【人間関係】ニーチェの貴族道徳と奴隷道徳から現代を学ぶ

スポンサードリンク

今回は「ニーチェの貴族道徳と奴隷道徳から現代を学ぶ」と題してお送りしていきます。

はじめに

ニーチェについて

私は毎回ニーチェの記事を執筆する際、必ずニーチェの情報をwikipediaより引用してくるのですが、今回もその例に漏れず引用させていただきます。
ニーチェはドイツの哲学者、古典文献学者です。

もともと古典文献学を専攻していましたが、後に哲学書を著述。晩年は精神的におかしくなってしまい、不運な最期を遂げます。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者、古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、哲学教授職を希望しつつも、バーゼル大学古典文献学教授となり、辞職した後は在野の哲学者として一生を過ごした。随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による試みには、文学的価値も認められる。(wikipediaより引用:フリードリヒ・ニーチェ

ニーチェはキリスト教を批判していたのは有名ですね。それゆえに「ツァラトゥストラはかく語りき」にて「神は死んだ」という有名な言葉を残しました。

「神は死んだ」の具体的な意味については、恐らく超人思想や永遠回帰といった思想が「神は死んだ」の後に来ると思われます。神は死んだから超人にならなければいけない。神は死んだからニヒリズムを克服し、永遠回帰を受け入れなければならないといった感じで(この詳細はこちらの記事をどうぞ⇒人間関係で悩んでいたらニーチェを読むべき3つの理由)。

「善人ほど悪い奴はいない」紹介記事はこちら

ニーチェは道徳を批判した

ニーチェはまた道徳を批判しました。というのも現代社会における道徳ではなく、「キリスト教道徳」と呼ばれている道徳、別名「奴隷道徳」です。

さきほど「現代社会における道徳ではない」と述べましたが、この奴隷道徳は現代日本の様相をも予言しているかのような様を見せているので、ニーチェの洞察力の鋭さを実感できます。

ニーチェが奨励した道徳

奴隷道徳とは相反する道徳をニーチェは推しました。それこそ「貴族道徳」という道徳です。

これは後々詳しく見ていきますが、奴隷道徳とはまさに相反する内容です。

道徳への観念が覆ったような感覚を私は覚えたので、ぜひこの記事を見てくださってる皆様にもこの感覚を知ってもらいたいなと思います。


ニーチェの貴族道徳と奴隷道徳から現代を学ぶ

奴隷道徳ってなに?

奴隷道徳とは、その名の通り奴隷的な道徳です。ニーチェによれば別名キリスト教道徳であり、ニーチェが非難した道徳です。

弱いものこそ正義であり、その逆に強いものが悪である、という道徳。弱者の対極に強者を置くことで、ルサンチマン(怨恨)により、弱者の存在を保つというものです。皆が平等であることを望みます。

弱者は、「強者は自分勝手に振る舞う。周囲のことを何も考えない!ゆえに悪だ!」というのを言い分に、奴隷道徳を発動させるのです。

そもそもキリスト教の教えが「弱者こそが救われる」というものなのです。弱い者、無知な者こそ救われる=正義となります。

 

貴族道徳ってなに?

貴族道徳は別名「君主道徳」と呼ばれている道徳です。強いものこそが正義である!という道徳で、ニーチェは奴隷道徳の対極に位置する貴族道徳を持ち出し、奴隷道徳を批判しました。

基本的に貴族道徳は強いこと=善となり、その基準は他人ではなく自らの感情、欲求に委ねられるところがあります。ゆえに自分にとってそれが有益なのか、害悪なのかで価値判断されます。

「自分は強くなりたい。強さをもてば自分が思うように行動ができる。ゆえに自分が思うように行動できない、自分を弱くする物事は悪である」

という考え方になります。


奴隷道徳に支配された日本

※ここから先は私の持論になりますので、受け取り方は多種多様です。ご容赦ください。

つい数年前、「KY」という言葉が流行しました。「空気読めない」という言葉の頭文字を取り、「KY」です。そして自己チューという言葉もありますね。「自己中心的」という意味です。

これらはどちらかというと利他的な意味合いが強いと私は推察します。「皆と一緒にいるのにKY発言」、「みんなのこと考えずに自己チューな行動ばっかりとる」。

他者優先というのはもちろん場合によっては良いことです。自分を犠牲にして他人を助けるというのは正義にあふれる行動ですし、賛美の対象にされるでしょう。しかし、当たり前になった社会はどんなに息苦しいことでしょう。自分がやりたいことも許されず、自分のために行動することに制限がかけられます。

昨今の日本の風潮はこの利他的かつ奴隷道徳を強要しているように私は考察します。

知り合いの話

私の知り合いからこんな話を聞いたことがあります。

中学生のころ、自分(A)にちょっかいを出してくる人(B)がいたから、面と向かって「お前のこと嫌いだから話しかけてくるな」と言った。Bはそれ以降ちょっかいは出して来なくなったが、普通に話しかけてくるようになった。でも、こっちとしてはBのこと大嫌いだから無視してたら、先生に呼び出された。

すると先生に「Bが「Aに無視される」って言うんだけど、そうなの?」と言われたので「はい、大嫌いなので」と言った。すると先生は「Bの気持ちも考えて仲良くしてあげて」と言った。自分は「嫌です」って言った。

という話です。

先生も先生という立場上、生徒間での問題には対処しなくてはならないので、みんなに仲良くしてほしいのはわかりますよね。

この話の場合、どちらが悪いという話ではなく、Bは奴隷道徳、Aは貴族道徳というところに焦点を置きます。

Bは自分を無視するAを悪だと感じたので先生に報告しました。

AはBにちょっかいを出され、Bのことが大嫌いになったので無視していました。

しかし、先生は「Bの気持ちを考えてあげて」とAを諭しました。

諭されたAは、自分の気持ちを優先しました。

この話から感じたこと

この話を聞いた時に感じたのは、やはり弱者(この場合のB)は有利な立ち位置にいるんだなということ。そして自分の気持ちを貫き通したAは疎まれやすい存在だという事。

このように私が感じてしまうのも、奴隷道徳に支配され、利他的であることが善であると教えられてきた所以なのかもしれません。

この傾向は昨今の日本において顕著に表れています。

「みんな」が普通にできることをできない人はバカにされ、「みんな」が普通にできることを普通以上にできる人は妬ましく思われるのです。彼らの中では「みんな」こそが絶対的正義であり、平等(差別的な意味ではない)こそが善なのです。

また、「みんな」という場合のほとんどは大概民意を盾にした自己正当にあたります。

例えば、人身事故で列車が大幅に遅れました。すると「みんなに迷惑かけるんじゃねえよ!」という声が必ずあがります。大概その人は駅のホームで列車を待っている人です。家でのんびりしている人がニュースで「現在列車が遅延しています」と言っていたとしても「みんなに迷惑かけんじゃねえよ!」というでしょうか?言わないですよね。

「みんな」という民意を後ろ盾に、自分がその人身事故のせいで会社なり学校に遅れることに対し不満を言っているのです。大概「みんなに迷惑かけるな!」といいます。「俺に(私に)迷惑かけるな!」と言っている人を見たことがありません。

「俺に(私に)迷惑かけるな!」と言ったら自己中心的だと思われるからです。民意がそう言っていることにすれば、それは利他的主張になります。


自分を出せない

自分を出せないのが奴隷道徳です。

学校では自分の主張を言うと疎まれ、迷惑をかける人は自己チュー扱い。

会社では残業は当たり前。定時に帰ろうとすると自己チュー扱い。みんなで足先を揃えたい。

少しでも自我を出そうとすると先ほどの民意を後ろ盾に非難されます。これでは自分の主張さえ言えず、かなり息苦しい社会が形成されてしまいます。いや、すでに形成されているのかもしれません。

自分を出せないと、その共同体に依存せざるを得なくなります。これでは貴族道徳のように互いに切磋琢磨し、高見を目指し、相対的に周囲のレベルも上がる、ということができなくなってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ニーチェの貴族道徳と奴隷道徳から現代を学ぶ」と題してお送りしてきました。

なかなか賛否の分かれそうな記事になってしまいましたが、賛否が分かれるということはそれだけ色々な人がいることが知れる良い機会です。

この記事を読んで、少しでも「自分を出したい」と思っている人に勇気を与えられたらなと思っております。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

おすすめ記事

【永久保存版】ニーチェを勉強するなら読んでおきたい本まとめ



スポンサードリンク