既存の慣習や考え方に染まっていない、全く無垢な存在です。この状態でこそ、新たな価値を生産し続けられるとニーチェは説いたのです。

しかし、新たなものを生み出し続けるということはかなり苦行なのです。しかし、ニーチェは、「生の本質は苦しいこと」と説きました。生きるということはそもそも辛いことだよ、と言ったのです。既存の物に依存するのではなく、自分で道を切り開いていこうということなのです。

人間関係に悩んだらまずはこの超人思想を思い出してください。苦しいことを受け入れさえすれば、その先に見えるものが必ずあるはずです。



その2:民衆を畜群と呼んだ

ニーチェはツァラトゥストラ内で、民衆を畜群と呼んだのです。

彼らはツァラトゥストラがせっかく超人思想を説いたというのに、自分たちをまるで馬鹿にされたかのように「笑いながら」怒ったからです。また、彼らはお互いにお互いのことを傷つけるようなことはせず、円満に暮らしています。そこから少しでも抜きんでたり(出る杭というやつ)、また少しでも普通じゃないことをすると、彼らの仲間から外されてしまいます。

昨今の日本社会では特にこの風潮は多いと思います。

「普通でなければいけない」

「普通じゃないと仲間に入れない」

「みんなで仲良く」という言葉がどこか悪い方向に進んでしまっているんだと私は考察しています。

よくありがちなのが、一生懸命努力した人が何か結果を残した場合に、「ずるい」という人がいますね。

みんなが平均的にしている中、一人だけ人一倍練習なり努力をしたことに「すごい」ではなく「ずるい」と言ってしまうんです。これはまさに先ほども述べた「普通でなければいけない」という考え方が、頑張った人に対しても「普通でいろ!」という強要に陥ってしまっているのです。

普通である必要はありません。人より優れていようが、劣っていようが、かっこよかろうがかっこ悪かろうが、そこに普通はありません。

ニーチェは強者と弱者という言葉を使い、強者(努力した者)は弱者(出る杭を打つ大勢)に攻撃されるが、強者はそれに耐えてこそだ、という解釈ができる思想を説きました。

ですので、人間関係で悩んでいたり、もし学校などであればいじめなどに悩んでいる方がいれば、まずはニーチェを読んでみましょう。畜群をあざ笑ってやればいいんです。



その3:同情を批判したニーチェ

ニーチェは同情を批判的に扱っています。

同情する者は、困っている人には手を差し伸べるが、嬉々としている者と一緒にその嬉しさを一緒に喜びあうことはしない、というような旨のことを書いています。

その同情する者こそ先ほどもでてきた「畜群」となるわけですね。

同情する者は「同情する事」に道徳的な心を持っているため、同情することが目的なのではなく、同情することで自分は良いことをしたと感じることが目的なのです。

また、同情する人の心には「自分がまだ経験していない苦しみを経験している人はどんな心境なんだろう」という面白いもの見たさで近寄ってくるのです。

ニーチェはこのように、同情をすることに快感を覚えている人を批判しています。

例外的に批判していい場合

しかし、ニーチェは例外的に批判していい場合もあると言っているのです。

それは、「同情する側が、同情するという行為に「恥ずかしさ」を伴っている場合にのみ、同情してもいい」と言っています。

同情は同情を施した者に恥辱を覚えさせます。

例えば、もしあなたがイジメられていて、いきなり見て見ぬふりをしていた同級生から、

「大丈夫だった!?辛いよね…」

と声を掛けられた場合を想像してみてください。恥ずかしいと思いませんか?なんだか自分が憐れに思えてきませんか?

そうなんです。同情は人を辱めてしまいます。ですのでニーチェは、「同情をするときに同情する側が恥ずかしさを覚えていれば」と言ったのです。

具体的に言えば、イジメられている同級生に素っ気なく相談にのるような形が一番いいのです。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニーチェは少々過激なところもありますので、なかなか丸みを帯びた言葉に言い換えるのが大変でした。

しかし、今回のこの記事が、今人間関係で悩んでいる方のためになればいいなと思っております。

また、今回この記事でニーチェに興味を持ち、「ニーチェの本読んでみたい!」となった方がおりましたら、まずは学術文庫の原本ではなく、解説書から読むのをお勧めします。ニーチェの原本は比喩的表現がかなり多く、初めての方がそのまま読んではさっぱり意味がわからないと思います。

ですので、私が今まで読んできたニーチェ本を、皆様が手に取りやすいように「初級」「中級」「上級」と分けて載せておきますので、気になった方がいらっしゃればまずは初級から読んでみてほしいと思います。

<初級>

NHK「100分de名著」ブックス ニーチェ ツァラトゥストラ

NHKの100de名著ブックスです。NHKのあの番組が元になっているので、初心者の方でもわかりやすく、ツァラトゥストラの言いたいことがわかると思います。

善人ほど悪い奴はいない ニーチェの人間学 (角川oneテーマ21)

こちらは中島義道さんという、哲学界では有名な方の著書です。この本はニーチェの本(ニーチェ以外にも少々カント等)から抽出した様々な「善人批判」を元に書かれています。この本には、この記事でも書いた畜群(民衆)や同情などの問題も書かれており、もし人間関係で悩んでいる方がいらっしゃれば、こちらの本もおすすめです。結構勇気が湧いてくる本です。また軽快かつ毒のある文が読んでて飽きさせないです。この本の紹介記事はこちら

<中級>

ニーチェ入門 (ちくま新書)

こちらの本はニーチェ入門という題名ですが、中身は「ニーチェ入門」とは言いながらも、ニーチェの哲学論や人生などを詳細に書いており、学術的にかなりタメになる本です。しかし、これを初めに読んでしまうと、哲学に耐性のない方ですと「なにこれ!つまんない!」となってしまう恐れがあり、それはもったいないなと思ったので中級にしました。まず初級でニーチェに興味を持っていただき、その後にこちらの本を読んでくださればかなりニーチェについての知識が深まると思います。

<上級>

ニーチェ全集〈9〉ツァラトゥストラ 上 (ちくま学芸文庫)

ニーチェ全集〈10〉ツァラトゥストラ 下 (ちくま学芸文庫)

上級はツァラトゥストラ上下ですね。ツァラトゥストラは恐らくニーチェ原本の中でも読みやすい部類ですので、初級中級と読まれてきた方にはぜひ読んでいただきたい本です。

かなり読みごたえもあり、物語形式ですので通勤や通学にも持って来いだと思います。

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

おすすめ記事

【永久保存版】ニーチェを勉強するなら読んでおきたい本まとめ



スポンサードリンク