なかなか本命になれないセカンド女性の3つの特徴!

今回は「なかなか本命になれないセカンド女性の3つの特徴!」と題してお送りしていきます。

はじめに

女性の悩みとして、やはり男性には本命彼女として見てもらいたいという想いがあります。

しかし、なかにはなかなか本命になれず、ふたを開けてみたら男性にはすでに本命彼女がいた…なんてことがあった女性も少なくないのではないでしょうか。

今回はそんな「セカンド女性」にフォーカスして、彼女たちにありがちな3つの特徴を紹介していきます。

それではどうぞ!

なかなか本命になれないセカンド女性の3つの特徴!

その1:見栄っ張り

セカンド女性の特徴としてあげられるのが、見栄っ張りという点。

男性としては本命彼女に浮気しているのをバレたくはない…。そこで選ばれるのが見栄っ張りな女性になります。

彼女たちは見栄っ張りが故、自分が2番手ということにとてつもない嫌悪感を抱きます。なので、周囲に「私は2番手」と吹聴して回るようなことは絶対にしません。

また、プライドの高さから頑固である側面がありかなり強固な口の堅さを誇ります。

そういう点から、男性からすれば都合の良いセカンドとして認識されてしまいます。

注意しましょう。


その2:言葉遣い

言葉遣いが悪い女性はセカンドになってしまう傾向にあります。

男性が彼女に求めるものに、安心感や癒し、といったものがあります。よく、男性は女性に比べて外見で女性を判断すると言いますが、実はそうでもないのです。ちゃんと男性は女性の内面も吟味したうえで彼女にふさわしいかを選別しているのです。

しかし、言葉遣いが汚いと、その内面ももしかしたら汚いでは?という疑問を持たれてしまいます。

先ほど、「男性は女性に比べて外見で女性を判断すると言うが、実はそうでもない」と言いましたが、これは本命彼女にのみ有効な言葉で、セカンド女性には当てはまりません。

男性は本能的に多くの女性と肉体関係を持ちたい、という想いを抱く傾向にあると言います。そういった意味で、セカンド女性に関して言えば内面より外見重視になってしまうのも頷けます。

本命彼女になるためにもまずは言葉遣いを改めてみましょう。

その3:下ネタ

下ネタを好みすぎる女性も、男性からすればセカンド対象になってしまいます。

適度に下ネタへの耐性がある女性ならばそういう事にはなりませんが、自ら下ネタをふっかけたり、下ネタに過剰に反応してしまうような女性は、男性からすれば「もしかして1回ぐらいやらせてくれるかも?」と期待してしまいます。

男性の言う下ネタには、場を盛り上げるための内輪ネタ的要素と、女性がどれだけ性に対して開放的なのかを探るための要素の2つがあります。

内輪ネタ的な下ネタは場を盛り上げるためだけのものですので、それに乗っかってもなんら問題はありません。

しかし、性への開放度を測るための下ネタは注意しましょう。これに乗っかってしまうと、男性はあなたにグイグイ迫ってくる危険性があります。

2人で話している時に下ネタを出し始めたら要注意

もし、飲み会などで男性と2人で話している時に、男性が下ネタを出して来たら要注意です。お持ち帰りしようとしている魂胆が丸見えです。また、今回できなくとも、セカンドとして…という想いもあるでしょう。

逆に、3~4人以上で下ネタを話す男性は全くそういう想いは無い傾向にありますので心配はいりません。

2人で話している時の下ネタ、要注意です。


まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は「なかなか本命になれないセカンド女性の3つの特徴!」と題してお送りしてきました。

本命になるためには男性の心理を理解することが一番の近道となります。最後に紹介した恋愛マニュアルは、そういった意味でもかなり内容の濃いマニュアルになっていますので、ぜひ一度手に取ってみてほしいと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!



スポンサードリンク