これでカンペキ!年下の彼氏とうまく付き合う方法とは?

スポンサードリンク

はじめに

年下彼氏は女性にとってとてもかわいい存在でしょう。

また、年下であるが故に自分の我儘も言えますし、逆に彼氏の我儘も聞いてあげられます。女性には母性本能がありますので、年下の失敗も大目に見てあげられますし、自分が寛容になった気持ちになれますので、ストレスフリーなお付き合いができます。

しかし、そうはいっても年下彼氏、やはり年上の自分が何か気をつけるべきことがあるのではないか?と思ってしまいますね。

年下彼氏に対してきちんとした情報を持つ

年下彼氏で悩んでいるのでしたら、やはりそれなりにきちんとした情報を持つことが重要になってきますね。悩んでいるのなら、その悩みに対して確実な情報を得ることです。

今回は年下彼氏にフォーカスした記事となっていますので、ぜひ参考になれば幸いです。

年下彼氏と上手く付き合う方法

年上であることを必要以上に意識しない

年下彼氏と付き合っていると、年上であることを悩んでしまいがちですよね。

別に悩まなくていいんです。

「年上だから、このお会計は私が払わなければいけないんじゃないか?」

「年上だから、彼をリードしなきゃ彼に愛想尽かされちゃうんじゃないか?」

などなど、年上であることを必要以上に意識しすぎてしまいます。

ただ、男性としてはやはり「自分が女性をリードしていく」といった気持ちがあるので、もし男性が「自分が払うよ」など言ってくれたら、その好意に甘えても別にいいのです。年下と言えど彼氏です。彼氏がやると言ってくれているのであれば、彼氏がしてくれることに甘えてみましょう。

年上だからしっかりしてなくちゃいけないわけでもない

年上だからといってなにかとしっかりしていなければいけないわけではありません。

ふとみせる悩み顔や仕草が、年下彼氏の「守ってあげたい」という心理をつつきます。

ですので、「しっかりすること」ももちろん大事ですが、年下彼氏に弱みを見せることで、彼との仲も非常に深まりますよ。


年下だからといって子ども扱いはNG

これだけは絶対にやめましょう。年下彼氏と言っても中身は一人の男性です。

男性の生態はこちらの記事で詳しく書かせていただいていますので、参考にしてください。

やはり男性は女性を引っ張っていきたいものです。

ですので、子ども扱いされることを非常に嫌がります。

年下と言えど男性である、これだけは覚えておきましょう。

まとめ

年下彼氏と上手く付き合っていく方法を今回は紹介させていただきました。

とにかく恋愛を楽しむことが大切です。

年下年上なんて関係ありません。恋愛関係になったのですから、そこには対等の関係があります。

彼氏のことをちゃんと一人の男として見てあげることが、成功の第一歩ですよ!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク