奥手男子が脈なしサインを発してしまう、距離をとりたい苦手な女性とは?

はじめに

奥手男子がどういう女性を苦手なのか、知っておきませんか?

奥手男子は、「グイグイくる女性が苦手…」なんてよく言われていますよね。

でも、本当にグイグイくる女性だけが苦手なのでしょうか?

この記事では、「奥手男子が苦手な女性」を、元シャイボーイの私が実際に体験したことも踏まえつつ、わかりやすく紹介していきます!

最後まで読むころには、「奥手男子はこういう女性が苦手なのね…!」と、あなたの頭の中に奥手男子の心理が勝手にインストールされていることでしょう。

ぜひ、最後までお楽しみいただければと思います!

奥手男子が苦手な女性はこんな女性!

早速ですが、奥手男子が苦手とする女性を、元奥手男子である私の実体験を踏まえてわかりやすく紹介していきますね!

また、最初に言っておきますが、奥手男子とひとくくりにしていますが、個人差はあることをご了承くださいね!

ここで紹介した苦手な女性を好む奥手男子がいることもお忘れなく…!

奥手男子は、グイグイ来すぎる女性が苦手!

有名な話ですが、奥手男子は「グイグイ来すぎる女性」を苦手としています。

奥手男子は、普通に話しかけてくる程度の女性ならば、むしろ好意を持つんですけど、さすがに「グイグイ来すぎる女性」には苦手意識を持ってしまいます。

グイグイ来すぎる女性…と言われても、どういう女性かイマイチわかりにくいと思います。

グイグイ来すぎる女性を例えるならば、好かれようと必死になりすぎている女性…と言えばわかりやすいでしょうか。

誕生日でもないのに高価な品物を奥手男子にプレゼントしたり、奥手男子が嫌がっているのに強引に飲みに誘ったりしてしまうと、「グイグイ来すぎ…」と思われてしまうので要注意です。

奥手男子は、声が大きい女性が苦手!

奥手男子は、声が大きい女性を苦手に感じています。

と言っても、声が大きいから苦手なのではなく、声が大きいことで注目を浴びてしまうのが奥手男子は嫌なんですね。

例えば、奥手男子と声が大きい女性が喫茶店で話しているとしましょう。

声が大きいと、自分たちの会話が周りの人たちに伝わってしまいます。

中には、「うるさいなぁ…」と感じてしまうお客さんもいるでしょう。

奥手男子は基本的に恥ずかしがり屋で変な注目を浴びたくない…という心理を持っています。

なので、奥手男子は声が大きい女性と一緒にいることで変な注目を浴びてしまうのが嫌なんですね。

実際に私も、声が大きい女性と二人でランチに行ったことがあります。

その女性は店内が静かにも関わらず大きい声で話すので「ちょっと小さめの声で話してほしいな…」と注意したことがあります。

大きい声で話す女性が苦手というよりも、場所を考えて話す音量を調節できない女性が、奥手男子は苦手なのかもしれませんね!

奥手男子は、趣味を理解してくれない女性が苦手!

奥手男子は、趣味を理解してくれない女性に苦手意識を持ちます。

奥手男子の多くは、どちらかというとインドアな趣味を持っている傾向にあります。

アウトドア趣味よりインドア趣味だと、「根暗・陰気臭い」などの偏見を持たれてしまうんですね。

なので、奥手男子は自分の趣味を理解してくれない女性を苦手とします。

逆に言えば、奥手男子は自分の趣味を理解してくれる女性に好意を持ちやすいので、一緒に趣味を楽しめるような関係性を築くのも悪くないでしょう!

併せて読みたい記事

奥手男子はギャル系の女性が苦手!

奥手男子はギャル系の女性が苦手です。

ただ、奥手男子の中にはなぜかギャル系の女性にモテてしまう場合もあるんですよ笑(私もその一人です)。

奥手男子がなぜギャル系の女性を苦手とするのか…というと、単純に見た目や言動を見て、「俺とは合わないだろうな…」と偏見を持ってしまうからなんですね。

「人は内面だ!」と言いますが、目に見えるのは外見ですから、どうしても外見で人を判断してしまうのが人間なんです…笑。

また、ギャル系の女性に言い寄られると、奥手男子の中には、「これは罠なんじゃないか…?」と変な疑いをしてしまう人もいるので注意しましょう。

併せて読みたい記事

奥手男子に「苦手だなぁ…」と思われないためには?

奥手男子に「この女性はちょっと苦手だなぁ…」と思われないためには、何をすればいいのでしょうか?

基本的に、奥手男子は恋愛慣れしていません。

なので、恋愛慣れしている様子を見せすぎると、「この人とは住んでる世界が違う…」と奥手男子は苦手意識を持ってしまうんですね。

実際に、私もHさんという女性に言い寄られることがありました。

でも、私はその時までに1度も告白されたことが無いのに対して、Hさんは20回以上も男性から告白されているような女性だったんです。

だからなのか、Hさんが男慣れしている感じにちょっと苦手意識を持ってたんですよね。

恋愛をリードしてくれる女性は、奥手男子からすればめちゃくちゃありがたい存在なんです。

でも、あまりにも男慣れしている感じを出しすぎると、奥手男子はあなたに苦手意識を持ってしまうことがあるので注意しましょう!

奥手男子に苦手意識を持たせないためには?

奥手男子に苦手意識を持たせないためには、「この女性、雰囲気良いな…」と奥手男子に思わせることが大切です。

例えば「香り」。

女性は、わりと香水を使う頻度が高いですよね。

私の経験なんですが、Bさんという女性と食事に行ったことがあります。

Bさんは、食事に行った際、めちゃくちゃ香水の香りがしたんですよね。

でも、食事に行った時に香水の香りがしすぎると、逆に食欲も落ちますし、香りのせいで気分が悪くなることがあるんです。

女性と男性では、「良い香りだな…」という判断も違ってきます。

あなたが良い香りだと思っている香りが、男性からすれば良い香りではないことがざらにあるんです。

奥手男子をゲットしているみんなが使っているのが、「ナデテ」というヘアパヒュームです。

香水のように香りが1日中長続きすることはないですが、香水のように香りがキツくなく、さらに言えば「男性が好む香り」なので、男性ウケ抜群です。

普段あなたが使っている香水でも、男性が好む香りはもちろんあります。

でも、ナデテは「男性が好む香り」に特化しているので、「香りのせいで奥手男子に嫌われる」という間違いがありません。

6000円で高級な香水を購入して、男性に嫌われる香りを身に着けるなら、2000円で男性に好かれるナデテを購入するのも良い選択だと思います。

あなたは、どちらを選びますか?

今すぐナデテの公式HPに飛びたい方は、下の黄色いボタンからどうぞ!

奥手男子に好かれたいなら苗字より名前!

奥手男子に好かれたいなら、苗字より名前で呼ぶ方が好かれやすくなります。

苗字で「○○さん」と呼ぶと、なんだか壁がある感じがします。

でも、名前で「▲▲さん!」と呼ぶと、壁を一つ乗り越えた関係性になれます。

奥手男子は恋愛経験も浅いので、名前で呼ばれるとすぐに好意を持ってくれるかもしれませんよ!

併せて読みたい記事

まとめ

奥手男子が苦手としてしまう女性の特徴をまとめてみました!

いかがでしたか?

奥手男子が苦手とする女性の性質としては、「奥手男子の心理を理解できない女性」であることが多いです。

奥手男子は、一見すると自己主張がないように見えますよね。

でも、奥手男子はプライドが高いので、できれば自分の主張を押し通したい…という想いを持っています。

そんな奥手男子が、自分のことを理解してくれない女性を好きになるとは思えないんです。

奥手男子のすべてを理解する必要はありませんが、「奥手男子はこういう女性を苦手とするのね!」ということだけでも知っておくと、奥手男子との恋愛を円滑に進めることができるでしょう!

ぜひ、素敵な恋愛をしてほしいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

併せて読みたい記事

スポンサードリンク