男性の恋愛対象とは?女友達から好きな人に変わるきっかけ3選!

はじめに

男性が、「女友達から恋愛対象になった」と言われるキッカケはどのようなものなのでしょうか。

いわゆる友達から、異性として意識しだすには何かしらのきっかけがあることでしょう。

今回はそんな「女友達から恋愛対象に変化する3つのキッカケ」を紹介していきます。

もし、気になる男性に自分を意識させたいと思っている方がおりましたら、今回紹介することを実践してみるのもいいかも…?

恋愛対象になるきっかけその1:あなたに彼氏ができた時

女友達に彼氏ができると、「なんだこの胸のざわめきは…」と嫌な気持ちになる男性がいます。

まるで自分のモノのように扱っていた女友達にそういう関係になられると、なんだか違和感を感じ、そこから自分の本当の気持ちに気付く…といったプロセスのようです。

いわゆる嫉妬心というものです。自分に見えないところでそういう関係を結んでいたという無知、そして何も話してくれなかった彼女に対しての憤りが男性を襲います。

彼氏ができるという事はいずれ大人の関係にもなるということ。男性としてはそれこそ嫉妬心が煽られます。


恋愛対象になるきっかけその2:いつもとは違う格好

いつもと違うファッションや髪形にすると、男性はいつもとのギャップで女友達から恋愛対象に変わる傾向にあるようです。

普段見慣れている姿とは違うものを見ると人は印象的に感じるのは周知の事実。

例えば、普段昼しか通らない道を早朝歩いてみるだけでも雰囲気が違うものです。

それが目に見えて違うとやはりギャップを感じます。

恋愛においてギャップは重要です。ギャップのあるなしでだいぶ恋愛の行く先は変わります。

意図的なギャップでも他人からはドキッとしてしまうもの。

男性と遊ぶ時に、いつもとは違う髪型にするだけで、もしかすると恋愛対象として見てくれるかも!?

恋愛対象になるきっかけその3:あなたの弱いところを見た時

女性の弱いところを見た時、男性は「ドキッ」とする傾向にあるようです。

これも「その2」と同じギャップなのですが、こちらはどちらかというとネガティヴ要素の強いギャップになります。

普段、明るく振る舞っているのに、突然男性に相談を持ち掛け、急に泣いてしまうと、男性からすればあたふたしてしまいます。

ゆえに、「こんな一面もあるのか」とドキッとしてしまいます。男性は女性の涙に弱い傾向にあります。

男性は保護欲求や独占欲がありますので、「あなただけにしか相談できないの…」と言うと、

「俺が守らないと」

という正義感に駆られます。ここから異性として意識しだすことも多いそうです。


まとめ

女友達から異性として意識させるのは、男性の好みや心理をうまく察知していないともしかすると難しいかもしれません。ですが、今回紹介したことを実践すればかなり効果的なのではと思います。

より効率的に彼氏にしたい男性がいらっしゃる方は、紹介したマニュアルもおすすめですのでぜひご検討ください。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク