【恋愛・女性向け】男性に嫌われる女性の特徴3選!

今回は「男性に嫌われる女性の特徴3選!」と題してお送りしていきます。

はじめに

嫌われない女性になるためには男性心理を理解する

男性の心理は単純なように見えて複雑化しています。

昨今の草食系男子の爆発的増加からも散見される通り、かなり心理面において多様化がみられます。

ゆえに、男性心理を知ることで、男性に嫌われない女性になることができると言っても過言ではありません。


嫌われない女性を目指しすぎない

だからといって、嫌われない女性を目指しすぎてもいけません。あなたの良さ、アイデンティティを抑えてまで嫌われない女性を目指す必要はありません。

あなたのアイデンティティを理解できずに嫌う男性がいたとするなら、それはあなたとは合わなかったという事です。

人には合う合わないがありますので、合わない男性に嫌われまいとするよりも、あなたのアイデンティティを尊重してくれる男性に嫌われない女性を目指しましょう。

男性に嫌われる女性の特徴3選!

その1:束縛をする

束縛をする女性は男性に嫌われる傾向にあります。

束縛をするということは男性を信用していない証拠になります。

もちろん過去に浮気などをしてしまった男性ならば束縛をしたくなる気持ちもわかりますが、そうではない男性に束縛をするというのは男性にとってみればかなり敬遠してしまう女性になります。

また、束縛をするということは自分に自信が無いことの表れにもなりますので、できるだけ束縛はせず、フラットな関係を築いていきましょう。

その2:レディーファーストを強要してくる

レディーファーストを強要してくる女性は男性に嫌われます。

レディーファーストはとても素晴らしいものです。しかし、それを女性が強要してしまっては素晴らしいものもただ自己中心的な考えに終わってしまいます。

そもそもレディーファーストというのは男性側が自発的に実行することであり、女性が強要することではありません。

例えば電車内で、普通の席に座ってたらお年寄りに「私に譲れ!」と言われたらどんな気持ちになりますか?

「この人自分の事しか考えてないな」と思いますよね。

女性のレディーファースト強要もその類と同じになります。

電車内で席を譲るのも、レディーファーストを行うのも、全ては「行う側の意志」で実行されます。

レディーファーストの強要はやめましょう。


その3:「~の為に頑張ったのに!」と言う

よく女性は「~の為におしゃれしてきたのに!」や、「~のために髪切ってきたのに!」といった言葉を使います。

「~」の部分には彼氏の名前や付き合う前の好きな人の名前が入ります。

「~の為に」という言葉は、「自分のことを考えているのではなく、あくまで相手の気持ちを考えて」、という意味があります。

しかし、果たして本当にそうでしょうか。おしゃれをするのも髪を切るのもそれは自分の為ではないでしょうか。彼氏に好かれたいからそのような変化を自発的に行っているだけで、そこにあるのは「彼氏に好かれたい」という自らの欲望、強い言葉で言ってしまえば「自己中心」ですよね。

女性からすると相手の為にやっているように思えてしまいますが、それは違います。男性からすれば「あなた」が好きなのです。オシャレをしたあなたも髪を切ったあなたも、化粧をしたあなたも同一人物であり、そこにあるのはあなたへの愛だけ。

しかし、そこに「~の為」という欺瞞(ぎまん)を言われると男性は途端に冷めてしまいます。

男性だってそれを言ったらあなたのためにデートに行くし、あなたのために早起きして身支度しています。

どちらも同じだけ相手に合わせているのですから、「~の為」という自己欺瞞的な発言はやめましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性に嫌われる女性は得てして「自分だけ頑張っている」と思いがちな傾向にあります。人間は誰しも頑張っています。

あなたももちろん頑張っているでしょう。しかし、それを男性に押し付けてはなりません。男性も男性なりに頑張っているのですから、お互いを尊重しあえる関係になりましょう。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事

 



スポンサードリンク