【恋愛・女性向け】男性の本音を知れる3つの行動とは!?

今回は「男性の本音を知れる3つの行動とは!?」と題してお送りしていきます。

はじめに

「男性の心理は分かりやすい!」というのが女性の中での一般常識だと思われますが、実は男性の心理というのも意外と複雑に絡み合っているのです。

男は直線で女は曲線…というような心理状態はもう古い認識といえるでしょう。男も昨今では草食系男子などが爆発的に増え、それに追随するかのように○○系男子という名称が生まれています。

よって、一昔前のように「男はこうである」といったような直線的感覚ではなく、多様性をもった感覚の男性が増えたことで、より心理的側面の複雑さが窺える昨今ではないでしょうか。

よって、男性の本音一つ見抜くにしても、正確な情報を持たないことには始まりません。

今回はそんな男性の本音がうかがい知れる三つの行動を紹介していきます。


男性の本音を知れる3つの行動とは!?

その1:話してる最中などに手を組みがち

話してる最中やデート中、ご飯を食べてる最中など、何かと手を組んでいる男性は「不安や悩みを抱えている場合」がある傾向にあります。

手を組むという行為に付随して親指を隠すようなしぐさをしているようでしたら、自信喪失気味です。

もしかすると学校や仕事の悩み、または今あなたと面と向かって食事をしたりデートをしたりしていることに対して緊張気味だったり、「嫌われないかどうか」という不安を持っているという表れでもあります。

もし、男性にこのような傾向がみられましたら、大らかな気持ちで、失敗を受け入れるような態度を示してあげると、男性はリラックスして本来の自分を取り戻すことができるでしょう。

よりデートも楽しくなること請け合いですよ。


その2:平行ではない肩

「平行ではない肩ってどういうこと?男性の本音と何か関係があるの?」

と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、実は大いに関係があります。

アメリカの心理学者の実験で、男子学生に「好きな人を思い浮かべてみてほしい」と言ったところ、多くが左右どちらかの肩が下がる、という結果に至ったそう。

逆を言えば特に何もない、何の感情も抱いていない場合、肩は平行を保つということになり、あなたと一緒にいる際に意中の男性の肩が下がっているか否かであなたへの好意を察することが可能になるわけです。

もし、あなたと一緒に歩いている男性の肩が左右どちらかに下がっていれば脈ありである可能性大。

逆に平行を保っていたら残念ながら脈無し…、と言った感じです。

男性の本音はこのような体の一部分に素直に出てくることが多いようです。


その3:店員さんへの態度の悪さは…

店員さんへの態度が大きかったり、横柄な態度をとる男性は「自分を大きく見せたい」という態度の表れである傾向が強いようです。

自分を大きく見せるというのは自己顕示欲の表れとも言えます。自分を大きく見せることで、自分の存在をアピールし、「自分はこれだけ強いぞ!」という力誇示にもなるのです。

また、店員さんに横柄な態度を取るということは「自分の弱さ誇示」にもつながります。「自分は強い」というイメージを女性に植え付けたいようですが、実は「自分は弱いよ」と暗に言っているのです。

店員さんはお客に比べれば立場的に弱いのは明白です。その弱い立場の店員さんに強さをアピールするというのは弱い人間以外の何物でもありません。

店員さんだからこそ、逆に普通に接することができる人。そういう人こそ真に強い人だと私は思います。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「男性の本音を知れる3つの行動とは!?」と題してお送りしてきました。

男性の心理を把握するうえで重要なのはやはり「情報」だと私は思っています。

ですので、いかに男性の情報を多く得ることができるかで、恋愛を有利に進められるかが決まってくることでしょう。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク