次の恋愛へ!好きな人を嫌いになるための3つの方法!

スポンサードリンク

はじめに

好きな人がいると、どうしても辛くなってしまうものですよね。

「あの人は私には振り向いてくれないんじゃ…」という不安が募り、心がとても痛むのです。

もう実る見込みの無い恋愛は、早めに見限ってしまうのが一番かもしれません。

しかし、見限ると言ってもどうすればいいのでしょうか…。

一番簡単なのは、好きな人を嫌いになること。好きな人を嫌いになること自体は難しいですが、恋愛を見限るという点においてこれ以上簡単な方法はないでしょう。

今回はそんな「好きな人を嫌いになる方法」を3つ、紹介していきます。

それではいきましょう!

好きな人を嫌いになる方法その1:趣味に没頭する

早めに好きな人を嫌いになりたいのであれば、自分の趣味に没頭しましょう。

自分の趣味に没頭するという事は、自分の世界に没入していくこと。つまり周囲の環境とは隔絶された精神世界に入り込めるということです。言うなればドラゴンボールにおける「精神と時の部屋」の疑似的なものです。

自分の趣味に没頭することができれば、あとは趣味を追求していくだけ。周りのことなんてどうでもよくなります。

趣味は何でもいいでしょう。料理でもブログでもランニングでもゲームでも…。何か一つ、没頭することができるものを持つことは、逃げる場所を確保することです。人間、逃げ場所が無くては生きていけません。

というわけで、まずは無我夢中になれる趣味をみつけ、その趣味に全身全霊で取り組んでみましょう。


好きな人を嫌いになる方法その2:好きな人との思い出の品を捨てる

好きな人を嫌いになりたいのであれば、その人との思い出の品はすべて捨てましょう。

品だけではなく、その人のLINEやトーク履歴まで、その人を思い出してしまうすべてのものを消しましょう。

そうすれば、好きな人に対する未練もなくなります。

やはり、好きな人を嫌いになれない大きな原因の1つが、「その人との思い出」なんですよね。深い思い出があればあるほど、愛情が大きくなっているため、ちょっとやそっとで嫌いになることはできません。それはおかしいことではなく、人間として正常なことなんです。

しかし、嫌いになるためには心を鬼にしなければなりません。

全てを消し去ることで、心の中も掃除されます。

心の中を掃除されれば、PC用語でいうリカバリのようなかたちになり、新しい恋愛に向き合いやすくなります。

ですので、愛していたあの人との思い出がある人は、心を鬼にしてでも捨てさりましょう。

好きな人を嫌いになる方法その3:嫌いになるための粗探し

好きな人を嫌いになりたいのであれば、好きな人の粗探しをしましょう。

何でも良いです。口癖でも身体的特徴でも臭い的なことでも…。

その人の粗探しをすることで、その人に抱いていた熱は急激に冷めていくことでしょう。

例えば、「かっこいいなぁ」と思っていた男性が、目の前で鼻をほじっていたら「汚いなぁ」と冷めてしまいますよね。

それを意図的に感じればいいのです。

これは「その1」「その2」以上に簡単です。

その人をじっと観察し、嫌なところを見つけ出し、嫌いになりましょう。

そして、嫌いになれたら、心の中でそっと謝りましょう。粗探しに対する罪悪感もなくなりますよ。


まとめ

好きな人を嫌いになるのはかなり時間を要するかもしれません。

しかし、好きな人を見限ることで、新しい恋愛に取り組めるのも事実です。

今回紹介したことをぜひとも取り組んでほしいと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク