高年収の男性と結婚するために効果的な3つの方法

スポンサードリンク

はじめに

年収の高い男性と結婚することができれば、将来安泰、お金に困ることもなくなりますよね!

では、高年収とはどれほどの額から高年収となるのでしょうか。

高年収というからには、その逆の低年収があるわけで、それらを相対的に比べた時に初めて「高年収である」と断定できます。

例えば、今の30代前半男性の年収はおよそ400~500万円ほど、と言われています。この額は30代前半男性の平均値なので、もちろん上もあれば下もあります。

ただ、平均というのに変わりはないので、年収400万円~500万円を前提に話を進めていきます。

高年収の額は個人差

例えば、人によっては年収500万円が高年収だ!という人もいます。

その逆に、年収500万円は低い!という方もいます。

もちろん年収500万円のバックヤードも見据えてほしいのですが、これが例えば20代前半だったらまぁまぁな高収入ですよね。

逆に50代後半だったら…。

などなど、その感覚はやはりその人のバックヤード、またそれをとらえる人の感性によるものもありますので、一概に高年収!低年収!と決めつけることはできません。

高年収男性と結婚したいなら最初にするべきこと

高年収男性と結婚したい!

高年収男性を落としたい!

と思っている女性の方にまず最初にやってほしいことがあります。

もしかするともう既にやっていらっしゃる方がいるかもしれませんが、高年収男性とお付き合いや結婚をしたい場合、「高年収」と曖昧な定義付けをするのではなく、

年収1000万円男性」とか、「年収2000万円男性

といったように、明確な定義づけをしてほしいと思います。

考えてみてほしいのですが、この記事を見てくださっている画面の前の貴女様も、好みの男性のタイプがありますよね?

例えば「エスコートしてくれる」とか、「笑い方がフニャっとしている男性」とか…。

それらの好みというのは、そこまで細かくはないにしろ、明確に定義付けされていますよね。

「私は○○で○○な男性が好き!」と、自分の中で決定しているのです。

それら明確な定義付けがあるからこそ、自分の意志が持てますし、なにより男性にアタックする原動力にもなります。

ただ「高年収男性」だけですと、二兎を追う者は一兎をも得ずという言葉があるように、あっちにいったりこっちにいったりで、結局誰も捕まえることができなくなります。

そんな悲惨なことにならないように、まずは自分の中で明確な高年収像というものを作ります。

年収1000万円の男性と結婚する!

年収2000万円の男性とお付き合いする!

などなど、意志決定ができましたら、それをスマホのメモ帳でも、予定表でもいいので忘れないようにメモしておきましょう。


高年収の男性と結婚するために効果的な3つの方法

その1…男性の癒しになる

では本題に入っていきましょう。

高年収男性というのは、やはりそれなりにストレスを抱えて生きています。もしかするととても精神を摩耗する職場かもしれませんし、移動が多い職場かもしれません。

高年収には高年収なりの事情があります。もしかすると夜遅くまで仕事がある場合もあるでしょう。

そんな精神状態で欲しているものは何だと思いますか?そう、癒しです。

心の癒しというのはやはり物品などでは物足りないと思うのが人間です。女性という存在は男性にとって究極の癒しになりますので、男性の癒しになるような存在になりましょう。

もし既に良い関係にいる場合

もし、あなたと高年収男性が既に良い関係にある場合、あなたと会うことにストレスを感じさせないようにしましょう。

ただでさえ高年収なりの精神を摩耗する職場で働いているのに、あなたと会うことがストレスだと感じさせてしまうと徐々にあなたのイメージはダウンしていきます。高年収男性ということでやはりライバルは多いです。そのライバルに癒しを求められてはたまったもんじゃありません。

ですので、ストレスを感じさせず、癒しになれる存在になりましょう。具体的に言うと、

  • いつでもニコニコして仕事の愚痴を真摯に聞いてあげる
  • あなたもイライラすることがあるかと思いますが、男性の前でそのような態度を出さない

です。これらを実践することで、あなたに信頼を寄せてくれることでしょう。

まだ良い関係ではない場合

まだそこまで男性との距離が縮まっていない、という方は、仕事の愚痴を言ってくれるような関係性を築き上げる必要があります。そのためにはやはり、女性特有の大らかな気もちで接することが大切です。

どんなに完璧に見える男性だとしても、心の中ではこんな自分を受け止めてくれる存在がほしいと思っています。

ですので、それまでの関係にのし上がることが大切なのです。


その2…ねだらない

年収が高いということは、それなりになんでも購入することができます。

もちろん、あなたが「欲しい」といったものなら常識の範囲内で購入してくれることでしょう。

しかし、それもやはり見極めが大切です。

高年収男性は、自分が高年収であるが故に、自分に寄って来る女性はもしかしたら自分ではなく、自分の金が目当てなんじゃないか?と勘ぐっている傾向にあります。

つまり、高年収だからと言ってあなたがほしいものをなんでも「あれ買って!」「これ買って!」と言っていたのでは、そのうち男性もあなたに愛想を尽かしてしまいます。それはそうですよね。だって自分に会うたびに何かおねだりされるとちょっとな…と思います。

ですので、「高年収だからといってなんでもねだらない」ということです。

どうするのが得策か

もし、あなたがほしいバッグなどがあって、自分には高すぎて買えないといった場合、やはりアテにするのは男性ですよね。

その場合、男性に購入してもらいつつ、あなたの好感度もあげる方法があります。

それは、

欲しいバッグを見つめ、2度断る

という方法です。

どういうことかを説明します。

まずほしい商品が置いてあるお店に行き、その商品をジッと見つめます。

すると男性は「どうしたの?」とか、「これ気になるの?」など、何らかのアクションを起こしてきます。

そこであなたは、「これ気になるんだけど…高くて買えないからまた今度にする」

といった具合に、男性に購入させる意志はないよ、あくまでも自分で買うよ、という雰囲気を醸し出します。

そうするとお金に余裕のある男性ですから、「俺が買おうか?」といってくることでしょう。

ここで「え!ほんと!買って!」と言ったのでは意味がありません。断りましょう。

「うーんでも・・・悪いからいいよ」のように、買わせるのは悪いといった感じで。

それをもう一度繰り返し、3度目に男性が「いやいや!買うよ!」と言ってくれた時に、「じゃあお言葉に甘えちゃおうかな…」と、あくまで購入させることに罪悪感を感じている風にしましょう。

これをすることで、お金目的ではないよ、というアピールにもなりますし、なにより男性の好感度も上がります。

もし途中で、「じゃあ次の場所行こうか」となったとしても、あなたの好感度は上がっています。この場合、欲しい商品は手に入れられませんが、高収入男性と結婚出来ればいくらでも買ってもらえますので我慢しましょう。

その3…押して引く

高収入男性は、先にも述べましたように、やはりライバルが多いです。

その中で抜きんでて自分を選んでもらうためには、ライバルと同じことをしていたのではだめです。

では何をすべきなのか、その答えは「押して引く」なのです。

ライバルを観察すると見える

ライバルをよく観察してみてほしいです。

みんな、高収入男性に意識してもらおうと必死でアピールしていると思います。

もちろんこれは悪いことではありません。むしろ良いことです。アピールしないことには振り向いてすらもらえませんからね。

ただ、一歩引いてみてほしいのですが、必死でアピールしている人が大勢いると、その必死さもあまり意味を成さなくなります。

ここで重要なのが、必死でアピールして、たまにフッと引く、ということなんです。

「連絡を毎晩とってたのに、昨日は何もなかった」

「毎日話しかけてきてくれてるのに、今日は1回も喋ってない」

と男性に思わせるのです。そうすることで、必死にアピールしている女性には感じない意識が男性の中に芽生え、あなたを強烈に意識してくれるようになります。

押されすぎると男性は引く

男性は女性に押されすぎると引いてしまいます。

古来、オスというのはメスにアプローチを仕掛ける側です。仕掛ける側なのに逆に仕掛けられると引いてしまうのも納得です。

ということは、逆にこちらが引けば男性の「仕掛ける」という本能をくすぐることができるということなのです。

ですので、適度に押して適度に引く、これが高収入男性を落とす方法その3になります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

高収入男性と結婚出来れば、将来安泰ですし、好きなものも欲しいままに手に入ります。

そのために、やはりライバルから1歩抜きんでることが大切です。

今回紹介した方法を簡単にまとめますと、

  • 男性を癒す立場になる
  • 高収入だからといってねだらない
  • たまに引く

です。

これらを実践することで、ライバルより良い立場になれることは請け合いです。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク