同性に嫌われる女性が、今よりも心を500倍鋼鉄にする方法を教える

はじめに

どーも!

ヒゲ脱毛しようか悩んでるオージです!(どーでもいい)

 

突然ですけど、同性から嫌われて精神的にズタボロじゃないですか?

 

というのもですね、今日、何気なくYouTubeの動画を見漁ってたんです。

そしたら、とある女性の動画のコメント欄に、こんなことが書かれてたんですよ。

 

「この人ホント嫌い!同性に嫌われるタイプだよね」

 

ちなみに、その女性っていうのは…うーん、正直、男の私からしたら、

 

「うわ、この人かわええな〜」

 

と思わせるような女性だったんですよ。

出るとこは出て、締まるべきところは締まってる…という、スタイル的にも男ウケしやすい女性でした。

それに、動画での服装も、露出度の高い感じで「いかにも」という雰囲気だったんですよね。

でも、ぶっちゃけ私は「この人かわいいな」と思いつつも、こんな風にも思ったりしてました。

 

「こりゃ〜、同性ウケは良くないんじゃなかろーか…」

 

そう思いながらコメント欄を見たら、さっきも言ったように「この人ホント嫌い!」というコメント。

サムネイルも男ウケ狙っとりますなーって感じでした。

でも、私はこう思うわけですよ。

 

「男ウケ狙って何が悪いねん」

 

と。

今回は、同性に嫌われてしまうことを悩んでいるあなたの心を500倍鋼鉄にできる…そんな記事に仕上げていきます。

そりゃ、誰だってモテたい欲はある!

もうね、結論から言っちゃいますけど、誰だってモテたい欲はあるんですよ。

だから、

「男ウケ狙ってばっかでマジでキモい!」

と言う人に限って、あなたが男にモテて自分はモテないと言う状況に嫉妬してるんです。

そんで、「男ウケとかマジキモい」と言って、あなたをモテないように仕向けたいわけなんですなー。

そういえば、こんなツイートをしました。


このツイートが、正直この記事の核心部分を貫きすぎてるんですけど、一応説明は続けていきますよ笑。

嫉妬は、自分が下にいると思っているときに起こる

「嫉妬」って、よく聞きますよね ー。

女性の世界ならば、そりゃ〜もう、嫉妬なんて日常茶飯事なのではないかなー…なんて思ってます。

で、この嫉妬ってやつですが、これ実は、

 

自分が下にいると思っているときに起こる

 

と言われてるんですよ。

わかりやすくいえば、金持ちと貧乏な人の関係性に近いです。

貧乏な人は、金持ちに嫉妬します。

「金持ちなんだからもっと貧しい人たちに金を与えるべきだろ!!」と。

でも、金持ちは貧乏な人に嫉妬しません。

なぜなら、金持ちは貧乏な人よりも立場的に下だと思ってないからです。

 

つまり…、

嫉妬されるってことは、あなたはその人よりも上にいる

と言うことなんですよ!!

ほら、ちょっと勇気湧いてきたでしょ?

陰口は自分を高める最高の栄養素

さてさて、嫉妬されると何が起こるかって言うと、ほとんどの場合「陰口」ですよねー。

陰口といえば、有名な言葉がありますね。

 

「陰口は巡り巡って自分の元に返ってくる」

 

ってやつ。

簡単に言ってしまえば、人の陰口を言ってしまうと、その陰口を聞いた人があなたの陰口をどこかで言って…のループになるよってことです。

だから、陰口は言わせておけばいい!

…なんて、これだけではなかなか勇気出ないですよね。

そうはいっても陰口ってこえーよ…みたいなね。

 

ちなみに、陰口にまつわるツイートも、私はこんな感じでしてたんです。

このツイートで言いたかったのは、要するに、

 

陰口は言われたもん勝ち

ってことです。

 

陰口と嫉妬って表裏一体なところがあって、嫉妬があるから陰口を言うし、陰口の裏には嫉妬があるし…。

陰口を言われるってことは、さっきの嫉妬と同じで、あなたの方がその人よりも上にいるってことなんですよ。

 

だって、あなたのことが好きならば陰口を言う理由が無いし、あなたのことが生理的に嫌いなだけでも、陰口を言う必要は無いんです。

つまり、陰口を言うってことは、あなたが嫌われるような噂を流し、上から引きずり下ろしたい…という考えがあるってことなんですよね。

それに、陰口を言われれば言われた分だけ、あなたはその都度成長できます。

陰口は心を強くする栄養素なんですよ。

というわけで、陰口を言われた瞬間に、

 

あなたは勝者ってことだYOOOOO!!

陰口と嫉妬に対して500倍心を鋼鉄にする対処法を紹介しとくYO!

というわけで、ここまで「嫉妬・陰口は言われたもん勝ちやで」っていう話をしてきました。

 

でもね、それでもやっぱり人から嫌われるとか、陰口や妬みを言われるのって良い気分はしないと思うんですよ。

実際、私も陰口を言われるのを知ると、

 

「マジかよ…俺嫌われとるんか…」

 

と萎えポヨになります。萎えポヨの使い方がこれであってるのか知らんけど。

これまで散々「陰口は栄養素やで笑」とか言ってきたんですけど、私もまだまだ修行の身なんです!

でもここ最近、やっとこさ陰口に対する抗体が付いてきた…と言いますか。

それこそ、以前に比べると個人的な感覚で500倍ぐらい心が強くなってきたなー…と感じます(500倍って、以前はどんだけ心弱かったんだよって話ですけどね)。

そんな、私が実際に実践してる「陰口と嫉妬に対して500倍心を鋼鉄にする対処法」を紹介して言っちゃうYOOOO!!!

対処1:あなたを嫌いな人もいれば、あなたが好きな人もいるってことを知る

まず、陰口を言われた途端に思うのが、

 

「私のこと、みんな嫌いなんじゃ…」

 

なんですよね。多分あなたもそうだと思うんですけど。

1人が自分のこと嫌いだと、みんなが自分のこと嫌い…と思ってしまう。

ゴキブリを1匹見ると3匹は必ずいる…ってのと似てますね(似てねえよ)。

 

うん、これぶっちゃけね、みんながあなたのこと嫌いなわけないですよ。

むしろ、あなたのことが本気で好きな人だっていますよ。

それこそ、ネットの世界に飛び込めば、あなたと似たような境遇の人がわんさかいるはずです。

そういう人とコンタクトをとれば、めっちゃくちゃ仲良くなれるかもしれまへんで。

それに、あなたの親御さんとか…おじいちゃんおばあちゃんだって、あなたのこと好きなはずですしね。

あなたの彼氏とか…そりゃ〜もう、見渡せばたくさんあなたのことを好いてくれる人はいるっちゅーわけです。

これをまず大前提として考えることが良いですよ!

対処2:「みんなに嫌われてるんじゃないかな…」→好かれる必要性が無い

さっきの話からちょっと引きずるんですけど、

 

「みんなに嫌われるのが怖い」っていうのがそもそも間違いなんですよ。

人間、性格によって好きな人嫌いな人がいるんですから、みんなに好かれるのなんて土台無理なんです。

私もこれねー、以前はよくやっちゃってましたよ。

みんなに好かれようと努力してたんですけど、これマジで無意味だなって気づきました。

 

どんなに好かれようとしても、嫌う人からは嫌われるんですよね。

だからね、もう「人に好かれないと…」って思わない方が良いです。

それよりもむしろ、

 

オラァ!私のことが好きなやつだけ付いて来いや!!

 

ぐらいの気持ちの方が良いです。このスタンスの方があなたの心の親友ができやすいです。ほんとに。

対処3:恋愛で幸せを勝ち取ったれ!

嫉妬・陰口を言う人にギャフンと言わせたいのなら、そりゃ〜もう、恋愛で幸せを勝ち取るのが効果的ですよ。

それこそ、同性に嫌われるけど異性には好かれる…みたいなね。

 

でも注意があります。

「陰口を言った人をギャフンと言わせる」という目的で恋愛してしまうと失敗しますよ。

なぜなら、ギャフンと言わせるのが目的になっているので、ギャフンと言わせた後、意気消沈しちゃうんです。

 

それよりも、「大好きな彼とこのままずっと暮らしていきたい」という恋愛の本質を目的にする方がいいです。

この目的を追いかけていけば、勝手に陰口を言ってる人はギャフンと言ってますから笑。

対処4:陰口を嬉しがる

ちょっと前に、こんなツイートをしました。

私の大学の先輩に、陰口を嬉しがる人がいたんですよ笑。

それまで、「陰口なんて言われたらこええよ…」と思っていた私ですが、この先輩の考え方を知った時に、

 

「なるほど、こういう考え方で陰口を捉えればいいのか」

 

と自分なりに咀嚼できたんですよね。

とにかくこの先輩はヤベェ奴なんですけど、面白い先輩で今でも付き合いがあります。

こういう考え方をすると、人に嫌われるのが成長のステータスになったりしますよ!

まとめ:全ての人に好かれなくて良い

「同性から嫌われるのを気にしてる…」というあなたに、最後に言いたいことがあります。

 

同性と言っても、同性の全てがあなたを嫌ってるわけじゃないんやで

 

ということです。

それに、この記事でも散々言ってますけど、陰口とか嫉妬って、心の栄養素なんですよ。ビタミンとかカルシウムとかと一緒です。

だから、全ての人に好かれる必要はありません。

好いてくれる人にだけ好いてもらえればそれで良いんですよ。

だから、男性のモテたいならモテるようにすれば良いと思います!

ってなわけで、私の最後の一言で、この記事を締めさせていただきます。

 

「私もまだメンタル弱いけど、一緒に強くなってこうぜ!」

スポンサードリンク