気になる人とLINEを長続きさせる簡単な3つのテクニック

皆様ご機嫌いかがでしょうか!

今回は「気になる人とLINEを長続きさせる簡単な3つのテクニック」と題して、記事を書かせていただきます。

それではよろしくお願いします!

 はじめに

f:id:Nkichi:20170820115720j:plain

LINEは今や、学生から社会人の方、年配の方まで幅広く使われているコミュニケーションツールとなりました。

メールとはまた違ったアプローチで、恋愛にも使われたりしていますね。

ですが、やはりLINE特有の問題として、「既読無視」「未読無視」といったものが挙げられます。

恐らく「既読無視」や「未読無視」については知っていると思いますので解説は省きますが、これらは恋愛に悩む方々にとっては大変精神を病む問題でもあると思います。

「気になるあの子から返信が来ない…」

「大好きな先輩とLINEしてたのに既読無視された…」

「気になる後輩に未読無視されてモヤモヤする…」

など、メールにはなかった悩みが浮上してきているのです。

そこで、今回はそんな方々のために、「気になる人とLINEを長続きさせる簡単な3つのテクニック」を伝授していきたいと思います。

なぜ3つに絞ったかというと、あまり情報量が多くてもダレてしまうし、コンパクトに伝えたいという想いから、3つに厳選してみました。

どれも簡単な方法ですので、ぜひ気になるあの子とのLINEに、大好きな先輩に、後輩に、お使いいただけたらと思います!

前置きが長くなりました。

ではさっそく参りましょう!


1.文章の最後に「?」をつける

f:id:Nkichi:20170820115733j:plain

はい、一つ目は「文章の最後に「?」をつける」です。

つまりは疑問文で送れってことですね。

疑問文で送れば嫌でもこちらに返信しなければならないという妙な義務感に襲われます。

また、質問内容によっては、相手が話したいことだったりもするので、会話が長続きします。

女性「この前○○っていうパスタのお店行ったんだよね~!おいしかった!」

男性「へえ~!それはよかったじゃん!」 

 

と、

女性「この前○○っていうパスタのお店行ったんだよね~!おいしかった!」 

男性「へぇ~!なに食べたの~?」

 

だったら、どちらが会話が長く続きそうですか?

後者ですよね?

「何を食べたか」を聞くことで、相手の反応しだいでは「値段」の話にも対応できるし、「店の雰囲気」の話にも対応できます。

このように、「?」をつかうことで、相手に話させてみてください。

2.短文すぎず、長文過ぎない文章を心掛ける

f:id:Nkichi:20170820115720j:plain

はい、2つ目は「短文すぎず、長文過ぎない文章を心掛ける」です。

以下の例文を見てください。

女性「今日友達の○○ちゃんと○○って映画見てきたんだけどさ~あんまり面白くなかったんだよね」

男性「マジか…」 

女性「今日友達の○○ちゃんと○○って映画見てきたんだけどさ~あんまり面白くなかったんだよね」

男性「あ~俺もそれこの間友達とみてきたけど確かに面白くなかったなー…なんか演出も微妙だったし俳優もちょっとアレだったし…なにより話の内容がよくわかんなかったからストーリーに入り込めなかったわ。」

まず前者は短すぎますね。これだと相手の方は返事に困ってしまいます。

この後に何を送ればいいんだろう?となってしまい、結果的に「既読無視」や「未読無視」といったカタチで終わってしまいがちです。

ですので、あまり短すぎないように心がけましょう。

次に後者です。

後者は相手の文章に対して若干長文です。実際あれほどの量だったらそこまで問題ではないですが、相手の文章量が「2行」に対し、その倍以上の「4行以上」となると、相手も読むのが面倒になってしまいます。片思いの場合はなおさら注意が必要です。

ですので、長すぎず、短すぎず。相手の文章量に対して等しいか、ちょっと多いかなぐらいが適量でしょう。

3.1回の返信の中に、話題を2つ入れる

f:id:Nkichi:20170820115736j:plain

はい、3つ目は「1回の返信の中に、話題を2つ入れる」

です。

これはどういうことかというのを説明します。

以下の例文を見てください。

女性「この前テレビでやってた心霊のやつ見た?めっちゃ怖くなかった?」

男性「あ、見た見た!めっちゃ怖かった!夜寝れなかったわ笑(ここで改行)

あ、ところでさ、来週○○たちと遊ぶんだけど来ない?」

といった感じで、1回の返信の中に2つ話題を入れる手法です。

これにより、もし1つの話題が終わってしまったとしてももう一つの話題が残っているため、LINEが続きやすいんですね。

これのコツは、「1回の返信に盛り込む」というのが重要で、「2回に分ける」というのは極力避けてください。

というのも、1回目の返信をし終わった後にまたすぐ2つ目の返事を書かなければいけないという、相手側の負担にもなりますし、もし1つ目の返信が来たとしても2つ目の返信がこなかったらそれはそれでショックですよね?

ですので、1つの返信に2つの話題を盛り込んでみてください。

まとめ

f:id:Nkichi:20170822145511j:plain

いかがでしたでしょうか?

今回は「気になる人とLINEを長続きさせる簡単な3つのテクニック」と題してお送りしてきました。

今回紹介したことをまとめてみましょう!

  •  文章の最後に「?」をつけ、疑問文で送る!
  • 短文すぎず、長文過ぎない、ちょうどいい文章を送る!
  • 1つの返信の中に2つ、話題を盛り込む!

今回紹介したテクニックで、皆様の恋愛が成就することを祈っております!
それではまた次の記事で会いましょう!

スポンサードリンク