【コラム・シャドウバース】第7弾カードパックについて思う事

スポンサードリンク

今回は「第7弾カードパックについて思う事」と題してお送りしていきます。

シャドウバース第7弾はどうなるのか少し予想

【次記事】

第7弾カードパックについて思う事PART2

【2017年12月1日追記】

第7弾カードパック「Chronogenesis / 時空転生」について思う事

第6弾カードパックのカードが全て公開されました

本日2017年9月25日現在、第6弾カードパック「Starforged Legends / 星神(せいしん)の伝説」のほぼすべてのカードが紹介されたようですね

今回のパックは星座に関係したパックと言う事で、イラストもどこか星座を思わせるようなものになっていました。

第6弾カードパックはこれまでのカードパックに比べて、カードパワーが単体で強いものが少なく、どこかコンボを連想させるような効果が多い印象を受けました。ゆえに1枚のカードで盤面をひっくり返すというよりは、より頭を捻らせて闘うことができるということになります。

また、今回「ミスターフルムーン」というカードが追加されたことにより、「ヘヴンリー・イージス」への明確な対抗策が打ち出されたということになります。

もともと「かぐや」における「うたかたの月」での対策はあるにはありましたが、「かぐや」自身がビショップクラスのカードだという事、そして進化して破壊されなければラストワードが発動しないという点から、ほぼ採用はなく、よってヘヴンリーイージスへの明確な対抗策は無い状態にありました。

しかし、今回追加された「ミスターフルムーン」によって、明確なイージス対策が実装されたことになります。クラスもニュートラルなのでどのデッキにも入れることができます。

また、ミスターフルムーンはイージスだけではなく「バハムート」対策にもなり得るという点が個人的に強いなと思いました。


第7弾はどうなるのか勝手に予想

まだ第6弾すらも実装されていませんが、少しだけ第7弾を予想してみたいと思います。

ワタクシの勝手な予想ということをご了承の上、閲覧していただけますと幸いです。

今後、シンプルな効果を持つ新カードは少なくなると予想

今後のカード展開として、これまでのようなシンプルな効果を持つカードは少なくなると思われます。

例えばバハムートのように場のカードを全て破壊、スカルフェインのように自分の場のアミュレット全て破壊…といったような感じのカードは少なくなるのでは…と。

第6弾カードパックにおいて、その傾向は少しずつ出てきましたよね。ニュートラルレジェンドの「ロキ」などがそれにあたります。

一見しただけではどういう効果なのかイマイチ把握しづらい…しかし使ってみると特定のカードとのシナジーが凄まじい…と言った感じ。

もちろんシンプルな効果を持つカードは今後も出てくるには出てくるでしょうが、これまでのようにその種類が多くなることはないと予想します。


レジェンドスペルの実装はどうか

今回の第6弾では、残念ながらレジェンドスペルの実装はありませんでした。こちらの記事でも書きましたが、まだシャドウバースにおいてデッキに組み込めるレジェンドスペルは存在しません。

一応「サタン」のファンファーレ効果でアポカリプスデッキにした時と、「穢れた聖杯」のラストワードで手札に加えることができる「アスタロトの宣告」と「ディースの裁き」はレジェンドスペルですが、これらは前述した特定の行動においてのみ使用することができるカードなので、レジェンドスペルですがカウントしません。

シャドウバースは1周年ですが、それでもまだレジェンドスペルが実装されない所をみると、まだ第7弾でも実装されるかは怪しいところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

めちゃめちゃ気が早いですが、今回はシャドウバース第7弾カードパックに思う事をつらつらと書かせていただきました。

第6弾の実装さえもまだなので、どんだけ早いんだと言う感じですね笑

とにもかくにも、第6弾実装後はどのような環境に変化していくのか楽しみです。個人的な意見ではそろそろエルフが復権してくるのではと思っている次第でございます。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

次記事⇒2017年9月28日のナーフについて思う事

参考記事



スポンサードリンク