【悩み】大学2年でやっておくべき3つのこと

スポンサードリンク

今回は「大学2年でやっておくべき3つのこと」と題してお送りしていきます。

前回の「大学1年でやっておくべき3つのこと」はこちらからどうぞ⇒大学1年でやっておくべき3つのこと

はじめに

大学2年時は大学生活の最高潮

大学入学から1年たった大学2年生は、私が考えうるに恐らく大学生活で最も楽しい時期だと思います。

やはり大学入学当初は周囲との関係構築、はたまた実家や地元を離れての大学生活を送っている方なら近所の様子を窺ったりなど、なかなか大変な時期だと思います。履修なども含めて。

しかしながら、大学2年生は履修にも慣れ、周囲との関係もそれなりに構築し、徐々にストレスフリーな生活を送れる学年です。

また、サークルに入部している方なら後輩も入ってきて、かなり人間関係としても成長できる学年となります。また、多くの方が大学2年で20歳になり、お酒やタバコも嗜めるようになりますので、新しいことにチャレンジできる機会が増えていくことでしょう。

大学2年は落とし穴もある

大学2年生は上記のようにかなり出来ることの幅が広がります。しかし、自由度が増すことで落とし穴も大きくなります。

まず、上記のように自由過ぎると徐々に単位を落としていく人が増えます。大学生活も軌道に乗り、かなり楽しい毎日を送れますが、その楽しさにもメリハリをつけなければいけません。単位を落とすとその分卒業するのに必要な単位が貰えないということになります。そして大学4年時にかなり苦労することになりますので、できれば単位は落とさずに頑張ってほしいものです。


大学2年でやっておくべき3つのこと

その1:卒業に必要な単位数の5分の3は取得しておく

大学卒業に必要な単位数の5分の3は取得しておきましょう。

例えば、卒業するのに必要な単位数が200の大学があるとします(実際200単位必要な大学はないと思いますが)。ということは、2年生修了までに120単位ほどは取得しておいた方が良いということになります。これは後々重要になってくる事項です。

なぜ5分の3取得しておいた方が良いのか

まず挙げられるのが4年生時に起こり得る卒論と就職活動という2代巨頭です。まだ大学院に進む方なら勉強ついでに授業も聞けるでしょうが、卒論と就職活動を同時にこなすというのはなかなか大変なことです。そこに卒業単位数が足りないという事態が起こると、卒論をしながら就活して授業も聞かなければならないというハードスケジュールを組まざるを得なくなってしまいます。

そうなってしまわないように、できるだけ5分の3取得しておいた方が自分の為になるでしょう。

関連記事

その2:将来のことを考えておく

大学2年生というと、次は大学3年生、早い人だと就活のインターンなどに出席する頃です。

まだ2年生ですので本格的に将来を考えなくてもいいですが、自分はこの先何をしたいのか等、漠然としたイメージだけでも持っておくことをお勧めします。

なぜかというと、例えば技術職に就きたい方なら2年生からでも資格の勉強は全く遅くないですし、公務員の勉強なども2年生からやっておけばかなり楽になります。音楽や美術などの芸術系の方向に行きたい方ならその方面にあった技術を磨くことが大切ですし、そういう意味で2年生は漠然とした道を選べる最後の分かれ道でもあるのです。

3年生でももちろん資格の勉強などはできますが、やはり早め早めにとっておいた方が楽になるのは確実ですし、なにより勉強時間の確保もできます。

そういった意味で将来の方向を決めておくことをお勧めします。


その3:1年生から引き続き本を読もう!

大学1年生にやるべきことの記事でも書かせていただきましたが、引き続き2年生でも月1冊ペースで本を読みましょう。

読むべき本の内容や、読む理由、読んだ後すべきことなどはすべて大学1年生の記事に書いてありますのでぜひ参照ください。

また、大学生ですので月額980円払えばいくらでも本が読み放題のサービスもありかなりお得です。チェックしてみてください。⇒Amazonの Kindle Unlimitedをチェックする

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

大学2年生でやっておくべき3つのこと、と題してお送りしてきました。

事実、私の記憶でも大学2年生が一番楽しかった記憶があります。サークルでは後輩も入り、先輩後輩がちょうどよく滞在して、とても居心地のいい感じでした。

大学3年に上がりますと、サークルに所属している方であれば「仕切り役」の立場になってきます。責任が伴う立場になりますので、これまでのぬるま湯のような立ち振る舞いでは行けなくなる場合があります。

また、3年生になると早い人ではインターンなども始まります。徐々に社会が目前に迫ってきますので、心してかかる必要があるでしょう。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

大学1年でやるべき3つのことはこちらから

大学3年でやるべき3つのことはこちらから

大学4年でやるべき3つのことはこちらから

大学生でやっておくべきこと完全版はこちら



スポンサードリンク