【悩み】吃音症ってどんな病気?治療法は何があるの?

スポンサードリンク

今回は「吃音症ってどんな病気?」と題してお送りしていきます。

吃音症って何?

吃音症の基本情報

吃音症とはwikipediaには次のようにあります。

吃音症(きつおんしょう、英: stammering symptom)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す。WHO(世界保健機関)の疾病分類「ICD-10」では、「会話の流暢性とリズムの障害」、「吃音症」に分類され、米国精神医学会の2013年発表DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル)では「Childhood‒Onset Fluency Disorder (Stuttering) 小児期発症流暢症/小児期発症流暢障害(吃音)」と表現されている。日本国内においては「どもり」、「吃音」とも言われているが、特に近年「どもり」は差別用語や放送禁止用語とみなされており、公の場で使われなくなってきている。 吃音の原因には、児童の発達性のものと、後天的なもの(たとえば頭部外傷)が挙げられる。発達性の吃音は、2歳で発生することが多く、成人では0.8〜1.2%、学齢期の子供で約1.2%、5歳までの子供では約5%が吃音者であるといわれ、その4分の3のケースは治療の有無にかかわらず時間と共に解決する。子供の頃は本人が気づいていない場合も多い。吃音の程度やどもりやすい言葉や場面には個人差がある。緊張していたり朗読や電話の応対をしたりする、「あいさつ」などの日常よく使う言葉など、どもりやすい傾向があるとされる。(wikipediaより引用:吃音症

吃音症とはつまり「どもってしまう」こと。それが慢性的に起こる状態のことを言います。

普通ならば、例えば本読みでちょっとどもってしまうことはあります。しかし、吃音症ですとそれが慢性的に起こってしまい、吃音症であることを恥じてしまい、悪化してしまうのです。

また、吃音症には主に3つの種類があると言われています。

それが連発型、伸発型、難発型、の3つです。

連発型…「あ、ああ、ああ、ありがとうございます」といったように、連続して発声してしまう症状

伸発型…「あーーりがとうございます」といったように、言葉の初めを伸ばしてしまう症状

難発型…「………ありがとうございます」といったように、言葉の初めが出てこなく、沈黙状態から言葉を発する症状

事実、この3つがあると言われていますが、最終的には「難発型」になることが多いと私は推察しています。

吃音症になってしまう原因

吃音症になってしまう原因は様々です。

  • 厳しい躾
  • いじめによるもの
  • 生まれつき寂しがり屋だったり、緊張しやすい体質
  • 利き手の矯正(左利きなのを無理やり右利きに変える等)
  • 遺伝

などなど、これらはほんの一部分です。また、吃音症を発症してしまう年齢は3歳前後が多いとされていますが、中学生になってから発症する人もいれば、大人になってから発症してしまう人もいるようです。中学生などで発症してしまう原因の一つに、吃音者の真似をしていて自らも吃音症になってしまう、というものがあります。


吃音症を治療する明確な治療法は今のところない

残念ながら、2017年現在、吃音症を治療する明確な答えはありません。

ただ、吃音症は心理的要因が強い傾向にありますので、自分に自信をつけ、吃音を肯定していくことで治る可能性はあります。

吃音症治療はとにかく「吃音を意識しない」

吃音症治療において最も大切なことは、「吃音を意識しないこと」にあると私は考察しています。吃音者は「どもること」を「はずかしいこと」だと認識してしまいます。

「普通の人ができることを私はできない、ゆえに恥ずかしい」と感じてしまうのです。

そうではなく、「どもってもいい」、「どもることは恥ずかしくない」、「どもることを笑う人の方が人として恥ずかしい」、そういった感覚でいることが大切です。

人間は誰しもどもります。吃音者はどもる回数が人より多いだけなのです。たったそれだけ。

だから、あまり気にせず、「どもるぞーい笑」ぐらいの感覚でいましょう。

参考記事

不安な時にやってはいけないこと3つ

不安をすぐに消す効果的なたった一つの方法とは?

社会不安障害とその対策

吃音症の効果的な治し方

吃音症を本気で治したいなら「MRM」がおすすめ

吃音症を本気で治したい!吃音症から解放されたい!という方には「【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム」がおすすめです。

巷で有名ですのでご存知の方もいらっしゃると思います。

かくいう私も吃音者でして、こちらの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを購入しました。

これまで行っていた吃音治療とは全く異なる治療法ですので、かなりおすすめです。後日レビュー記事を書こうと思っております。

購入はこちら⇒【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

吃音症は外見ではわからない疾病ですので、不安との闘いに陥りやすいのです。

もし、この記事を見てくださっている方の身内に吃音症の方がいらっしゃれば、気にしてないよ、きにしなくていいんだよ、という態度で、吃音者の方と接していただければ幸いです。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク