別れる原因になるかも!?彼氏に嫌がられる恋人ルール4選+α

はじめに

「恋人になったのだから、私にだけ振り向いていてほしい!」

女性の切なる願いですよね。彼を他の女に取られたくない!彼はわたしだけのもの!

彼氏を考える気持ちはわかりますが、だからといってとんでもなくキツい恋人ルールを定めるのは恋愛の寿命を縮めているかも…。

最悪の場合別れる…なんてこともありますので、恋人ルールは適度にするのが効果的です。彼氏も1人の人間ですしね。

この記事では、「彼氏が嫌がる恋人ルール」を、男性目線でお伝えしていきます。

彼氏が嫌がるルールを知っておけば、あなたと彼の恋愛はずっと円満で居続けられるでしょう

ぜひ、最後までお楽しみいただければと思います!

彼氏に嫌がられる恋人ルールその1:恋人以外の異性との交流禁止

恋人以外の異性との交流を分かりやすく言えば、

「ほかの女と連絡とったり遊んだり話したりしちゃダメ」というものです。

彼女にとって、彼氏が他の女性と連絡を取ることを嫌がる気持ちもわかりますが、結構彼氏にとっては負担が大きいんですよね。

なぜなら異性の交流とは言っても、もしかしたらそれが仕事で必要な類の連絡かもしれないからなんです。旧友からの連絡かもしれません。

彼氏も人間ですので、ずっとあなたとだけのやり取りをしていると飽きてしまいます。

その飽きも恋人関係を破綻させる要因になりかねません。

彼氏を束縛したい気持ちもわかりますが、キツい恋人ルールばかりだと彼氏も嫌気がさしてしまうので注意が必要です。


彼氏に嫌がられる恋人ルールその2:毎日の連絡

彼氏に毎日連絡をするルールを定めている場合、注意が必要です。

ただ、「毎日連絡」とは言ってもどの程度のルールなのかによるところが大きいでしょう。

例えば、1日数分LINEでやり取りしたり、1日数分電話したりの範囲ならば生活を圧迫しないので彼氏も許容できるでしょう。

でも、毎日の連絡が3時間や5時間に及んだり、絶対に特定の時間に連絡することを定めたり(夜8時には絶対に連絡する!とか)すると彼氏の負担になるので注意しましょう。

全く同じ生活リズムをしている人はいません。

あなたが夕飯を食べている時でも、彼氏は仕事があったりで忙しいかもしれません。

いくら恋人とはいえ、生活を圧迫しかねない時間を彼女に割くというのは負担が大き過ぎます。

また、特定の時間に必ず連絡を入れるというルールも注意が必要です。

日によっては連絡できない時があるかもしれません。彼氏にも事情はありますから…。

ですので、ルールは大まかに作ることが重要です。

1日1回は連絡しようね!なんてルールを作らなくても、本当に愛し合っている恋人ならば1日1回どころか1日何回でも連絡を取り合うものです

そこに「強要」はなく、「ルール」も存在しません。

あるのは「あなたに連絡したい!あなたの声を聞きたい!」という純粋な愛のみなのです。

もし、負担の大きなルールを作っているのならば、見直してみるのが良いかもしれませんね。


彼氏に嫌がられる恋人ルールその3:飲み会行ったら1時間ごとに返信!

飲み会に行ったら「1時間ごとに返信すること」というルールを作っているカップルは多いと思います。

彼氏からすると、飲み会での返信はとってもめんどくさいと感じているかも…。

「私の事愛してるならそれぐらいできるでしょ!?」という意見があるかもしれません。

でも、「飲み会で1時間ごとに返信すること!」というルールを作ることで、逆に彼氏の心は離れていってしまうので要注意です!

男って基本的にめんどくさがりなので、1時間という絶妙な時間に返信しなきゃいけないのが苦痛になる時が必ずあるんです…。

ワイワイ飲み会で楽しんでいる時に、連絡をしなければいけない…となると、急に彼女の存在がめんどくさいと感じてしまうかも。

本当に彼氏のことを愛しているなら、彼氏のことを信じてあげてみてはどうでしょうか!

併せて読みたい記事

彼氏に嫌がられる恋人ルールその4:お代は彼氏持ち

たまにカップルでありがちなのが、「デートとか食事に行ったら、お代は全部彼氏持ち」というルール。

これ、結構彼氏によっては苦痛になる時があります。

仮に、彼氏がとんでもなく大金持ちならばデート代どころかウン百万する指輪だって買ってくれるでしょう。

でも、そうじゃない普通の社会人だったら…。毎度毎度食事代を出すのもキツくなります。

彼氏から「俺が払うよ」と言ってくれる場合は良いですが、もし彼氏に出費を強要しているなら考えた方が良いかもしれませんね!

男性に負荷がかかるルールを作っていると、次第にその束縛から逃れたくなります。

すると、結果的に浮気や不倫など、あなたが不幸になってしまう結末になってしまうかもしれません…。

彼氏のルールをやめることは、彼氏の心の負担軽減にもなりますし、結果的にあなた自身の幸せにも繋がりますよ!

併せて読みたい記事

彼氏と末永くお付き合いしていく方法とは?

ここまで、彼氏が嫌がる恋人ルールについて紹介してきました。

では、「彼氏と末永くお付き合いして、ゆくゆくは結婚したい!」…という時に、私がおすすめしている方法をご紹介していきます。

まず、彼氏と末永くお付き合いしていくためには、男性が何を求めているか…を理解しておく必要があります。

女性であれば、「彼氏にいつでも会いたい!いつでも連絡をとりたい!」と考えますよね!

でも、男性は違うんです。男性は「いつでも自由でいたい。一人の時間が欲しい」と考えています。

「自由な時間が欲しい」というのは、女性からすれば「私に会いたくないの?」と思ってしまうかもしれません。

でも、あなたを愛していないわけではないんです。

あなたを愛してるんですが、男性は一人の時間が無いと気が狂いそうになっちゃうんです。

逆に言えば、あなたも「彼氏と一緒にいないと気が狂いそうになる」と考えるのではないでしょうか。

つまり、男性は「一人の時間が欲しい」、あなたは「彼氏と一緒にいたい」。

2人の欲望を上手い具合に発散させることが、彼氏と末永くお付き合いしていく最善の方法なのです。

あなたが我慢してはあなたがイライラするだけですし、彼氏が我慢しては彼氏がイライラするだけです。

お互いが我慢をしなくていい適度な状態を保ってみましょう。

まとめ

彼氏が嫌がる恋人ルールについて、男としての意見を交えつつお伝えしてまいりました!

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したことをまとめてみましょう!

  • 恋人以外との異性との交流禁止!
  • 絶対に毎日連絡すること!
  • 飲み会に行ったら、必ず1時間ごとに連絡をよこすこと!
  • 何事においても代金は彼氏持ち!

男性の心理には、いつでも「自由でいたい」という欲があります。

と同時に、「一人の時間がほしい」とも思っています。

つまり、男性の「自由で一人の時間が欲しい」という欲を上手く満たしてあげることが、良好な恋愛をするうえで大切なことになりますね!

男性に「一人の時間」を与えたからと言って、すぐに浮気するようなことはありません(人にもよりますけどね…笑)。

多くの男性は、一人の時間を与えることで、「彼女は俺のことをわかってくれてる」と感じるものです。

この関係性がいずれ結婚までたどり着くと言っても過言ではないでしょう。

ぜひ、素晴らしい恋愛をしてほしいと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク