男性にサプライズ!バレンタインデーにおすすめなアイテム!

今回は「男性にサプライズ!バレンタインデーにおすすめなアイテム!」と題してお送りしていきます。

はじめに

バレンタインデーの多様化

ここ最近のバレンタインデーは多様化を見せています。

バレンタインデーと言えば一昔前、絶対的に「チョコを渡す日」という認識をされていました。

バレンタインデーと言えばチョコ。チョコと言えばバレンタインデーといった感じ。

その関係にはイコールが結ばれており、女性はせっせとバレンタインデーに向けてチョコづくりを頑張っていました。

しかし、ここ最近のバレンタインデーはチョコはもちろん、プレゼントに時計やちょっとしたバッグなどをあげている方もいらっしゃるようです。


もうバレンタインデーにチョコをあげるのは古い?

もうバレンタインデーにチョコをあげるのは古い考えなのでしょうか?

私はそうは思いません。

例えばお正月に御餅を食べるが如く、クリスマスにケーキを食べるが如く、バレンタインデーにチョコを渡すのは古いことではありません。チョコはバレンタインデーのスタンダードなのですから、そこに「古い」という概念はないでしょう。バレンタインデーにチョコを渡すのが「古い」のならば、お正月に御餅を食べるのは古いのでしょうか?古くないですよね。それが一般的なのですから。

かくして、バレンタインデーにチョコをあげるのは古くはありません。

しかし、男性の心理的に「バレンタインデーだからチョコ貰えるなぁ」という憶測がある以上、バレンタインデーにチョコをあげるのは「古くはない」けれども、サプライズにはなり得ないのです。

バレンタインデーだからこそ、チョコ以外のものを

バレンタインデーだからこそ、チョコとは別の何かをあげるのを私はおすすめします。

はじめに言っておきますがチョコを悪く言うつもりは全くありません。手作りチョコを渡して気持ちを伝えるのはまさにバレンタインデーにおける王道と言えるでしょう。

しかし、例えば既に恋人同士で、「バレンタインデーにチョコレート送ってもなぁ…」という方が恐らくいらっしゃるでしょう。

そういう方がチョコレートを送っても、お互いに「チョコか」というなんのサプライズもなくただ漠然とバレンタインデーが終わってしまいます。

なので、チョコレートとは違うものを送ってみてはいかがでしょうか?


男性は実は食べ物以外の方が貰ってうれしかったりする

男性の心理として、やはり「理論派」なところがあります。

食べ物ですと、一回きりで終わってしまいますよね。その美味しさをもう一度味わおうと思ったらまたお金を出さなければなりません。

しかし、食べ物以外の物ならば、自分が欲している時にすぐ欲求を満たしてくれますし、食べ物のように無くなることもありません。

このように考えてしまう男性の理論思考。そんな男性の理論思考は得てして「こんなの貰っていいの!?」という想像していなかったものにこそ惹かれます

 

男性にサプライズ!バレンタインデーにおすすめなアイテム!

「月の土地」はいかが?

「は?月の土地?何言ってんの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、実は今「月の土地」が売られています。

「月って…あの月?」

そうです。あの空に浮かんでいる月です。

月の土地が売られています。

月の土地を売っている会社の説明文には以下のようにあります。


月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)
同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。
この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。
これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、
月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。(LUNAR EMBASSY JAPANより引用:LUNAR EMBASSY JAPAN

つまりわかりやすく言えば、アメリカ人のデニスさんが、「月って誰のなん?買えるん?」と思い法律を調べたら宇宙条約というものしかなかった。しかもその条約には国は所有できないけれども個人が所有してはいけないとは書いていなかったので、「じゃあ月って販売できるやん!」と思い立ったデニスさんは行政機関に行き月の所有権を申し立てましたとさ…。って感じです。

なかなかすごい発想をもったものです。

そんな月の土地を買える時代になりました。

なかなかロマンチックじゃないですか?

今のこの文明社会、あと何年かしたら恐らく宇宙旅行が実現するような時代になっています。

そしたら月に行ける時代が訪れます。一昔前だったら夢物語だったものが、いまや現実化しだそうとしてるんです。

男性はこういう突飛なプレゼントに魅力を感じる

男性は得てして「人よりすごいものが欲しい」という顕示欲があります。

なので高いブランド物だったりを欲しがるものですが、それもこれもありきたり。

そこでこんな月のプレゼントを貰った日には「月ってどゆこと!?」と感嘆するでしょう。

地球の土地より月の土地。周りが持っていなさそうなものを男性は欲しがりますので、この月の土地はプレゼントに最適です。

詳細はこちらからどうぞ⇒サプライズプレゼントなら「月の土地」!

かっこよくて優しい彼氏を手に入れるためには?

「意中のアノ人を彼氏にしたい…」

とこの記事を見て思っている女性、いらっしゃいますか?

実は、かっこよくて優しい男性と交際するのはとても簡単。少しの努力でイケメンでかっこいい彼氏を手に入れることができます。ではなぜいつまでたっても理想の彼氏を捕まえられないのか…?

それは恋愛に対するノウハウを知らないからなのです。恋愛経験がそこまでなく、顔もそんなに良くない女性(と言うと失礼ですが…)がイケメン彼氏を捕まえていることがありますが、彼女たちはその恋愛ノウハウをキチンと把握していたからこそ、イケメン彼氏を捕まえることができたのです。

イケメンでかっこいい彼氏は競争率が高いのです。ゆえに男性心理をうまく理解しないと絶対に成功しません。ではその男性心理を理解するにはどうすればいいのでしょうか…?残念ながら男性心理は女性ほど複雑では無いにしろ、それなりに入り乱れているのです。そのため一朝一夕で習得するのは困難ですし、なにより専門性の高い情報は無料のサイトではなかなか出てきません。

ではどうすればいいのでしょうか…。

そんな時にお勧めなのがこちらの「LOVEインフルエンス~大好きなカレを恋に落とす方法」です。専門性の高い情報を、毎日200円をたった3か月ちょっと払うだけの値段で提供しているので、かなりコスパが高いマニュアルになっています。毎日飲む缶入り飲料をちょっとやめるだけなんて…。しかも絶対に得するスペシャル特典3つもついているので、より高度な男性心理を理解することができ、理想の彼氏を手に入れることができるでしょう。恋愛初心者の方には特におすすめです。このマニュアルでライバルに差をつけましょう!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回はバレンタインデーにおすすめなサプライズプレゼントにフォーカスしてみました。

月の土地、とても魅力を感じます。

やはり宇宙はロマンの塊ですから、そんな宇宙の1欠片を自分が所有できる…。なんとも夢のある話です。

男性に喜ばれること請け合いですよ!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク