【恋愛・女性向け】男性がうんざりしてしまう依存体質女性の特徴3選

スポンサードリンク

今回は「男性がうんざりしてしまう依存体質女性の特徴3選」と題してお送りしていきます。

はじめに

男性は女性に対して寛容である傾向にあります。

女性の少しの依存ならばなんの問題もなく、むしろ「頼ってくれている!」と思うでしょう。

しかし、度を超す依存体質は男性の精神に過剰な負荷を与えてしまいます。

そうなると、男性の方も女性にウンザリしてしまい、結局恋愛そのものが終わってしまいます。

依存体質の特徴を今回は3選、厳選してお送りしていきます。



依存体質は環境による

依存体質になってしまうのは本能的なものや生まれながらなものではない場合が多く、その多くは子どもの頃の環境によるところが大きいとされています。

過保護な親だったり、誰かに頼ることができる環境だったり…。

依存体質も自分で意識すれば極力抑えることができますので、ぜひ頑張ってみてほしいと思います。

男性がうんざりしてしまう依存体質女性の特徴3選

依存体質の特徴その1【自分で決められない】

例えば、二人でデートに行っているとします。

男性が「何食べたい?」と聞いてきて、「なんでもいいよ」と発してしまう女性は要注意です。

「なんでもいい」とは、実は「なんでもいいわけではない」場合が多く、男性が「じゃあハンバーグ食べに行こう!」と提案したとしても、「うーん…ハンバーグはちょっと…」と言ってしまいがちになります。

そうすると男性は「なんでもいいって言ったのに」とちょっと疑心暗鬼になってしまいます。

もし、本当に何でもいい場合は「なんでもいいよ」でいいですが、何か食べたいものだったり欲しいものがあった場合、ぼんやりとしたイメージだけでも伝えるだけで、男性の精神負担は軽くなることでしょう。

特に食べ物はイメージを伝えること

先にも出しましたが、「何食べたい?」と聞かれて「なんでもいいよ」と答えると男性は困ってしまいます。

やはりデートなどで食事をするということは男性にとってそれなりにプレッシャーなわけで、女性好みのお店でご飯を食べたいものです。

そういう精神状態の中で、「なんでもいいよ」と言われてしまうと、男性にとっては答えのない迷路に放り込まれた気持ちです。

ですのでほんの少しでもいいので食べたいもののイメージを伝えましょう。

お肉が食べたいならお肉、魚が食べたいなら魚、がっつり系ならがっつり系。

このように、「なんでもいい」と言って逃げるのではなく、具体的なイメージを伝えることで、相手への依存を抑えることができます。


依存体質の特徴その2【優柔不断】

依存体質の女性の特徴として、二択でさえも迷う、という傾向にあります。

いわば優柔不断ということになります。

優柔不断の特徴として、それを選んだ場合の未来を想像し、失敗したくないという思いからきている場合があります。

「もしかしたらこのアイスよりこっちのアイスの方がおいしいんじゃないかな…?」

「いやいや、でもこっちは量多いけどあっちは少ないし…お腹にたまらなそうだし…」

といった具合に、失敗を恐れているのです。

この状況にもし男性がいたらそれこそうんざりしてしまいます。

男性は元々買い物は自分がほしいものを決めてから買いに行くので、女性のようにアレコレ迷うことは少ないと言われています。

ですので、男性から見ると、女性の優柔不断さが気に障るのですね。

ですので、もし2択だったりで迷った場合は直感で自分がほしいものを選びましょう。

依存体質の特徴その3【短所が目に入りがち】

依存体質の女性の特徴として挙げられるのは、「他人の短所に目が行きがち」という点です。

これは先ほどの「優柔不断」にも似てくるところなのですが、依存体質の女性は未来を予想しがちです。

それゆえに情報は多ければ多いほどいいわけですね。情報が多いということは、より鮮明に未来を予想することができるのです。

しかし、これには罠があります。

その情報にはもちろんネガティヴ要素、いわゆる「他人の短所」も目に入ってくるということになります。

短所が目に入ってくるということは、その人との未来がその短所であまりよくない方向に行くのではないか?と思ってしまいがちになります。

そうなってくると、やはり結婚を意識したお付き合いなどは俄然遠のきます。

これが依存体質の一番の弊害ではないでしょうか?
【PR】結城隼人の女性専用恋愛相談

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回紹介した依存体質の女性の特徴をまとめてみますと、以下のようになります。

  • 自分で決められない
  • 優柔不断
  • 短所が気になる

です。

これらを乗り越えるためには、やはりそれなりに自分で選択したり、他人の長所をよく見る、というのが大事になります。

今回の記事で皆様の恋愛生活がよりよいものになることを願っております。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事



スポンサードリンク